人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:エ ア ガ ン( 52 )

S&W M36 Chiefs Special

e0162444_4162543.jpg
今回は、ちょっと渋めのチーフをモチーフに撮ってみた。
スクエアー・バットにPachmayr#8Mのグリップ・アダプターがツールっぽくていい感じだ。
S&Wオリジナルの木製グリップはブラックワッシャーのオールドタイプ。
チェッカーリング面が広く全体に丸みがあり、握った感じも心地良い。

e0162444_4163547.jpg
Brauer Bros製のショルダーホルスターとBianchiのスピード・ストラップ。
6連発用なのが、ご愛嬌なのだ。

by 1944-6-6 | 2012-10-15 04:38 | エ ア ガ ン | Comments(2)

Colt Government MkⅣ Series`70    made by MARUI

e0162444_1975435.jpg
遅ればせながらマルイのシリーズ70を購入した。
う~ん、イイねえ!良い感じだ。
小ざっぱりとして色気の無さが実物そのまんまである。
ミリタリーのような荒々しさもなく戦前のモデルのような美的なセンスもない、ツールっぽい感じがいいんだよね。


e0162444_1982647.jpg

あまりに小ざっぱりしすぎだったので分解してトリガー・サイドをポリッシュして色気を付けてみた。
シャープさが増したと思うのだがどうだろうか?
ちょっとギラついているがチャンバーのシルバーもアクセントに最高である!


e0162444_1985954.jpg

グリップはプラ製だがショットブラストをかけてあるようで木製と言っても迷うくらいだ。
下部にある湯口の後を見なければ判らない。おまけに裏には重りも付いているので非常に重くていい感じだ。
当初、すぐに木製に換えようと思ったが・・・考えてしまうね。


e0162444_1992575.jpg

ちょっとレトロなショルダー・ホルスターはHunter社製。
安っぽい感じで気に入っている。
最近、この手のショルダーがマイブームでアレコレ探している次第。
因みに写真のイヤー・プロテクターは富士スピード・ウェイにF1を観戦に行った時に購入したお土産で、ピット・クルーのインカムモドキである。
多少は減音するが実際の射撃はどうかわからない。
そのうちに射場に行った時に使ってみっかな。


e0162444_1993927.jpg

10倍近い価格差のエランと比べるとこんな感じ。
コンセプトが違うのでどうのこうのいっても始まらないが、この価格でのマルイのクオリティは特筆に値すると思う。
因みに上がマルイ製。


e0162444_1994848.jpg

もう少し重いと最高なのだが・・・
マルイはHW材の仕様がないので重量アップは難しい。
因みに右がマルイ製。


e0162444_19107100.jpg

アメリカ製Gould&Goodrichのバック・ホルスター。
シリーズ70にはよく似合う。
しかし、メタボなジジイには抜いたら最後、ズボンを脱がないと銃を戻すことができそうもない。トホホ

この型を利用してタニコバがモデルガン化してくれたら迷わず買うね!
マルイが気をよくしてゴールドカップ・ナショナル・マッチなんか出したひにゃあーアンタ、絶対買うね!
でも、間違ってもボブチャウ・スペシャルなんてゲテモノだけは勘弁してケロ!ケロ!!ケロ!!!
(個人的にエッジの無い鉄砲のオモチャは大嫌いなのである!)

by 1944-6-6 | 2012-03-17 20:20 | エ ア ガ ン | Comments(9)

Callname "Jericho"

「ジェリコ」Jericho

僕がまだまだモデルガンなんていう悪魔に魅入られる前、今より海外ドラマが毎日のようにTVでやっていてCombat!やラットパトロール、0011やそれ行けスマートなどの諜報員・スパイ物が今でも有名だ。
そんな中に内容はさっぱり覚えていないが「ジェリコ!」って名前なんだか何だか知らないコピーがアイキャッチに使われていた作品があった。
最近気になって調べてみたら1967年にテレビ朝日系で全16話が放映された60分の戦争スパイアクションだったようだ。
第二次大戦下のヨーロッパ戦線に米英仏の3人の隊員が諜報活動や破壊工作する話らしい。
なんかそんな話だったかも知んないが・・・?
本当のジェリコはヨルダン川西岸に存在する世界最古の町の名だ。
"ジェリコの壁"は聖書の故事で"絶対に崩れない物"や"鉄壁の要塞"の喩えとされている。
先のジェリコ部隊っていうのはドイツ軍の軍事ラインを"ジェリコの壁"と見立て、"壁"を崩すために選ばれた者たちをよんだ暗号名だそうだ。
そういえばエヴァンゲリオンでもアスカがこの名を出しているが、さすが聖書圏の設定だなぁと思ったことがあった。

