人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:タ ナ カ( 29 )

重たいピーメは好きですか・・・タナカSAA用 Zincフレーム初号機

e0162444_21434739.jpg
今回はタナカのエアガンSAA用のZincフレームを磨いた。

加工は、いわゆる『トモ削り』ってやつでトリガーガードやバックストラップを取付けての削りで、仕上がりが面一(ツライチ)になって実にカッコいい。
面出しもイイ感じだ。
ついでにエアガンとしては使うつもりが無いのでシリンダーの穴を広げてしまった。
まぁ、テーパーリーマーでの加工なので、精度もないし穴自体もハスになっている。
勿論ダミーカートも入らないが、雰囲気は45口径だ!
キャッコイイ!!

今やこのZincのフレームも、とんと見なくなった。
最初見た時は感激に涙して買った記憶がある。(やや誇張有)
アルミの削りもイイのだが・・・なんとも軽いのである。
モノによってはHWとたいして変わりなく、高いくせにイマサンくらい実感に乏しい。

そこへ行くとZincはイイねぇ。
古くから付き合っている馴染があるのだ。

e0162444_21434742.jpg
写真は勿論、法律を順守してバレルはプラ製だ。

このフレーム/TG/BS/シリンダー/ゲートの部品セットで近々ヤフオクに出品予定。
内部パーツ、グリップ、エジェクター&バレル(インナーも含め)は無しだ。
購入された人が好きに仕上げれば良い。

フレームをケースカラーでシリンダー/TG/BSをブルーに染めて銃身はHW材のブルーイングなんて痺れちゃう。
金属銃身を付け、銃身を金属で閉塞して金色に塗ってもイイ感じのピーメになる。

何と言っても『重いのだ』!

e0162444_21434607.jpg
しかし、ピーメほどマニアによって個人の印象が異なる銃も珍しい。
僕は古くはアサヒイーグルで今はランパントが最も自分のイメージに近い。
あくまでイメージだ。

人によってはマルシンのパットン/ルーズベルト/バットマスターソンのどれかかも知れないし、CAWかも知れないし、はたまたCMCやTRC、タナカ、ハドソンかも知れない・・・MGCもあるか。

1st、2nd、3rdって違いもあるが、ストレートコーン・タイプのFピン・フェチな僕は1st好きなのである。

e0162444_21434602.jpg
シリンダーの入る部分のパーティングラインも一応取ってある。
インナーフレームもトモ削りした。
案外ローディングゲートとフレームのつながりが悪く、チト苦労した部分だ。

でも、この絵柄はモデルガンマニアだと「ドキドキ」してしまう。
e0162444_21434654.jpg
基本的なラインは元々の形状のままだ。
先に言ったように個人的にイメージするラインが異なるので、オーナーが自分の好きなピーメにすれば良い。
またシリンダーベベルをもう少し丸くしてイイかも知れない。
プレーンなので好きにやってから仕上げをすれば良いのだ。

でも、迷っているうちにお蔵入り・・・なんてのは僕だけで十分だ!



by 1944-6-6 | 2015-04-05 03:06 | タ ナ カ | Comments(0)

タナカ 99式 スポーターをいじってみる(後編)

e0162444_16432433.jpg
銃身のすげ替えが完了したタナカの99式スポーター。
銃身長は23インチから26インチに伸び、銃身先端の径は17㎜から21㎜に増している。
e0162444_16535095.jpg
ハリスのバイポッドなんかを付けてタクティコーな雰囲気を出してみた。
これはこれで結構イケる!
e0162444_16542227.jpg
手始めにガスバイパス部分をカットしてアウターに入るように加工してみた。
しかし、ここで気づいたのがダミーカートの装填ができないということだ。
ネック部分が入らない。
タナカの99はダミーが入らない情けない身体にされていたのだった。
e0162444_22152539.jpg
しかし、Webを見ていたら同じようにダミーカートを入れるべく加工している方のサイトを発見!
ドリルで広げるのも面倒だと思っているところで、う~ん、悩んだ挙句その方をパクって薬室前部を切り取ることにした。
この部分ならインサートもいじらないので、法的な問題は無いと思われる。
こうすることで素直にダミーが入るようになった。
長さ的に30-06は無理だったが308や7.7㎜はいける。

