人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:ク ラ ウ ン( 3 )

Colt Woodsman を造ってみようかと

e0162444_21384605.jpg
前から3rdのWoodsmanが欲しい僕はクラウンのプラモをレストアしているのだが・・・ここにきて可動しないレジン製を造ろうかと企んでいる。

取りあえず適当に真横から撮ったとおぼしき写真からでっち上げてしまうことにした。
クラウンのやや大きめなスライドに手を入れ、グリップは少し幅を広げて全体に小顔な感じのWoodsmanをめざす。
しかし実物のマガジンはおろかグリップもないので全く実物のサイズは判らないが、クラウンのフレームサイズを基本にすることとした。
いずれにせよレジン成型の際に若干の収縮は避けられないので厳密なことは言いっこ無しだ。

そうして・・・憧れのワンフェス・ディーラーになってやるのだ!
e0162444_21384661.jpg
この写真を元にした。

やっぱ3rdはカッコイイな!

銃身はスポーツタイプ・オリジナルの4.5インチが基本。
ヒバゴンなら35㎜のパイプを付けちゃえばいいってことかな。
まぁ、そこは大人のお約束で自己責任だ。
e0162444_21384724.jpg
イメージはこんな感じだが、全く動かないレジン製。
なるべく分割を減らして、ガーランドグリップみたいに黒色レジンで抜けばカッコイイかも。
キットと完成品(35㎜のパイプ付)で売り出そう・・・と思う。

でも型代がかかりそうだったらボツかな。


e0162444_02180913.jpg
こんなお土産・・・どーでしょか? 実用的!?



by 1944-6-6 | 2015-04-01 22:34 | ク ラ ウ ン | Comments(11)

作っちまった・・・飛葉スペシャル。

e0162444_1382381.jpg
e0162444_1384171.jpg
e0162444_1385037.jpg
e0162444_1385895.jpg
ドコォ~ンもそうなのだが子供の頃は好きじゃなかったアイテムが年を取るにつれ欲しくなる。
Colt Woodsmanは元々好きな鉄砲だったけど飛葉スペシャルはイマサンくらいドーでもよかった。
じゃあ何故ウッズマンかって・・・そりゃ「秘密探偵JA」の影響といっても過言ではない。
ソウド・オフ・バレルだってJAの方が早くから使っている。
おまけにグリップが硬質ゴムだかで捨てたふりしてもバウンドして手元に戻ってくるなんざぁ・・・ホントに信じてました・・・ある意味で今でも。

でも3rdタイプでなければならない・・・何故ならJAも飛葉ちゃんもそうだからである。
ちゅー訳で大傑作「クラウン製WOODSMAN」でこさえてしまった。
スポーツ・タイプが手に入らず(オクで¥35,000にもなっているので)手元にあったターゲット・タイプとサンエイのスプリング・エアガンを合体させたのだが・・・
お手軽と思いきや切った貼ったで大手術になってしまった。
そのせいで、お馬が薄くなってしまいかなりへこんだのも事実である。
痛恨・・・・!!!
シリアル・ナンバーも消えている! ああぁ! でも番号の後がSでなくCだったからいいかぁ。

どなたかジャンクでいいからクラウンのスポーツタイプを持っていたら是非ください!

今回、まだまだ仕上前で表面が粗いのだが何卒ご勘弁いただきたい。
早く写真を撮りたかったのが本音なのである。

by 1944-6-6 | 2012-04-27 02:11 | ク ラ ウ ン | Comments(8)

コルト ウッズマン

e0162444_1940047.jpg
e0162444_19401399.jpg

「クラウン」って会社は縁が無い。
プラモ歴40数年の僕もはたしてこの会社のキットを買った事があるかと言えば全く記憶が無い。
はっきり言ってダメダメ野郎ってことだ!
しかし、たった1作のキット、それもかなり以前に製作されたキットで同社の印象は180度変わってしまったのだ。

COLT WOODSMAN MATCH TARGET

もう、このキットは素晴らしい!!!
今までバカにしていた自分が愚かに感じるほど素晴らしい!!!
もう木こりなんて言わない?!

ウッズマンはモデルガン・メイカーでも3~4社が発売しているがMGC以外はリサーチ不足も甚だしい。
御存じの通りウッズマンには発売時期によって1stから3rdまでのタイプに分かれている。
先のMGCは2ndに準じてはいるがグリップがなんか長い。
コクサイは妙にデブだし2ndのトリガーとマガジン・キャッチに3rdのスライド、2ndのマガジン。
マルシンは3rdらしくはなっているがマガジンが2ndの上に思いもよらないオープン・ファイアだ。

どうしてみんな変化球ばかりなのだろうか?

今回の「クラウン」製はプラモ・キットにしておくには全くもって勿体無いほど直球ストレートだ!
完璧なほど3rdをモデリングしている。
右サイドのシリアル・ナンバーの最後に「S」が付くところまでしっかり再現している。
プラ製とはいえマガジンのディテールは素晴らしい!
プラモなので金属製の撃針がブリーチのセンターを通っている・・・まぁ、センターなのがお茶目のところだが。
驚く事に部品構成はオリジナルとほとんど変わらない・・・!

㈱クラウンモデル様 今まで無視していて誠に申し訳御座いませんでした。
できれば再販してください!

by 1944-6-6 | 2011-02-08 20:29 | ク ラ ウ ン | Comments(8)