などとググーーーーと引っ張ってきたが本当はハドソンのジェリコ941為なのであった

e0162444_034136.jpg
e0162444_0344552.jpg

原型のCZは好きじゃないけどこのジェリコの不可思議なラインは好きなんだなぁ。

今までハドソンのジェリコはダメダメ野郎だってことで避けていたんだが・・・気になってオクにてポチった。
後期の製品とかで何とか遊べる。
たまにバルブが解放しっぱなしって考えられないようなトラブルを起こすけど注油すると治ってバシッバシッと快調なジェリコになる。
ウ~ン!これでいいのだろうか?
まぁ訴える会社もないし良しとしようかね。

しかし驚いたことにこの鉄砲、パーティング・ラインがKSCのようにフライスで取り去られているではないか!

スゲエ!

ハドソン亡き後にハドソンの愛を知りました! 感激!!

by 1944-6-6 | 2011-12-15 00:50 | エ ア ガ ン | Comments(4)

モデルガンになられんことを祈りますPart2。

e0162444_0504088.jpg

e0162444_0505964.jpg
e0162444_0512179.jpg
e0162444_0513864.jpg
e0162444_0515111.jpg
e0162444_052945.jpg
e0162444_0522752.jpg
e0162444_0524836.jpg
e0162444_053524.jpg
e0162444_0532483.jpg

パソコンが壊れましたので次回の投稿は不明です。
長らくお世話になりました。

by 1944-6-6 | 2011-07-31 00:55 | エ ア ガ ン | Comments(3)

モデルガンになられんことを祈ります。

e0162444_229192.jpg
e0162444_230536.jpg
e0162444_234252.jpg

写真を見てこれが安価なギャスガンごときに見えるだろうか?
素晴らしいフォルムである。
Hscの美しさを余すとこなく再現している・・・なのに

ブローバックもしやしないギャスガンなのだ! ウキィーーー

なして????????
このような素晴らし形態をもった美しきHscをモデルガンにしなかったのだろう?
今からでも遅くない、ガワはあるんだから・・・
ブローバックなんかしなくていいからHWの完全オリジナル・メカ再現の凄いヤツを頼みたい!
カンさん、やめる前にマルシンに勅命を出してくれ!

「マルシン様、是非御検討のほど御願い致します。」

by 1944-6-6 | 2011-07-22 02:55 | エ ア ガ ン | Comments(8)

ガバ100周年なんだよね・・・ヤバッ!!

e0162444_3494597.jpg
タナカのスティール・フィニッシュはヤバイくらい鉄っぽいのである。
こうなると金属製モデルガンの白や黄色ってのはなんざんしょって言いたくなる。
当時、紛らわしいからとか仰ってましたが・・・

まぁ、そんなこたぁドーデモイイさね。

本題はこっからなのである。
昨日、我家に金色(こんじき)の天使をつかわして下さったZEEKのシバシャチョーと話す機会があった。
いつも大変に興味深い話を聞かせて頂き嬉しくなってしまう。
M1911A1が大好物の僕は次期リリースのM1911はどーでもよかったのだが取り敢えず次回作の事をちょっと聞いてみた。

「驚かせますよ!」との事。

勿論、アブナイ話ではなく再現性と精度の事だ。
熱く語るシャチョーの言葉はM1903 .32AUTOで実証されている。

クゥーーーー、ヤベェーーーー!!!

もうすぐプー確定の僕には30万は国家予算と変わらない・・・
ドーする、オレ! でも今年はガバ100年だ!

いつか向こうの世界でジョン・M・ブローニング、ジョン・C・ガーランドとサミュエル・コルトをメンツに麻雀をやりたいとカネガネ思っているので、ここはなんとかお祭りに参加しておかなくてはならない。(何故?)
なんたって、あたしゃー三代続いた江戸っ子なんですから。(ハァ~?)

