人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:タ ナ カ( 28 )

タナカ ペガサス Kフレーム ガスガンの調整

7~8年前だろうかタナカのガスガンの作動良さ・・・いや完璧に再現されたS&Wのフォルムとメカニズムそして精度の高い注型技術に衝撃を受けて買いまくったことがある。
それに呼応してS&Wオリジナルのグリップも買いあさり、タナカのテッポーに取り付けては悦に入っていたのだ。
その時にどうしても気になったのが大好物なKフレーム系の作動だった。
e0162444_22225120.jpg
この状態では矢印の部分に隙間はない。
それが引金を引き切った次の写真では・・・
e0162444_22225163.jpg
嫌な感触と共にフレームとサイドプレートとの間に隙間ができる。
引金を引き切った時だけに出来るのだ。
エイミングした状態だと引き切ったと当時にフロントサイトが左にかしむ。

う~ん?

ということで調べてみると・・・
e0162444_22232308.jpg
引金を引き切った時に引金に取り付けられたシリンダーハンドがサイドプレートの矢印部分にあたってプラスティックのフレームをひずませていたのだ。
e0162444_22230070.jpg
サイドプレートを見るとどれも擦れた跡があった。
これが原因だった!
e0162444_22262042.jpg
これを回避する手はいくつかあるが、今回はシリンダーハンドの背面を削ってサイドプレートに当たらないようにしてみた。
これで引金を引き切ってもフロントサイトがかしむことも無く、サイドプレートの隙間もできなくなった!

ミッション コンプリート!
ヨカッタ! ヨカッタ!

e0162444_22265759.jpg
タナカのS&W M19の2.5インチだ。
実に綺麗なラインをしている。
e0162444_22232493.jpg
作動も完璧で動きにも余裕が感じる。
確実に "チ・チ・バンッ” が出来る。
e0162444_22232566.jpg
購入から7~8年経つので今回のシリンダーハンドの問題は今では解消されているかも知れないので、あくまでも僕の調整の一環と思っていただきたい。
e0162444_22225230.jpg
因みにS&Wのワンポイント・ネタだが・・・
どのフレーム・サイズでも矢印の場所のネジは頭が平のものが使用されているようだ。

パーツリストでもほかのネジと部品番号が異なっている。
今回のM19のネジも頭を平らなフラット・タイプにしている。

グリップを付けてしまうと全く見えなくなるのだが・・・(笑)

このM19は2.5インチと4インチを出品中です。

by 1944-6-6 | 2017-04-07 23:00 | タ ナ カ | Comments(6)

タナカ S&W M13/65 357Magnum ガスガン

e0162444_20320650.jpg
タナカのガスガンを出品しました
購入したのは7~8年前ですが程度はイイ感じです。
e0162444_20320693.jpg
大きな傷もなく亜鉛の色もほとんど退色いしていません。
素材はABS樹脂製です。
勿論、作動はバッチリです。
e0162444_20320505.jpg
S&W M13 FBIスペシャルはM10ミリタリー&ポリスの357マグナム仕様です。
したがってシリンダーが若干長めなんです。
e0162444_20320567.jpg
こちらはステンレス仕様のM65です。
メッキがかかっている以外は先のM13と同じでABS樹脂製です。
e0162444_20320400.jpg
多少の擦れや小傷はありますがメッキの荒れはありません。
e0162444_20320455.jpg
実際に腰に吊って使用するならイイ感じのテッポーだと思います。
まぁ個人的には2インチ銃身の方が好きなんですが・・・



by 1944-6-6 | 2017-04-06 21:00 | タ ナ カ | Comments(8)

今日の試作 "S&W M28 Highway Patrolman" by TANAKA

e0162444_20375438.jpg

テーパード・バレルのM27を試作した時に、やはり.357のハイパトが欲しい!
出来ればMGCに無かった6インチで・・・

今回それを試作してみた。
土台は前回のM27だが銃身を6インチに付け替えたものだ。
e0162444_20375409.jpg
M29と同じ Nフレーム だが明らかに異なった印象だ。
どこかクラシカルなイメージが漂っている。

う~ん! 惚れた!