次にレシーバーの薬室の外観のテーパー部分を削りエアガンのアウターが被るようにする。
ショルダー部分を削ると案外簡単にアウターが収まる。
e0162444_22152602.jpg
こんな感じで付いた。
レシーバーとの間に元のバレル基部が残っているのだが強度的に削るのは怖い。
これは実銃のM700等にあるリコイル・ラグ(バレル・ブラケット)ということにしよう・・・と思っている。

しかし、なんだなぁ、菊花紋章の存在感は「大」ある!

この後、内側の薬室(?)下部をアウターが入るように削らなくてはならない。
e0162444_22152650.jpg
取り敢えず、仮組みの状態を下から見たところだが、308のダミーが見えるだろうか。
後は薬室下のゼイ肉をガリンガリン削るだけだ!
e0162444_16533905.jpg
と、削ったところ。
思ったよりも削る量は多くなかった。
しかし、これでガスバイパスは存在しなくなったので、火薬使用は避けたほうがよさそうだ。
(僕の腹のゼイ肉もこんな風にガリンガリン削れたら楽なんだが・・・)
e0162444_16534139.jpg
こんな感じの部品割りになっている。
アウターバレルを止める3㎜ネジを下から入れたのでずれたり外れることはない。
e0162444_16533955.jpg
下から見るとこのようになっている。
e0162444_16534001.jpg
ストックのバレルの入る部分も削る。
適当なパイプに粗目のサンドペーパーを巻き付けシコシコすれば大した手間をかけずに出来上がった。
e0162444_16535020.jpg
.308のダミーカートが入るとイイ感じの絵になる。
7.7㎜も装填できると思うが試していない。
でも、まず問題ないだろう。

今回の99式は亜鉛合金でいささかブルーが白んでいた。
染め直すことも考えたがバレルがアルミなので統一性を欠くことになる。
仕方なしにキャロムショットのブラックスチールで塗装してみたが、ややグレーっぽい感じになってしまった。
統一感はあって良かったが色はもっと真っ黒が良かったか・・・悩むところだが、これはこれでイイことにしよう。

散弾銃を所持して20年。
ライフルへの切り替えも考えるが・・・オモチャのほうが手軽でいいのかもしれない。



by 1944-6-6 | 2015-02-25 17:32 | タ ナ カ | Comments(0)

タナカ 99式 スポーターをいじってみる。

e0162444_22152562.jpg
何故か昔から何気ないモノが好きである。
何気ないどこにでもある街並みや建物・・・
オネーチャンも派手目より何気ないタイプが良いのだ。
勿論、その何気なさにそれなりの個性と上品さを欠いてはならない。

テッポウも何気ないライフルが好きなのだ。
今の日本じゃ無理だが、アメリカあたりの田舎の家に何気なく置かれているであろう道具としてのライフル。
タクティカルなんか知らなねぇよって感じの実用品・・・そこがいいのだ。
ピカピカのストックにブルー仕上げの機関部、安っぽいスコープに、できればインディアンが作ったようなスリングがイイ。

そこで我家にあった99式スポーターをいじくってみた。
リアサイトが無くなっていたのでフロントサイトだけじゃみっともない・・・ってことで、タナカのM700のアウターバレルを付けてみることにした。
99式改バーミントハント仕様ってとこだ。
スコープはこれまたテカテカのTasco製。
ストックなんかも適度に傷があってシチュエーションもバッチリだ!