「全くもって困ったもんですたい!!」

因みにその麻雀の場ではミハエルはお茶くみである。



さて、僕は暴挙にでるのでしょうか?
by 1944-6-6 | 2011-05-12 04:34 | エ ア ガ ン | Comments(7)

スパイっぽく・・・サイレンサー付チーフスペシャル

e0162444_1544012.jpg
幼き頃、キーハンターちゅう傑作なTVドラマがあった。
オープニング・タイトルでネーチャンが金色のPPKにサイレンサーを付けて隠れるシーンが妙に記憶に残っていてカッコ良かった。
あの頃は日活アクション物や007、0011等などで諜報部員の活躍が目立っていたのだった。
なんか知らんけどみんなサイレンサー付きの鉄砲が出て来る。
子供は憧れちゃう訳だ。

実際は御存じの通りあんなモンじゃ発砲音は消せない・・・厳しい現実を知ってからはインチキ臭いものは毛嫌いしていた。
ましてはリボルバーなんざぁに付けちゃちゃねぇ!
「てめぇ、この野郎!!」・・・って感じだ。

ところが最近手に入れたコクサイの25オートについてたサイレンサーを見ていたら幼い頃の気持ちが甦り、他の鉄砲にも妙に取り付けてみたくなった。
しかもチーフに・・・だ。

「おぉぉぉぉぉぉぉー、カッキィィィィィィーーーー!!!!!」

JAYスコットのインチキ角グリップも付けちゃって、もう渋すぎるぞ!

でも冷静に考えると、これぁーどう見てもスパイや諜報部員の持ち物にゃあー見えねぇーな。
イイとこサラシ巻いたアンチャン達、しかも昭和30年代のイメージだぜ。

まぁ、そりゃそれでいいか!


e0162444_15526.jpg
サツのダンナの銃と兄貴のチャカって感じになっちまったさ。
e0162444_1551645.jpg
タナカのチーフ系は非常に気にいっていて、ちょっと出しただけでもこれ位あった。
もう2~3丁はあるはずだ。

by 1944-6-6 | 2011-02-22 02:36 | エ ア ガ ン | Comments(4)

大森工場って同区内じゃん・・・

e0162444_053483.jpg
e0162444_0533139.jpg
e0162444_0535927.jpg
e0162444_0541617.jpg
e0162444_0543328.jpg
おおよそ25年前、不適切な動機からあろう事か警察官採用試験を受験した事があった。
その動機とは・・・

ニューナンブを撃ちたい・・・

その不純動機が悟られたのか採用には至らなかったがニューナンブを撃ちたいという気持ちは変わっていない。

ならばトイガンで・・・・ちゅーことでマルシンのを買った。


話によると新中央工業(現:ミネベア)の大森工場で製造されていたとのこと・・・・。
大森は僕の住む品川区内だ!
う~ん、何か非常に誇らしく(?)嬉しい感じでなのであった。

by 1944-6-6 | 2010-08-10 01:22 | エ ア ガ ン | Comments(4)

あの頃、僕は青かった・・・S&W チーフ3インチ

e0162444_23183783.jpg
先日、ネットで遊んでいたらこの写真があった。
普通であれば古い警察官用のS&Wリボルバーだとかたずけられるのだが僕には衝撃的だった…というか戸惑ってしまった。
 
まず以前に僕がブログにも上げたタナカM36 改造の写真を見てもらおう。
e0162444_2319531.jpg

何が衝撃的かって・・・スイベルの位置である。
これを製作した時は特に考えずM&P38口径を元にグリップのほぼ中央に取り付けた。
当然のごとくにね。
しかし先の写真ではグリップ後端にあるではないか!


ショック!!

しばらくは飯も喉を通らなかった(多少誇張あり)。

そういえば最近近所でもお巡りさんの腰に見られるS&W M37エアウエイト・モデルもスイベルはグリップ後端だ。
S&WのJフレームはグリップの底にシリアル・ナンバーが有るんだからそれを避けてスイベルを取り付ければこうなるのは当たり前って事になる。

もはや知ってしまった以上は改修せねば4~5人はいるはずの当ブログ・サポーターに申し訳が立たない!


e0162444_23192320.jpg

…という事で改修いたしました。

「知らずにいる事も罪だが知っていて何もしないのは人として最低である。」

e0162444_23194157.jpg
e0162444_2320344.jpg
e0162444_23202228.jpg
ここにシリアル・ナンバーが入っている訳だ。

なーるほどね!!!

by 1944-6-6 | 2010-08-04 23:58 | エ ア ガ ン | Comments(2)

「このド外道が~~~!!」  ドッゴォーーーーーン!!!

e0162444_2392835.jpg
e0162444_2310271.jpg
e0162444_23104816.jpg
e0162444_23112260.jpg
e0162444_23114359.jpg
e0162444_2312327.jpg
「ブラックホークがスイングアウトするわきゃーねえ!」

と、お嘆きの貴兄に…

ドッゴォーーーーーン!!!
by 1944-6-6 | 2010-05-26 23:20 | エ ア ガ ン | Comments(2)