これでフレームトップにチェッカーリングを入れればM27の6インチにもなるわけで、これからの作業でどちらにもなるのだ。
e0162444_20375521.jpg
フォーシング・コーン部分の大きな隙間がイイ感じである。
こう見るとKフレームの若々しさとは違って、どことなく熟年の落ち着きが感じられて古めのバスケット・タイプのホルスターとポリスベルトが似合いそうだ。
パックマイヤーあたりの古めなグリップ・アダプターも似合いそうだ。
e0162444_20571902.jpg
どちらも魅力的なフォルムでドキドキする。

先に試作したM27は取りあえずご依頼を受けたので、いずれにせよ近いうちにお披露目できるかもしれない。
こうご期待を!



by 1944-6-6 | 2017-04-05 22:00 | タ ナ カ | Comments(6)

Heckler & Koch P8 by TANAKA

e0162444_21322575.jpg
ずいぶん前にタナカのUSPを持っていた。
ガスガンだったがアルミスライド付きで売っていたのを買ったのだが軽快に作動してお気に入りだった・・・だったのである。
しかしある夜中にその蜜月は終わった。

当時のマグナ ブローバックには来るべき時が来たのだ。
マガジンからのガス漏れ・・・
所持していた2挺がほぼ同日にガス漏れを起こり始めた、恐ろしいほどの正確さでね。

まるでタイレル社で製造されたアンドロイドのようである(笑)
e0162444_21322421.jpg
これは友人がケイズに持ち込んだタナカのHk P-8だ。
箱にはエボリューション ハイ パフォーマンス モデル ガンとある。 
そのせいか なかなか良く出来ている・・・もちろんガスガンじゃないのでガス漏れなんかは考えられない。
e0162444_21335851.jpg
どうせすぐに手離すことになるので発火はさせたくないとのことで未発火。
当初の予定では久しぶりの動画で連射を考えていたのだが・・・そのうち個人的に手に入れて実現しよう。

いろいろなWebサイトで見る限り発火性能は良さそうだ。
ただ、MGC系のCPに比べるとキャップの装填がやや面倒くさそうに感じる。

しかし・・・相変わらずマグ・キャッチ操作の際、中指の付け根を挟んでしまい痛い思いをした。
そこのところは20年前と変わっていない。
本物もそうなのだろうか・・・知りたいところだ(笑)




by 1944-6-6 | 2017-03-16 22:00 | タ ナ カ | Comments(0)

今日の試作(失敗) ”.357 Magnumにしてみたが・・・”

e0162444_23060938.jpg
件の試作S&W M27のスィリンダーの.357化を進めてみた。
e0162444_23102659.jpg
シリンダーの穴を12㎜まで広げ、12㎜ΦのABSパイプを入れて穴を広げた。
それとなく見ると”らしい”が・・けっこう豪快にセンターがズレているじゃねぇか!

ちとショックだ!

もう少しズレないはずだったのだが・・・
e0162444_20381286.jpg
まぁ取り付けちゃうとそれらしいが、やはりやり直しなのである。
e0162444_20490221.jpg
カウンターボアもイイ感じでそれらしくは仕上がっているが・・・
カートの位置がバラバラで心までがバラバラになってもうた。

あ~ぁ・・・



by 1944-6-6 | 2017-02-23 22:00 | タ ナ カ | Comments(4)

" S&W M27/28 .357Magnum " by Tanaka

e0162444_23081001.jpg
M27(28)の大枠が出来上がった。
前回はモックアップだったが今回は正常に作動する。
トップフレームなどのチェッカリングがまだなのでこの時点ではM28なのだ。

残る問題は.357口径のチャンバー加工だ。
e0162444_23081136.jpg
まぁ、どうやるか・・・そんなことを考えていると実に楽しい。

だから僕の場合、出来上がると急に執着がなくなってしまう。



by 1944-6-6 | 2017-02-13 23:30 | タ ナ カ | Comments(13)

今日の試作 "S&W M27" by Tanaka

e0162444_23515010.jpg
本日の試作は S&W M27 だ。
テーパードバレルとトップフレームのチェッカーが魅力。
イメージはできたがシリンダーをどうやって.357MAGNUMにするかだ。