e0162444_22152448.jpg
この99式スポーターは以前に友人から譲り受けたものだが、我家に来た時からリアサイトが無い。
友人が購入した時はあったのだと思うが。
リアサイトが有ればあえていじらなかったのかも知れない・・・

e0162444_22152512.jpg
スコープはボルト操作の関係で、やや左側にオフセットされているのでレフティには不向きだ。
右利きの僕には案外構えやすい。
スコープが付いて元旧軍の銃とは思えないフォルムだが安全装置はやや使いづらくなる。

e0162444_22152530.jpg
しっかしモデルガンぽくない雰囲気だ。
まぁ、そこがイイわけなのである。

e0162444_22152536.jpg
オフセットされたスコープは位置があまり高くならずベントの浅いモンテカルロ・ストックと相まってイイ感じに照準出来る。
しかし、スコープマウントベースがクリップガイドにかかっているのでクリップを使用しての装填は出来なくなっている。

e0162444_22152556.jpg
下のバレルを取付けようと思って作業を始めた。
とり合えずバレルを外してガスバイパスを削りエアガンのアウターが嵌まるようにする。
タナカの99はダミーカート(今回は308にしようと思っている)が入らないのでその辺も調整が必要だ

作業内容は後編でお伝えしたい。
はたしてどんな仕上がりになるのか楽しみだ。

こうご期待!




by 1944-6-6 | 2015-02-20 01:55 | タ ナ カ | Comments(5)

The Wild BunchとウィンチェスターM1897ショットガン

e0162444_20543812.jpg
オヤジーが大好きな映画の一つにサム・ペキンパー監督のワイルドバンチがある。
ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン・・・それから僕の大好きなウォーレン・オーツなんかが出ている男臭い西部劇だ。
でもM1911やM1917マシンガンが出てくる20世紀になってからの西部なのだが。
それにみんな強盗って悪いやつばっかなんだが・・・イイんだなぁ。
テッポウ好きには堪らない名作である。
(多少時代考証にはいろいろあるが)

ワイルドバンチで大活躍なのが、このWINCHESTER Model 1897 なのだ。
映画ではTrench Gunタイプではなかったが、かっちょイイ!
メチャクチャ使いにくそうだが・・・欲しい。

散弾銃を所持して20年、いつかは手に入れたいと思っているのだが・・・使い道が愛でる事しかない。
トラップには重量も操作も重くて、猟をするにも(僕はやらないが)重くそうだ。
そうなると家でモデルガン感覚で・・・遊ぶ。
でもこれは大変危険である。

ということでモデルガンがあるわけだ。

ナットク! ナットク!

e0162444_20544728.jpg
ややお疲れのM97だが、何とか調整とクリーニングが終わった。
非常に快調にアクションできる。
これはチト寂しいがヤフオクに出品しようとレストアを始めたのだが・・・
やっぱイイ感じで惜しくなってきた。

どうしよう



by 1944-6-6 | 2015-02-11 21:27 | タナカ | Comments(10)

タナカ製 スプリングフィールドM1873 トラップ・ドア

e0162444_1918557.jpg
e0162444_191992.jpge0162444_19192288.jpgタナカ製のスプリングフィールドM1873トラップドア カービンだ。
スプリングフィールドM1873トラップドアと言えば1876年6月25日リトルビッグホーンの戦いで、ジョージ・アームストロング・カスター中佐の率いる「第七騎兵隊」が全滅した際に使用していた銃である。
跳ね上げ式のブリーチブロック(尾栓)を持つことからこの名がついたのは周知の事実だが、これまでトラップドアは全て45-70弾を使用するものと思っていた。
ところがカービンは騎乗での取扱いから、反動軽減の為に45-55弾を使用していたようである。
45-70は45口径で70グレイン(4.536グラム)の黒色火薬を使用している。45-55は火薬が55グレイン(3.564グラム)に変更されているのだ。若干の威力低下はあったようだが騎乗で使用では致し方なかったのだろう。
前記のカスター中佐の隊もこのカービンを使用していたのである。
一般的に、連発銃を使う北米先住民インディアンに対しアメリカ陸軍の使用した単発のトラップドアが敗因の一つと言われている。
しかし、問題は単発よりも薬莢の詰まり(排莢不良)によるものが大きかったようだ。
当時の薬莢は銅製で発砲後に薬室に張り付きやすく、これによる装填の遅れによることが要因と言われている。

e0162444_19195216.jpg
e0162444_1920143.jpg
e0162444_1920114.jpg

by 1944-6-6 | 2013-02-06 23:32 | タ ナ カ | Comments(4)

拘ってみる・・・みた!!

