人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:エ ア ガ ン( 48 )

モデルガンになられんことを祈ります。

e0162444_229192.jpg
e0162444_230536.jpg
e0162444_234252.jpg

写真を見てこれが安価なギャスガンごときに見えるだろうか?
素晴らしいフォルムである。
Hscの美しさを余すとこなく再現している・・・なのに

ブローバックもしやしないギャスガンなのだ! ウキィーーー

なして????????
このような素晴らし形態をもった美しきHscをモデルガンにしなかったのだろう?
今からでも遅くない、ガワはあるんだから・・・
ブローバックなんかしなくていいからHWの完全オリジナル・メカ再現の凄いヤツを頼みたい!
カンさん、やめる前にマルシンに勅命を出してくれ!

「マルシン様、是非御検討のほど御願い致します。」

by 1944-6-6 | 2011-07-22 02:55 | エアガン | Comments(8)

ガバ100周年なんだよね・・・ヤバッ!!

e0162444_3494597.jpg
タナカのスティール・フィニッシュはヤバイくらい鉄っぽいのである。
こうなると金属製モデルガンの白や黄色ってのはなんざんしょって言いたくなる。
当時、紛らわしいからとか仰ってましたが・・・

まぁ、そんなこたぁドーデモイイさね。

本題はこっからなのである。
昨日、我家に金色(こんじき)の天使をつかわして下さったZEEKのシバシャチョーと話す機会があった。
いつも大変に興味深い話を聞かせて頂き嬉しくなってしまう。
M1911A1が大好物の僕は次期リリースのM1911はどーでもよかったのだが取り敢えず次回作の事をちょっと聞いてみた。

「驚かせますよ!」との事。

勿論、アブナイ話ではなく再現性と精度の事だ。
熱く語るシャチョーの言葉はM1903 .32AUTOで実証されている。

クゥーーーー、ヤベェーーーー!!!

もうすぐプー確定の僕には30万は国家予算と変わらない・・・
ドーする、オレ! でも今年はガバ100年だ!

いつか向こうの世界でジョン・M・ブローニング、ジョン・C・ガーランドとサミュエル・コルトをメンツに麻雀をやりたいとカネガネ思っているので、ここはなんとかお祭りに参加しておかなくてはならない。(何故?)
なんたって、あたしゃー三代続いた江戸っ子なんですから。(ハァ~?)

「全くもって困ったもんですたい!!」

因みにその麻雀の場ではミハエルはお茶くみである。



さて、僕は暴挙にでるのでしょうか?
by 1944-6-6 | 2011-05-12 04:34 | エアガン | Comments(7)

スパイっぽく・・・サイレンサー付チーフスペシャル

e0162444_1544012.jpg
幼き頃、キーハンターちゅう傑作なTVドラマがあった。
オープニング・タイトルでネーチャンが金色のPPKにサイレンサーを付けて隠れるシーンが妙に記憶に残っていてカッコ良かった。
あの頃は日活アクション物や007、0011等などで諜報部員の活躍が目立っていたのだった。
なんか知らんけどみんなサイレンサー付きの鉄砲が出て来る。
子供は憧れちゃう訳だ。

実際は御存じの通りあんなモンじゃ発砲音は消せない・・・厳しい現実を知ってからはインチキ臭いものは毛嫌いしていた。
ましてはリボルバーなんざぁに付けちゃちゃねぇ!
「てめぇ、この野郎!!」・・・って感じだ。

ところが最近手に入れたコクサイの25オートについてたサイレンサーを見ていたら幼い頃の気持ちが甦り、他の鉄砲にも妙に取り付けてみたくなった。
しかもチーフに・・・だ。

「おぉぉぉぉぉぉぉー、カッキィィィィィィーーーー!!!!!」

JAYスコットのインチキ角グリップも付けちゃって、もう渋すぎるぞ!

でも冷静に考えると、これぁーどう見てもスパイや諜報部員の持ち物にゃあー見えねぇーな。
イイとこサラシ巻いたアンチャン達、しかも昭和30年代のイメージだぜ。

まぁ、そりゃそれでいいか!


e0162444_15526.jpg
サツのダンナの銃と兄貴のチャカって感じになっちまったさ。
e0162444_1551645.jpg
タナカのチーフ系は非常に気にいっていて、ちょっと出しただけでもこれ位あった。
もう2~3丁はあるはずだ。

by 1944-6-6 | 2011-02-22 02:36 | エアガン | Comments(4)

大森工場って同区内じゃん・・・

e0162444_053483.jpg
e0162444_0533139.jpg
e0162444_0535927.jpg
e0162444_0541617.jpg
e0162444_0543328.jpg
おおよそ25年前、不適切な動機からあろう事か警察官採用試験を受験した事があった。
その動機とは・・・

ニューナンブを撃ちたい・・・

その不純動機が悟られたのか採用には至らなかったがニューナンブを撃ちたいという気持ちは変わっていない。

ならばトイガンで・・・・ちゅーことでマルシンのを買った。


話によると新中央工業(現:ミネベア)の大森工場で製造されていたとのこと・・・・。
大森は僕の住む品川区内だ!
う~ん、何か非常に誇らしく(?)嬉しい感じでなのであった。

by 1944-6-6 | 2010-08-10 01:22 | エアガン | Comments(4)

あの頃、僕は青かった・・・S&W チーフ3インチ

e0162444_23183783.jpg
先日、ネットで遊んでいたらこの写真があった。
普通であれば古い警察官用のS&Wリボルバーだとかたずけられるのだが僕には衝撃的だった…というか戸惑ってしまった。
 
まず以前に僕がブログにも上げたタナカM36 改造の写真を見てもらおう。
e0162444_2319531.jpg

何が衝撃的かって・・・スイベルの位置である。
これを製作した時は特に考えずM&P38口径を元にグリップのほぼ中央に取り付けた。
当然のごとくにね。
しかし先の写真ではグリップ後端にあるではないか!


