人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:K'z(ケイズ)日記( 192 )

ピリピリの週末かも・・・

今週末はお楽しみの ”V-ショー” だ。
8月以来の本格的なミリタリー・イベントなので待ち遠しいことこの上なし!
ケイズでの出店はしないのだが・・・遊びに行くのだ!
久しぶりの友人に会ったりや極めて際どい情報を得られるいい機会なのである。

そんな一般的に見ると危ないマニア(実際は人畜無害だが)が趣味に没頭したい・・・そんな時に米国大統領トランプさんが来日するのである。

e0162444_15075032.jpg
写真は猟銃所持者に警視庁より送られてきた依頼文だ。
これを読まなくても警戒が厳しくなることは必至。
そんな時に・・・ミリタリー・イベントとは!

マニア諸氏、お互いにモラルを持って嫌な思いの無いようにしたいものです。
(例えエアガンだとしてもケースに入れないで裸のAKなんか持って歩いていたら、暫くはこの愚ブログも見れなくなるかも・・・まぁ、そんな時は体験レポを送ってくださいねwww)





by 1944-6-6 | 2017-10-30 15:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

アキバで見っけた濃い~ビル!

e0162444_23541559.jpg
アキバを歩いていたら見かけた濃い~ビル!

2Fがうさぎカフェで、4/5Fは猫カフェなんだとか!
因みに3Fの「あきば女子寮」ってぇのは、パジャマを着た寮生と一緒にゲームして楽しめちゃう、癒し系小部屋スペース・・・だそうで。

出来ればパジャマを着た両性とモデルガンの分解組立が出来れば行ってみたくなるかも・・・って、まずねえな(笑)



by 1944-6-6 | 2017-10-23 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

似合わないにもほどがあります!

e0162444_19503270.jpg
P.38ほど木グリがしっくりこないテッポーも珍しい。
キッチリと丁寧に作られたこのグリップが思いっきり場違いな風合を醸し出している。

品のあるテッポーなのに何故だろ?(笑)



by 1944-6-6 | 2017-10-18 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(12)

タバコ

e0162444_17582987.jpg
基本的にケイズは ”酒 タバコ 女 銃" の持ち込みは自由だ。
と言っても酒と銃の持ち込みは多いが・・・女は全くない(例外的に小学生のお嬢さん同伴はあるが) 
また非常に少数になってはいるがタバコの持ち込みもあることはある。

僕自身は50歳の誕生日に「禁煙」を始めて既に8年余り煙と縁を切っている。
当時はマルボロライトメンソール100Sを一日2箱以上は吸っていたのだが、一箱¥300円はしなかったようなものが今や¥470もするそうだ・・・
小銭集めてセブンスターを買いに行った40年前とはずいぶん変わってしまった。
e0162444_17584195.jpg
先日、古くからの友人が電子タバコなるものをケイズに持ち込んだ。
理屈は判らないがタールが含まれない分”害”が少ないのだとか。
果たしてどんなものなのか?

一口吸ってみるかと言われてかなり心が動いたのだが・・・ううぅ、止めておく。
心の弱い僕がまた習慣化してしまったら・・・金銭的破綻のほうが恐ろしい。
今や貧乏な人はタバコも吸えない時代なのである(悲)

美味いコーヒーを飲みながら、タバコの一服はたまらなく嗜好の極みだ。
ネル-ドリップで煎れた濃いめのフレンチを飲みながらタバコに火をつける・・・僕の場合この組み合わせが最高だった。
もし「明日死ぬ」ってことになったら・・・もう一度この至福の時を楽しみに行こう!

相変わらずチキンな僕なのであった(笑)



by 1944-6-6 | 2017-10-15 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

鳴る!光る!動く! AK-47

e0162444_18224036.jpg
前回の黄金AK-47を見てみる。
e0162444_19151255.jpg
MADE IN CHINAなので56式自動歩槍が正しいかもしれないが、全長は630㎜で実物が870㎜なので約3/4Scaleだ。
小学校の3~4年生の平均身長が130㎝くらいなのでちょうどいい感じになる・・・ってことだ(何が?)
e0162444_18224021.jpg
このAKのギミックは正に「鳴る(発砲音)、光る(銃口が光る)、動く(銃身が前後)」なのである。
内部はこんな感じなのだが・・・無可動銃に入れたら楽しそうだ。
e0162444_18223994.jpg
この基盤とスピーカーを何かに移植すれば・・・いける!いけそうだ!
e0162444_18224534.jpg
これは銃身前後ユニット部分。
e0162444_18224610.jpg
バババババ・・・チューン!
バババババ・・・チューン!ってリコシェーン付きで病みつきになる。
e0162444_18224695.jpg
バババババ・・・チューン!・・・まぁ、実物は銃身がショートリコイルしないけど・・・なんか楽しいのだ!
e0162444_18223949.jpg
3本のスリットがスピーカー部分だ。
その下にある丸い円盤部分を見ると折畳みストックタイプもあるのだろうか?

まぁ、たとえAKS-47が有ったところで、取りあえず1挺あればいいオモチャなのである(笑)




by 1944-6-6 | 2017-10-09 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

カラシニコフ自動小銃

e0162444_03383939.jpg
金色に輝くカラシニコフが今日の獲物だ!
「鳴る!光る!動く!」っていうのは子供心をそそる3大要素だが、これはその全てを兼ね備えているのだ。

興奮ものだぜ!

