人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:絶 版  C M C( 36 )

CMC S&W M29 44Magnum を調整する

e0162444_20025591.jpg

CMCの.44Magnum M29を何挺か見ていると共通したトラブルが見られる。
ハンマー・ダウン状態ではしっかり固定されているシリンダーがコッキングするとシリンダーの固定が不安定な感じになるのだ。
少し逆回転する感じで非常に気持ち悪い。
この状態の原因はほとんどがシリンダーストップに問題があった。

上の写真のようにコッキング・ポジションでトリガーとシリンダー・ストップ(矢印の部分)が当たっていてシリンダー・ストップを完全に開放していないことがわかった。
これは当たる斜めの部分を削ることで解消できる。
e0162444_20025527.jpg
他にもシリンダー・ストップの変形による作動不良が挙げられる。
上の写真はシリンダー・ストップを上から見たところだ。
ノッチに入る部分が曲がっている。
これは重たいシリンダーの回転を何度も何度もストップさせているために慣性の力が一気にかかり曲がってしまっているのだ。
e0162444_20025605.jpg
これは後ろから見たところ。
ストッパー部分が捩じれているのがわかるだろうか?

この2か所の変形でフレームからシリンダー・ストップが出にくくなり作動に支障をきたしているのだ。
軽度な状態ならフレームに当たっている部分を削ればなんとかなるが、カラ撃ちなどを繰り返し写真以上の変形をきたしていると部品交換を考えるしかない。
といっても簡単に手に入るわけもないが・・・
真鍮材で作ることもできるパーツなので必要ならそういった対処も可能だ。
e0162444_20030159.jpg
e0162444_20030198.jpg
今回はシリンダー・ストップのトリガーと当たっている部分を削って対応した。
上の写真のとおりコックしてもシリンダー・ストップの出方に変化はない。
これならシリンダーも確実に固定でき逆回転もしなくなる。

ただ・・・CMCのM29/28は極力ダブルアクションのカラ撃ちや勢いよくハンマーコッキングを避けるべきである。
遊ぶときはゆっくりハンマーを起こしたりダブルアクションでは思いっきりトリガーを引かないようにしたい。
勿論、シリンダー・ストップ・パーツをおびただしく持っているのなら使い捨てで遊べるが・・・

ただ、そんな人は僕に幾つか分けて欲しいもんだ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-04-18 22:00 | 絶 版  C M C | Comments(2)

CMC S&W M29 44Magnum を弄る。

e0162444_21525966.jpg

飽きもせずM29を弄る。
今回はCMC製だ。

実物が同じなのにモデル化されるとコクサイのM29とはずいぶん違いを感じる。
まぁどっちを取るかは個人個人で異なるのかも知れない。
e0162444_21530245.jpg
この個体はSMG刻印があるので1977年以降のものだ。
19802とは1980年2月製造ということだろうか?
因みにCMC M29にはsm刻印もあるようなので最初の製品は1971年以降1977年までの間に出されたと判断できる。
e0162444_21525565.jpg
CMCの気になることが薬莢径10.8㎜Φしかないカートの細さだ。
実弾は11.65㎜あるのでシリンダーに入れることが出来ないのだ。
ということでチャンバーをボア・アップしている。
勿論インサートは一切弄っていない。
e0162444_21525519.jpg
ダミーカート仕様にしたのでCMCオリジナルの撃針はカッコ悪いし長いし・・・ということで真鍮版で作った。
固定ピンも3㎜の鉄棒に穴を開けて実物と同じ形状のものを自作し取り付けた。
これだけでもメチャクチャにカッコ良くなったのである!
e0162444_21525417.jpg
どことなくボッテリしたトリガー形状だが矢印の部分を実物写真やタナカを参考に削ってみた。
トリガーガードの形状もよく凄くシャープで軽快な感じのS&Wトリガーになった。

CMCは元々の雰囲気がいいのでこのようなカスタムでグッとイメージがアップするのでお勧めなのだ(笑)


このM29 6.5インチ カスタムは近々オクに出品します。
勿論、ちゃんと仕上げて"Ecstasy of Gold"塗装仕上げです。結構高めですが宜しく!



by 1944-6-6 | 2017-04-16 22:30 | 絶 版  C M C | Comments(6)

"Ecstasy of Gold" Sturm,Ruger Mk1 by CMC

e0162444_21522385.jpg
発売から40年経つCMCのスターム・ルガー Mk1 のヘビーバレルはお気に入りの一つだ。
だいぶ金色の表面もやつれて退色している。
幸いZinc自体とメッキは状態の良いままだ。

