人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:無 可 動 銃( 59 )

Beretta BM-59 7.62㎜ Riful

e0162444_18342997.jpg
このBeretta BM59ライフルは最近某店で入荷したものだが以前から非常に興味のあるテッポーだった。
理由としてはM1ガランドからのモディファイ・タイプでフルオート射撃も可能としている点だ。
いわばガーランドとM14の間、ある意味ミッシングリンク的な存在なのである。
いったいガランドのパーツをどのように後加工しているのだろうか・・・そこのところが知りたくて購入した古くからの友人に無理を言って借りてきた。
e0162444_18342430.jpg
口径は7.62×51㎜ NATO弾なのだがレシーバーはガーランドと同じサイズである。
そこがM14と異なるのだ。
そのためM14の細身なイメージはなくボリューミーな感じでこれまたイイ感じだ。
ただし、男っぽい感じなので間違っても”シャリィーン”とは呼べない(笑)
レシーバー先端(薬室部)にあるのがセレクターでM14とは全く異なりM2カービンのそれに近い。
e0162444_18342471.jpg
マガジンは20連でM14と同じだがサイズ的には全く異なり交換性はない。
トリガーハウジングもレシーバーと同じくガランド流用のものと新規製作(PB製)があるようである。
トリガーガード前にたたまれているのがウインタートリガーで、すべての形式に装着されている。
e0162444_18342803.jpg
フルオート・ポジションのセレクターだがM2カービンとよく似た形式だ。
しかし真っサラ状態のパーツは非常に嬉しい!
e0162444_18342945.jpg
これがフルオート時のシアー・トリップ・レバーの状態だ。
オペレーティング・スライドが戻ると先端部を押し下げる。
ここもM2カービンと同じだ。

注:ウインター・トリガーを作動状態にしている。
e0162444_18342989.jpg
セレクターをセミオート・ポジションにするとシアー・トリップ・レバー・ガイドが回転してシアー・トリップ・レバーの先端部を押し下げる。
オペレーティング・スライドが戻ってもシアー・トリップ・レバーには触れない。

注:ウインター・トリガーは前方に折りたたんでいる。
e0162444_18343367.jpg
このBM59にはセレクターをセミオートで固定する規整子が付いている。
機能させるためにはシアー・トリップ・レバーを外してセレクターも外す。
三角形の出っ張りがある板がセレクター・ストップ・プレートと呼ばれる規整子だ。
これを外してポジションを入れ替えればOKだ。
あとはセレクター取り付ければセミオート・ポジションに固定される。
なかなか優れた構造だ。
e0162444_18342515.jpg
装弾用のクリップはM14のものがそのまま使える。
クリップガイドは削りだされたパーツをガランドのレシーバーにロウ付け(溶接?)されている。
e0162444_18342420.jpg
ライフル・グレネードはNATO規格のもので基本的に大戦中の米軍と同じ径でそのまま使える。
グレネード・サイトを引き起こすとバルブが閉まってバレル内のガスをカットして、高圧のガスがピストンにかかることはなくなる。
便利なアイデアだ!
因みに取り付けているのは米軍のM11訓練用ダミー対戦車榴弾だ。

しかし、今回入荷されているこのBM59や先にレぽしたM12サブマシンガンはコンディションや無可動加工の面で大変に素晴らしい!
どちらもかなり欲しい!
特にBM59はM1ガランドやM14を持っているだけにたまらない!(M2カービンもあったか)
次回も同じ加工になることは全く分からないだけに今回のものは・・・ほかのものを控えても欲しい!
絶対に近来まれにみる稀少品だろう。

今ならコンディションのイイもの選べるしねえ。
う~ん、マジで考えてしまった・・・って、入院なんかで大変な時になのにね(苦笑)



by 1944-6-6 | 2017-07-12 20:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