詳細は明日お知らせ…なのだ(って、アライさんかwww)



by 1944-6-6 | 2017-10-08 23:45 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

た~のしぃ~! 香港ミニチュア展

e0162444_19135747.jpg
随分久しぶりに東京駅に行ってきた。
改修後初めてかも知れないが、プロイセンあたりの19世紀ヨーロッパのヘルメットみたいで威厳があってなかなかカッコイイではないか!

しかし周りにビルが増えたなぁ・・・
e0162444_19131167.jpg
実は東京駅の真ん前にある”KITTE(旧東京中央郵便局)”で行われている「香港ミニチュア展」を見に行ったのだ。
一階のアトリウムで開催されているのだが、タダですんげぇ作品を間近で見れる!
なかなか素敵な企画だ!
e0162444_19131198.jpg
カエル屋かと思ったら・・・中国語の”靴”だった(笑)
そう、1:12スケールの靴屋なのだ。
看板は光っている!!
クゥ~、痺れるぅ~!
e0162444_19131217.jpg
1:12スケールの昔のオモチャ屋。
日本のオモチャばっかりなのが楽しい!
e0162444_19131395.jpg
新聞/雑誌の売店。
1:12のミニチュアに見える?
e0162444_19131008.jpg
なんか懐かしい駄菓子屋。
ガチャらしきものもあるじゃないか!
これも1:12だ。
e0162444_19131067.jpg
漢方茶の専門店。
テレビは小型のモニターでちゃんと動く映像が写っている。
造ったヤツはかなりおバカな奴だぁーーー!
e0162444_19130913.jpg
漢方生薬店1:12.
作り込みが半端ない!
タツノオトシゴや高麗人参がいいなぁ!
息子がビンビンになる秘薬もありそうだ(笑)
e0162444_19135838.jpg
ミニチュア好きの僕には脳ミソを揺さぶられるような刺激にクラクラしながら外に出ると・・・秋らしい美しいウロコ雲が広がっていた。

これやぁ週末は雨になるかな・・・



by 1944-6-6 | 2017-10-05 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

トリテツモドキ

e0162444_14552955.jpg
チャリンコで出かけたついでにトリテツモドキと化す。
全く他意はない、ただ電車を撮りたかっただけだ。

写真は東急池上線の東急1000系と呼ばれる車両だ。
出来れば濃紺と黄色のリバイバルカラーが良かったのだが・・・残念!
e0162444_14552948.jpg
石川台の切り通しをゆく7000系。
小洒落た顔つきがなんかムカつく!
池上線のくせに・・・(笑)
e0162444_14552338.jpg
ひ・ひかれるぅ~・・・ってひかれねぇよ!と、お約束なギャグをかまして(笑)
勿論、常識人の僕は線路への立ち入りはしていなイヨ!
e0162444_14552441.jpg
洗足池駅そばのガード。
立っては通ることが出来ないほど低いのだ!
いやぁー!ジオラマっぽくていいなぁ。
この下で電車の通過を経験したが結構怖い!
ただし池上線は3両なのでほんのひと時の恐怖だが・・・(笑)




by 1944-6-6 | 2017-10-04 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

本日は地元振興のお手伝いでした

e0162444_17175981.jpg
今年もケイズ前の商店会でイベントがあった。「スーパーボールすくい」やら「射的屋」のブースで昨年一昨年もお手伝いしている。
今年は「くじ屋」だった。
e0162444_17175902.jpg
こんな景品を子供をつっていたのだ(笑)
こういったことが好きなのは小学生の男の子と思いきや、小学生女子に非常に人気があるのである。

あーぁ! 疲れた!



by 1944-6-6 | 2017-10-01 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

君は”D-day”を見たのかい?

e0162444_22324346.jpg
ここに”SPRINGFIELD製 #2215870”と”WINCHESTER製 #1301743”のM1 GARANDのフレームがある。
SPRINGFIELDの#2215870は1943年12月、WINCHESTERの#1301743は1943年3月と、共に大戦中に製造されたものだ。
どちらも1943年(昭和18年)製造だ。

もしかしたらノルマンディーの上陸作戦に行っているかも知れない。
どこか危なく恐ろしい妄想が限りなく僕の頭の中に繰り広げられる。
e0162444_22324382.jpg
戦後、どんな経緯をたどってか知らないが、最終的には我日本の自衛隊で使用されたのちに廃棄のために3分割にカットされ・・・そしてここにあるのだ。

よく見ると同じガランドなのに製造メーカーにより形状が微妙に異なっている。
共にフレームエンドは丸みのある大戦初期の形状だ。
SPRINGFIELDはパーカライジングでWINCHESTERはブルーイングのまま、後期にはWINもパーカライジングになっていくのでそれ以前の仕上げだ。

-追加写真-
グライフ氏より我が意を得たコメントを頂いたので嬉しくて写真を追加させていただく。
e0162444_15364196.jpg
写真上がWIN。
刻印が無ければ米国の一流銃器メーカーが製造した製品には見えない。
e0162444_15364429.jpg
外国の資料でもWIN製は加工跡がしっかり残っているとある。
これでも1940年12月から1945年6月までに513,880挺を製造して、大戦中の総生産数4040802挺の12.7%にあたる。
e0162444_15364122.jpg
切れない刃物で無理やり削ったって感じだ。
同社が戦前に製作したライフルやショットガンは非常に美しい造りで憧れなんだが・・・
忙しかった・・・のだろうか?
それとも幽霊のせいだろうか(笑)




by 1944-6-6 | 2017-09-28 23:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(12)