e0162444_1485071.jpg
タナカのM1917リボルバーはカチッとした感じで非常に良い出来なのだが・・・M29の型をモディファイしたので内部は戦後のS&Wリボルバーそのまんま!
実際はM1917とはハンマーピンの取付位置が若干異なるのだ。
その為にコッキングした時のハンマーの位置が非常にカッコ悪い!
今回はやっと重い腰を上げてハンマー・ピンの位置を変える改良をしてみた。
術後がこの写真だがかなり低い位置になっていてかなりイイ感じになった。
e0162444_149472.jpg
改良前のシングル・コック・ポジション。
ハンマー・ホーンが浮いていて何処か不安定だ。
e0162444_1493159.jpg
ハンマー・ピンの位置をやや前方に移しているのがお解り頂けるだろうか?
e0162444_1494990.jpg
e0162444_150527.jpg

by 1944-6-6 | 2010-10-27 02:11 | モデルガン タナカ | Comments(4)

ディテクティブ スペシャルがなんでDTなんだい?

e0162444_043166.jpg
e0162444_04534.jpg
e0162444_052520.jpg
e0162444_054920.jpg
e0162444_06646.jpg
聞くところによるとMGCのディテクティブ・スペシャルは1967年に発売されたのだとか・・・
この懐かしいスケルトン・ホルスターはその昔MGCより¥500で販売されていたものである。
40年の前、御徒町のMGCサービス部では自動販売機で売っていたのを御存知だろうか。
手入れセットとかとね。

あの頃のMGCは大人っぽい雰囲気で中坊だった僕には憬れの空間・・・ある意味で道標(みちしるべ)だったんじゃないだろうか。

今では公私ともに鉄砲に囲まれた生活を送っているけど、あの頃に吸った空気をもう一度吸いたい。
何でも判った顔した中年よりも何でも不思議で知らないことだらけの子供の頃に戻って・・・

バーンと大人買いで一儲けを企みたいなぁ!
もうCMCなんか買いまくって大儲けなのでアール・・・・・!!!

このスケルトン・ホルスターの裏の文字を見ると Used for S&W・2in & DT・2in rev とある。

・・・は、はぁ~ん こいつだったのね犯人は!

ちなみにKHS製のディテクティブ・スペシャル用スピード・ローダーには当たり前だが DS と打刻されている。

やっぱりね・・・。

それはそうと写真のスケルトンは最近オクにて入手したもの。
落札金額は・・・企業秘密ちゅーかとても恥ずくて言えないのであった。

反省! 反省!!

by 1944-6-6 | 2010-09-18 00:56 | モデルガン タナカ | Comments(4)

あぁ、懐かしき昭和の遺産 S&W .45 M1917回転式拳銃

e0162444_021738.jpg
e0162444_0213490.jpg
e0162444_021515.jpg
e0162444_032593.jpg
e0162444_0225826.jpg
e0162444_0231475.jpg
e0162444_0233145.jpg
遠い昔に見たお巡りさんの拳銃がやっとモデルガンがリリースされた。
とりあえす メデタシ! メデタシ!
払下げの警察官ホルスターを長い事持っていた人にはやっと中身が出来たって訳だ。
僕もその一人だ。

by 1944-6-6 | 2010-06-23 00:36 | モデルガン タナカ | Comments(2)

しっかり再現してくれたね!DT

e0162444_22502667.jpg
タナカのディテクティブのモデルガンが出た!
しっかりとコルトの特徴であるポジティブ・ロックや独特のシリンダー・ストップも再現されている。
素晴らしい!!

基本的にはエアガンと同じであるが内部は全面的に改良されている。
個人的にはシリンダー・ストップが非常に嬉しいのだが反対に不安も残る。
ハードスティールと亜鉛では材質的に強度が比べ物にならないからだ。

とりあえず出たばっかの新商品、とある友人の尽力でメチャクチャお安く購入できた。

「まったく有難い事ですたい!!」

実を言えばスティールフィニッシュの発売まで待つつもりだったのだが、そんな訳で初モノをゲットしたのである。

メデタシ! メデタシ!
by 1944-6-6 | 2010-05-14 23:08 | モデルガン タナカ | Comments(3)