ショック!!

しばらくは飯も喉を通らなかった(多少誇張あり)。

そういえば最近近所でもお巡りさんの腰に見られるS&W M37エアウエイト・モデルもスイベルはグリップ後端だ。
S&WのJフレームはグリップの底にシリアル・ナンバーが有るんだからそれを避けてスイベルを取り付ければこうなるのは当たり前って事になる。

もはや知ってしまった以上は改修せねば4~5人はいるはずの当ブログ・サポーターに申し訳が立たない!


e0162444_23192320.jpg

…という事で改修いたしました。

「知らずにいる事も罪だが知っていて何もしないのは人として最低である。」

e0162444_23194157.jpg
e0162444_2320344.jpg
e0162444_23202228.jpg
ここにシリアル・ナンバーが入っている訳だ。

なーるほどね!!!

by 1944-6-6 | 2010-08-04 23:58 | エアガン | Comments(2)

「このド外道が~~~!!」  ドッゴォーーーーーン!!!

e0162444_2392835.jpg
e0162444_2310271.jpg
e0162444_23104816.jpg
e0162444_23112260.jpg
e0162444_23114359.jpg
e0162444_2312327.jpg
「ブラックホークがスイングアウトするわきゃーねえ!」

と、お嘆きの貴兄に…

ドッゴォーーーーーン!!!
by 1944-6-6 | 2010-05-26 23:20 | エアガン | Comments(2)

マウザー M712 ショートバレル

e0162444_2184512.jpg

e0162444_2191225.jpg

e0162444_2193574.jpg

大阪で友人にあったら「これ持って帰り」ってマウザーをくれた。
ショートバレルでロングマガジンちゅーイデタチで何か非常にアンバランスでカッコイイ!!
おまけにガス入れてフルオート・ポジションでの楽しさったらハンパじゃない!
ものすげえ勢いでボルトが前後する。 おもしれぇ~!
夜中だというのにサルになってしまった。
お隣さん、御免ちゃい!!

「おおきに!」
by 1944-6-6 | 2010-04-05 02:32 | エ ア ガ ン | Comments(2)

Beretta M1934

e0162444_014122.jpg
e0162444_0153545.jpg
e0162444_0161118.jpg
e0162444_0162936.jpg
e0162444_0173917.jpg

大阪の友人が見せてくれたベレッタM1934の握った感じや重量感なんかがエラク気にいってしまった。
そんな話をしていたら大阪ムゲンに中古のお買い得品があるとの情報が…。
早速、彼に頼んで購入してもらったんだが非常に良い!良い!である。
カーボンブラック仕様らしいが友人のものと異なり刻印が実際に打刻してある。やはりモールドに比べると格段に「らしさ」があるようだ。

1934といえば随分昔にタナカのものを買った事があった。
カチッとしていて中々良い感じだったが複雑な構造のため非常に調整が微妙だった記憶がある。
ム戸部さんの試行錯誤のお遊びだったんではないだろうか。

そういえばCAWのPPKが発売されているようなのだがまだ見ていない。
買う気で待っていたのだが・・・何故か仕事場の近くで売っているのに買いに行く事が出来ない。

冴えんなぁ・・・



by 1944-6-6 | 2010-03-18 00:45 | エ ア ガ ン | Comments(3)

GLOCK 26

e0162444_23461270.jpg
e0162444_23463697.jpg
e0162444_234712.jpg
e0162444_23471393.jpg
e0162444_23473456.jpg

サイトにあるトリジコンのもっともらしい文字に魅かれてしまった。
しかし小さいヤツである。

カワユシ! カワユシ!



by 1944-6-6 | 2010-01-06 23:54 | エ ア ガ ン | Comments(2)

S&W M10 2in PartⅡ

e0162444_2312835.jpg
e0162444_2324040.jpg
e0162444_2331611.jpg
e0162444_2344913.jpg前出のM10を少し進化した。
フレーム上部を整形しヨーク部分をM19の形状からM10に整形、トリガーをセミ・ワイド・タイプからスタンダードにするべくハートフォードのM19より移植。それに伴いリバウンド・スライドも同社より流用しタイミングその他の調整を行い、最終的に全ての作動を完璧にしたのである。
「言うは易し行うは難し」・・・ではあるがこういう調整は非常に楽しい!

これから先は各部の考証を最優先に形状を正していく予定である。
バレル・ピンも入れたいのだがはたしてこの位置にS&Wのモノグラムがある時期についているかを確認してからの作業だ。作業自体は非常に容易い。

トリガーは少しやってみたがハンマーも「ケース・ハードゥン」風にしてみようと思っている。
by 1944-6-6 | 2009-11-28 23:34 | エアガン | Comments(2)