チェコスロバキアの短機関銃 "Vz.26"

e0162444_19323483.jpg
Uziの原型と称されるのがこのVz.26サブマシンガンだ。
いわゆる”L型ボルト”を採用しているため、全長が短い割にはある程度の銃身長を確保できるのが特徴である。
これはUziにもしっかりと受け継がれている利点だ。
e0162444_19323437.jpg
本来チェコではこのVz.26は9×19㎜(9㎜パラベラム)仕様で開発したのだが、その後のロシアの圧力でトカレフ弾(7.62×25㎜ Tokarev)に口径変更された。
全長の長いトカレフ弾の為にマガジンの前後幅が通常の9×19㎜のサブマシンガンのものより大きくなっている。

なんか・・・当時チェコ人ってストレスが溜まったんだろうなぁ(笑)
わかる! わかる!



by 1944-6-6 | 2017-07-03 21:00 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

Beretta Model 12 Part2

e0162444_16200701.jpg
無可動銃がM12で、MGCがM12S。
MGCのものは写真で見る限り非常にいい出来だ。
M12はクロスボルト式のセフティとセレクターが独立している。
M12Sはセフティとセレクターが一つにまとめられ回転式にモディファイされた。
フロント/リア サイトともガード部分が大きくなっている。
MGCは刻印が凸型に出っ張っているのでまるで実感がない。
e0162444_16200635.jpg
因みにマガジンは実物が幅33.7㎜厚さ21.3㎜、対してMGCは幅35㎜厚さ20.7㎜。
MGCのものに実物のマガジンはガタつくが取り付けられが、無可動銃にMGCのマガジンは入らない。
e0162444_16200670.jpg
グリップを外すとこんな感じだ。
部品の形状や造り、加工等にWW2のドイツの臭いを強く感じる。
部品の精度や仕上げも上々である。
e0162444_16200725.jpg
MGCのモデルガンには再現されていないが実銃のストックにはショルダー部分が中央にくるように角度が付けられている。
猟銃で見られる”キャストオフ”を思わせるものだ。



by 1944-6-6 | 2017-07-01 21:00 | 無 可 動 銃 | Comments(0)

Beretta Model 12

e0162444_21345369.jpg
久しぶりに古くからの友人がネタを提供してくれた。
ベレッタのM12短機関銃だ。

古参のモデルガンマニアには「MGCが出していたあれね!」と思う・・・アレだ。
ただし、MGCのものはM12Sという後期のタイプで写真のものは初期のM12、サイト周りやセフティ周りが若干ディテールが異なっている。
明日以降にそのへんのレポをする予定だ。

あっ、間違っても「ペネトレーターじゃん!」なんて言ってはいけないのである(笑)



by 1944-6-6 | 2017-06-30 22:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

Walther PP

e0162444_00311391.jpg
これは昔ハッコー商事が輸入していたWalther PPのブックエンド。
以前に資料として撮影させてもらった一枚だ。
勿論だが実物である。

ただし・・・ぶった切られているのだが(笑)



by 1944-6-6 | 2017-06-28 23:45 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

Invasion!!

e0162444_22382543.jpg



Next stop・・・Normandy!!



by 1944-6-6 | 2017-06-06 23:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

M1 GARAND GAS CYLINDER LOCK SCREW

e0162444_17371924.jpg
皆さんもよくご存じのM1ガーランドのガス・シリンダー・ロック・スクリューだ。
手持ちのものはこの3種類があった。

左から初期型のソリッド・タイプ。
中がグレネード・ランチャーを装着できるようにモディファイされたガス・カット・バルブ内蔵のタイプ。
右はソリッドタイプだがほとんど見かけないもので感じから戦後のものと思われる。
勿論、ガスのカット・バルブは入っておらず、前面部に穴が無いのでグレネード・ランチャーはのみならず戦後採用のM5A1銃剣も装着できないものだ。
民間型か?もしかしたら戦後のNM用なのかもしれない。
資料によるとNM用はバルブの入っていないソリッドのシングル・スリット・タイプということだ。
実物を見たことが無いのでわからないが・・・NMのだったら嬉しいことだ。
まぁ、雰囲気からたぶんコマーシャルタイプだろう。
e0162444_17371913.jpg
M7グレネードランチャーを装着したM1ガーランド。
このランチャーを使用するためにバルブ入りのロック・スクリューが採用された。
このランチャーは装着した時点でロック・スクリュー内部バルブを後方に押し解放させるので、シリンダーへのガスの流入がカットされてボルトが作動しなくなるのである。