まだまだこれからだが・・・ボチボチやるべ!




by 1944-6-6 | 2017-01-20 23:50 | タ ナ カ | Comments(7)

Colt police Positive Special .38 by TANAKA

e0162444_21205026.jpg
久しぶりにコルトのリヴォルバーのご紹介。

ディテクティブは非常にメジャーな存在だがこのポリスポジティブはどこかオマケの感がある。
特にモデルガンではそれは顕著で「ディテクティブを作ったからバリエで出してやっか!」的な匂いがする。
チーフの3インチなどもそんな鬼っ子かもしれない。
e0162444_21205136.jpg
でも広い世の中にはいろいろな嗜好の輩が多い。
特にヲタクとかマニアにはそんな変質的な輩が軒を連ねているのだ。
かく言う僕もそんな変態チックな一人だ。
e0162444_21204087.jpg
タナカのポリスポジティブは御多分にもれずディテクティブよろしくラウンドバットしか発売されていない。
e0162444_21204977.jpg
スナブノーズならいざ知らず4インチバレルではラウンドバットはどこか貧乏くさい。
e0162444_21204011.jpg
ということで今回はグリップ下面を切り取り実物のスクエアーバットのグリップを取り付けた。
ニッケルメッキと相まって実銃と見まごう雰囲気だ。
実にゴージャスな1挺になった。
e0162444_21201649.jpg
バレルとグリップのバランスも取れて力強さすら感じてしまう。
ホントに銃はグリップ一つで変わるものだ。
e0162444_21201789.jpg
かねがねタナカはメッキの技術(拘り)が実に優れていると思っている。
他の製品でもプラ部分と金属部分でメッキの色がほとんど変わらないからだ。
このポリスポジティブでも其れは非常に大きなファクターなのだ。
e0162444_21201572.jpg
こんな感じでグリップ下面をバッサリとやった。
コルトはこの仕様にしたことでラウンドバット/スクエアーバットの選択をグリップ自体で可能にした。
個人的にはあまり好きじゃないが・・・まぁこの場合は許してやろう(笑)
e0162444_21201623.jpg
グリップを着ければわからないので下面の追加部分は無塗装のABS丸出しだ。
グリップの位置決のピンを打たねばならないが、これが案外大変な作業なのだ。
ちゃんと位置出しをして正確に穴を開けていかなければならない。
怠惰な僕にはこういう作業はチト辛いのが正直なところ。

う~ん、そのうちやるべ!
e0162444_21204167.jpg
グリップカットによってこのタイプのグリップパネルを付けることもできる。
ディテクティブだと何処かいやらしいがポリス ポジティブだと非常に品格がある。
たかだか銃身が5センチ異なるだけなのだが。
e0162444_21203609.jpg
このグリップは案外握り易くエイミングしやすくなる。
e0162444_21201401.jpg
バレルにシュラウドの着いたタイプもカッコイイ。
以前、バイパーを製作されている方のブログを見たがカッコよかった!
技術があれば挑戦してみたい1挺である。

しかし、たまにはコルトもイイなぁ(笑)

メーカー様へのお願い!
e0162444_23082410.jpg
上記写真の 突き出しピン の痕を消してから出荷していただけたらと思います。
特にメッキや特殊な仕上げの場合修正が効きません。
ダミーカートの装填という妄想の中でマニアにとっては非常に萎える部分なだけにご検討いただければと思います。



by 1944-6-6 | 2016-12-10 22:00 | タ ナ カ | Comments(2)

