人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:猟  銃( 4 )

お疲れでゴンス!

e0162444_23594896.jpg
本日は久しぶりにクレーに行ってきて僕もテッポーもお疲れなのでありんす。
これが僕のBerettaの汚れた砲底面なのだ。



by 1944-6-6 | 2016-12-07 23:59 | 猟 銃 | Comments(2)

技能講習 in 百穴射撃場

e0162444_21071407.jpg
本日、12月14日は赤穂藩士が吉良邸に討ち入りを果たした忠義の日である。
そのような忠義の日に技能講習に行ってきた・・・って、全く関わりはないのだが。

銃砲所持許可を持つものにとっては煩わしいこと千万の技能講習ではあるが、久しくクレーを撃っていなかった僕には楽しい遠足だった。
講習の前後に150発くらいをバッコンバッコンやってきた。
まぁ、講習でも25発は撃っているのだが・・・

本日はスタジオを飛び出し、現場からのレポである!

e0162444_21070675.jpg
完全にあとピンで申し訳ない!僕のBerettaである。
もう20年は使っている。
e0162444_21070735.jpg
これは大好きなダミーカートではなく、実弾の12番ショットシェルである。
7 1/2号24gのトラップ装弾だ。
なぜか20年もやっているのにサラの雷管を見るとドキドキするのは、心やましい思いでもあるのだろうか・・・って、ナイナイ!
e0162444_21071402.jpg
リブサイトなんでこんな感じで構える。
e0162444_21071488.jpg
20年前に自作した照星だ。
色付きのアクリルに集光して明るく見えるように作った。
途中に白板を入れたのがミソ。
耐衝撃の瞬間接着剤で固定した。

しかし、20年間取れたことがないが頑張っていてくれている。
e0162444_21071370.jpg
でも、クローズアップで見ると、やや浮いてきているように見える。
ここいらへんで一回、外してリペアするか。
e0162444_21072090.jpg
100発ほど撃った銃口。
すすが付いている・・・が、まだまだ問題はない。
帰ったらクリーニング・ロッドで綺麗にしてあげよう。
ただ、反対に手は真っ黒になるのである。
e0162444_21072049.jpg
これも20年近く愛用のペルターのイヤーマフ。
安くて軽くてクレーには十分だ。
e0162444_21072195.jpg
愛用の理由は他にもあった。
そう、このBroad Arrow(ブロードアロー)イギリスの軍需省の官給品マークがあるからなのだ。

年号は1986年だったが消えかかっている。
まぁ、自宅に1985年と1988年のものがあるので良しとしよう。
確か、これはミリタリーイベントのブラックホールが流通センターで開催されていた時にまとめて購入したものだ。
若いマニアにはイベントといえば都産貿しか知らないと思うが・・・ジジイ達にはアチコチに思い出があるのだが・・・それも時代とともに変わっていくようである。
e0162444_21070600.jpg
プーラーの方にはお世話になりまりました。次回も百穴射撃場に来ますね!



by 1944-6-6 | 2015-12-14 21:57 | 猟 銃 | Comments(10)

浮世離れした世界

e0162444_3313611.jpg
e0162444_3324935.jpg
e0162444_333291.jpg
e0162444_3331290.jpg
e0162444_3332188.jpg
久しぶりに西富士射撃場に行ってきた。
写真の3丁は友人の銃で勿論許可証の付いた実銃だ。
無可動ではなく可動して発砲もできる・・・元来銃とはそういうものだが。

当日は小雨模様だったがそれ故に山や木々の色が鮮やかで幻想的に感じられた。

そんな中である意味幻想的な鉄砲ばかりが並んでいる。
G43,Kar98k、M1ギャランド・・・
まったく浮世離れしている。

とてつもない大音響を響かせながら発砲する銃を見るといつも思うのが
「ここの当たり前は一般的な日本では全く考えられない光景・・・なのだ」
という事。


e0162444_3333064.jpg
これは僕の愛銃ベレッタ390AUTO。
名前はシャリィーンであります(モチ嘘である)。
上品ぶった割にはどこかチープな感じが好きだ。
その割にはよく当たる。

しかし当日、初めて不発が出た。
何千発撃ったか判らないが(少なくとも3~4,000発は下らないが)今まで起こったことがなかったので一瞬おどろた。
雷管を見ると打撃痕が浅い・・・閉鎖不良?
おっかないのでその場で遊底を外してロッキング・ボルトや撃針をチェックしたが特に問題なし!
再度撃ってみたらチャンと発砲したので一安心だが・・・
そういえば以前、土砂降りの中で発砲したら通常では起こらないがエジェクション・ポートから火が見えた。
爆風で一瞬暖かい風を感じた。
雨の為に閉鎖が甘くなるのか・・・おっかなかったなぁ!
そういえば米軍のマニュアルにも雨の中では発砲するなとあったのを思い出した。
火薬が湿気っちゃうだけではないのである。

by 1944-6-6 | 2011-12-07 04:18 | 猟銃 | Comments(12)

It`s  my Gun

e0162444_1505560.jpg
e0162444_151811.jpg
e0162444_1512275.jpg
e0162444_1513695.jpg
本日は銃砲検査なのである。
メデタシ!メデタシ!


by 1944-6-6 | 2009-04-19 01:53 | 猟 銃 | Comments(2)