因みにM1カービンではこのガス・カット・オフがないため、M8グレネード・ランチャー使用時には対戦車榴弾などの重いものは発射禁止だった。
最悪な場合、テッポー本体やストックが破損するということだ。



by 1944-6-6 | 2017-03-13 22:00 | 無 可 動 銃 | Comments(8)

M1 ガーランド 大戦型トリガーガード

e0162444_23350334.jpg
M1ガーランドのプレス・タイプ・トリガーガードは戦後生産型のイメージがあるが大戦後期から採用されている。
上の写真がそれだがちょっと見は戦後のものと変わらない。
e0162444_23372863.jpg
しかし、この部分がフック型に加工されているのだ。
戦後型は”くの字”に曲げただけなのである。
e0162444_23350489.jpg
全くどーでもいい蘊蓄だが・・・結構珍しいパーツなのだ。


by 1944-6-6 | 2017-03-02 23:45 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

Colt Model 1847 Waker by Uberti

e0162444_22102269.jpg
デカイ!
コルトM1847ウォーカーの印象はそれに尽きる!
e0162444_22305014.jpg
見た目はコルトの1851や1860あたりと変わらないが・・・とにかくデカイ!
そして・・・重い!

この無可動実銃は長さが39cmで、重さはなんと2㎏もあるのだ!

S&W M29の8 3/8"よりも大きいのだ。
e0162444_22102155.jpg
口径はS&W M29と同じ44口径だ。
e0162444_22102177.jpg
構造的にはその後のモノと全く同じだ。
e0162444_22101401.jpg
無可動銃なのでハンマーは動かない。
銃身にも鉄棒が溶接されている。
右側面には20×6㎜のスリットが開けられ内部の鉄棒に溶接をしている。
シリンダーは中身がからっぽになっている。
改造防止の為だ。
e0162444_22101649.jpg
さすが元本物。
ニトロプルーフ・マークが打たれている。
e0162444_22101575.jpg
シリンダーの彫刻にはインディアンと戦う騎兵隊が描かれている。
シリンダー・ボルトのノッチが初期タイプである。
e0162444_22100888.jpg
なかなかカッコいいフォルムだ。
e0162444_22100780.jpg
グリップは木製でウレタン仕上と思われるが濃い色味がイイ感じだ。
e0162444_22101404.jpg
ローディング・レバーは唯一の可動部分だ(笑)
特にロックはなく下に引くだけ。
スプリングのフリクションで止まっているだけだ。
簡単には外れてこないが・・・実際に発砲した場合は外れてきそうだ。
e0162444_22102028.jpg
ウベルティ社製。
黒色火薬オンリーとのことだ。
e0162444_22102191.jpg
銃口は閉塞されている。
e0162444_22100754.jpg
フォーシングコーン部も閉塞されている。
e0162444_22100798.jpg
スリット部分。
e0162444_22100662.jpg
ハンマーの溶接部分。
ガッチリ固定されている。


近日中の出品予定なので宜しく!



by 1944-6-6 | 2016-12-21 23:30 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

MG2だった!

e0162444_20330195.jpg
先日お伝えした無可動銃の出品についてだが・・・
MG42とのことだったがその後の整備中に希少なMG2だと判った。
初期のG3ライフルの無可動をお持ちのマニアなどには共に飾りたいアイテムだ。

ご存知ない方もおられようが "MG2 Machinegun" とは、戦後ドイツがかつての連合軍や被占領国から返還されたMG42を7.62㎜NATO仕様に改修した機関銃なのである。
因みにMG1はMG42をたたき台に7.62㎜NATO仕様に再設計された銃である。

MG1/MG2共に使用弾薬は7.62㎜NATO弾で、給弾にはMG34/42でも使われていた連結された非分離式の50連メタリック・ベルトのみを使用するようになっていた。
その後に正式化されるMG3は分離式のメタリック・リンク(M13リンク:米軍のM60のもの)が使用できるように改良されNATO諸国での共用(FN MAG/M60)が可能になったわけだ。