出品中! タナカ M29 Zincフレーム

e0162444_20004695.jpg
タナカのM29にZEKEの亜鉛外装を取り付けたものを出品中。
しっかりと法律を順守した仕様なので安心だ。
e0162444_20011850.jpg
銃身は真鍮棒でバッチリ閉塞している。
そのおかげか重量が1,396g!
Wikipediaで見たら実物のM29と同量なのは驚いた。
e0162444_20011371.jpg
銃身を閉塞したのでエアガンとしてはお役御免の憂き目にあってしまった。
ならばということでシリンダーの穴を拡げて迫力を付けてみた。
ややオーバー気味だがイイ感じだ。
1㎜のABS板が入っているのでダミー弾頭でも取り付ければさらにカッコよくなるだろう・・・かも(笑)
e0162444_20011464.jpg
ZEKE外装の良いところはフレームの剛性アップの為サイドプレートの合いが非常に綺麗だ。
モデルガンより素晴らしい!
e0162444_20004400.jpg
これで俺もキャリー・ハラハン刑事だ(笑)
e0162444_20004512.jpg
しっかりと閉塞されたフォーシングコーン部。
不用意に抜けることは無いようにした。
e0162444_20004580.jpg
元々銃口径が細いので広げている。
e0162444_20011848.jpg
しかしタナカのM29は良いフォルムをしている。
しかも作動も良いし重さもバッチリ!
ガスガンゆえのスプリングの弱いのがたまに傷だ。

ZEKEのこの外装は改造等防止の為にフレーム強度を落としている。
特にグリップ部は落下事故には耐えられないので気を付けたい。
実物の木製グリップを装着し左右から締め付けてプロテクトすれば多少の強度アップが望めるかもしれない。

ヤフオク出品中!



by 1944-6-6 | 2016-11-28 20:30 | タ ナ カ | Comments(4)

S&W M360 Chiefs Special Airlite Scandium by TANAKA

e0162444_19034941.jpg
以前Gunpro誌で357マグナム弾の開発経緯をレポートされていて、非常に興味深く読ませてもらった。
その銃口初速から生まれる破壊力は当時では必要なのかが疑問視されたようだ。
勿論、弾頭にそれだけのエネルギーを持たせるためには銃本体にもそれなりのインパクトを与える。
当初はスティール製の本体でしかもNフレームを使用してのことだ。
逆にいえばそれくらいのストレスが銃にもかかるということである。

今世紀に入ってS&Wはその357マグナムをJフレームで、しかもスカンジウムなる軽合金製で419gの銃を発表したのだ。

くぅー、やるなぁ!

本来、鋼鉄と木でできたテッポーが好きな僕だが、これまた好物のS&Wリボルバーということで気になっていたのだ。
e0162444_19035059.jpg
昨日のOFF会にて友人が持参してくれたのがそのS&W M360 Scであった。
e0162444_19035072.jpg
今出来のチーフスペシャルって感じだ。
ハンマーに撃針が付いていないのが寂しいが、まぁどうでもいい事かもしれない。
このツートン・カラーが妙にイイ感じだ。
しかしこのサイズで357マグナムっていうのは・・・どこか怖い気がする(笑)
e0162444_19035628.jpg
しかしこのモデルガンは良く出来ている。
何気ないところがカチっと丁寧に仕上げられているのだ。
e0162444_19035775.jpg
超感心したのがこの "ロッキング・ボルト" だ。
エキストラクター・ロッドのあたる部分が斜面になっている!
これを正確に再現しているモデルガン/エアガンは少ない。
僕の記憶では古くはMGCのコンバットマグナム、CMCのM27/29、ロッケンのM&Pくらいだ。
ここまで正確に部品まで作ったのは初めてではないだろうか。
なんてことない処なのだが組立もやや面倒になるのだ。
フェチな僕は感激してしまったのだ!
e0162444_19040393.jpg
ロッキング・ボルト先端の面取りや固定ピンの丸い面取り・・・素晴らしい!
エキストラクター・ロッドのロレット加工もドキドキするくらいに綺麗だ。
e0162444_19035755.jpg
思わずバラしてしまったが・・・
スプリングも巻きにテーパーが付いている。
いったい誰がこんなところを見るんだろうか・・・って、僕だけかもしれない(笑)

もうド―でもいいところがえらく気に入ってしまい、本気で購入を考え始めている自分がヤバい。
・・・金もないのに、そりゃアカンゼ!(苦笑)

e0162444_20130050.jpg
チーフスペシャル新旧の比較。
どっちもイイやね。



by 1944-6-6 | 2016-10-30 21:00 | タ ナ カ | Comments(4)