今回の出品のものはその希少なMG2であったのだ。
e0162444_20041207.jpg
ご覧の通りMG42と全く区別がつかない・・・当たり前だが(笑)
しかし、フィードカバーとフィードトレイがNATO弾用に完全に新造されている。
e0162444_20041225.jpg
アモベルトは旧ドイツ軍のMG34/42のものだ。
一つ一つのリンクが小さなスプリングで連結されていて分離できない。
基本的に50連発だがベルトどうしを繋げることが出来るので長くすることは可能だ。
e0162444_20041298.jpg
308NATOと記してしまったが実際は7.62㎜×51㎜NATOで薬莢の長さが51㎜だ(NATO諸国ではインチではなくミリメーターを使用している)。
対して8㎜モーゼルは7.92㎜×57㎜だ。
薬莢の長さの差は6㎜だが弾頭重量の差(NATOが9.7g、モーゼル12.8g)があり、装弾1発だとモーゼル弾のほうが8㎜ほど全長が長くなる。
e0162444_20042006.jpg
このフィードカバーとフィードトレイがNATO弾にあわせて短くなっているのでこの部分は全くの新造品だ。
もしかしたらMG1からの流用なのかもしれないが・・・
e0162444_20041951.jpg
銃身交換用のレバー部分だが日本に輸入される前に溶接固定されていたようだ。
無可動銃(Deactivated Gun:直訳すると非活性化された銃 )の基準も国によってかなり異なり、撃てなければ良い場合もあれば動く個所を全て溶接で固定する場合、マガジンを完全に使用できなく一部をカットもしくは潰す等々いろいろあるらしい。

このMGもどこかの国でDeactivated Gunとして作動部分を固定して販売されていたものを、再加工して日本の基準に合わせて輸入されたモノのようだ。
その時にこのような発砲に関係ない箇所の溶接を削除して、商品価値を高める加工したのではないかと推測される。
したがって、この稚拙な溶接削除は日本のマニアとかが行った事ではないのでご安心を。
全くセンスのない作業が驚くほど見た目を悪くしているが、銃に愛のないジンガイの作業なんてこんなもんなのだろう(怒)

輸入時期としてはマスプロ的に無可動銃が入りだした、かなり初期のアイテムで今の基準では輸入が難しい "旧加工" と呼ばれるタイプだ・・・と言って違法品ではないぞ!
旧加工品は今やマニアの間では神格化された限定アイテムなのだ(笑)
e0162444_20042020.jpg
フレームエンドやフィードカバーのロック部分にも愛のない所行の痕が見える。
リューターに細かい砥石を付けて慎重に擦っていけばかなり印象も変わってくるのかもしれない。
お手軽に友人のMG42やM53からパクってくる・・・なんてマニアとして "ゲス" なことだけはしてはいけない(笑)
e0162444_20041947.jpg
排莢口から溶接を盛りつけてボルトを固定している(左部分)
銃身も内部を溶接で塞いだうえで、取外せないようにフレーム側に溶接してある。
e0162444_20042057.jpg
シアーは上面をカットされ使用できないがちゃんと残っている・・・ってことはトリガーテンションがオリジナルどおりだということだ。
トリガーを引くとシアーの下降を指に感じられる。
全くもって非常にささやかなことだが、おバカなオヤジーにはこれが嬉しく堪らないのである。
e0162444_20041263.jpg
刻印は紛れもなく1943年製のMG42だ!
なんだか嬉しいのだ。
e0162444_20041264.jpg
バットストックはベークライト製のモノが付いている。
シャープなシルエットは木製のものとは比べ物にならないほどカッコイイのだ。
何処となく ドルフィン って感じだ。
e0162444_17253137.jpg
バイポッドは全体がプレス加工で製造されている。
上部にNATO軍のマークと部品番号が打刻されている。

他の部分にもNATOのマークが打刻されているが、これが戦後ドイツの証なのであろう。



MG2を出品しました。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n181664344




by 1944-6-6 | 2016-08-17 22:01 | 無 可 動 銃 | Comments(2)