今回このMk1にクリアーイエローを吹くことにした。
e0162444_21522496.jpg
着色するのはバレル&レシーバーとフレームそれとメインSPハウジングだ。
e0162444_21522957.jpg
まずは作動調整後に完全分解する。
塗装後に調整をすることになると塗膜が剥がれる恐れがあるのだ。
この時点でバリやメクレも処理しておくと後々綺麗だ。
e0162444_21522497.jpg
完全分解後に塗装するパーツを洗って汚れや油分を落としておく。
特に脱脂は丁寧にやっておかないと後々塗料が乗らなくなってしまうのでしっかりと行う。
いろいろな薬品ややり方もあるが、僕は貧乏性なので一般的にお手軽でどこの家にもあるものを使っている。
洗濯用石鹼だ。
皮脂を分解したりするので結構威力があるのだ。
おまけにキッツイ臭いも無く手も荒れにくい。
僕は洗濯石鹸をお湯で溶いてモデルガンのパーツ全体を丸一日つけておく。
それからブラシで丁寧に洗っていけば、だいたいの油分はOKだ。
勿論これが最高のやり方ではないので参考までに。
e0162444_21523039.jpg
左右割の金型で作られたトリガーは前面のグルーブは段々になっているだけだ。
金鋸を使ってお手軽グルーブを掘ってみたがすごくイイ感じに仕上がった!
こりゃあ使えるテクを開発したもんだ!
e0162444_22375632.jpg
さて、脱脂ののち完全に乾かしたら下塗りに”ミッチャクロン マルチ”なるものを使っている。
これも一番いいものかは不確かだが僕的には重宝している。
使用前には40度くらいのお湯に暫く漬けておくとガス圧が安定してミストが細かくなるので確実にやっておきたい作業だ。(熱いお湯は缶が破裂するので注意。お風呂程度だ)
e0162444_22375623.jpg
ミッチャクロンを丸一には乾かしてからクリアーイエローを吹く。
これも缶を温めておく。
塗装は明るく喚起のいい場所で行うのが原則。
クリアー塗装の場合は湿度も大きなファクターだ。
雨降りの日などは間違ってもやってはいけない。
”かぶる”という現象が起こる場合があるのだ。
塗装面が白っぽく濁ってしまうのだがこうなったら全部やり直すしかない。
上から金色を塗って心をごまかす・・・って、手もあることはあるが(笑)

イエローを2~3回吹いてみてやや薄いかな程度でやめておく。
その後、大まかな部品を仮止めして全体の色を合わせていく。
フレーム/サイドプレートとシリンダー/ヨークとかだ。
全体に色がそろったら軽くクリアーオレンジをかけるとやや赤みが付いてゴージャスな金色っぽくなる。
ただし、ホントに軽く吹くということを忘れるとオレンジのレスキューなテッポーが出来上がる(経験談)
クリアーイエローの塗装が完全乾燥したらシリコンオイルを全体に吹いておくと組立の際に擦れた場合など気持ちはがれにくくなる。
e0162444_22454934.jpg
今回僕は20年も使っているグンゼのコンプレッサーとハンドピースで吹いてみた。
ハンドピースで吹くほうが細かいところに塗料を乗せられるが、塗料の塗膜自体は缶スプレーの方が厚くて若干だが強度はある。
e0162444_21522912.jpg
塗料は使い慣れたグンゼだ。
やや赤みを入れたかったのでガイヤカラーの蛍光レッドを数滴たらした。
クリアーレッドでもいいのだが蛍光カラーの方が彩度が高くなって鮮やかそうな気がしたからだ。
効果のほどは不明だ(笑)

こんな感じで今回のスターム・ルガーMk1をコンプライアンスしてみたがいかがだろうか?・・・って、まるで模型誌のようなレポになってしまったぜ(笑)



ヤフオクに”WA コルト ゴールドカップ ナショナルマッチ”を出品しました。

 



by 1944-6-6 | 2017-04-12 23:30 | 絶 版  C M C | Comments(2)

CMC Smith & Wesson .44MAGNUM / Model29 のレストア

e0162444_22382565.jpg

44マグナム好きオヤジー達には今でも根強い人気なのがCMC往年の名作”S&W M29"だ(のっけから言い切るなぁ)

しかし、かなりの確率でハンマーピンが折れてしまうことがある。
古くからのオーナーにとっては全く持って心の折れる事態なのである(笑)

理由はいろいろな要因が考えられるが当時の発火優先のモデルガンはハンマースプリングがかなり強い・・・それを亜鉛合金のハンマーピンで受け止めている。
そしてハンマーが倒れてフレームに当たった時の衝撃がハンマーピンにかかる。
その繰り返しで折れるのだろうと推察する。
勿論、ピンの太さや形状も関係しているとは思うが、ハンマー自体の質量も大きなファクターのように感じる。
e0162444_22203057.jpg
このCMC M29はかろうじてハンマーピンの破損はないが、それだけに今のうちにケアをしておこう。
そこで元のハンマーピンのセンターにフレームを貫通しないように気を付けながらギリギリまで2.5㎜φの穴を開けていき、鉄ピンを打ち込むこととした。
e0162444_22203251.jpg
2.5㎜の鉄ピンをジャンクボックスから見つけたのでこれを使用する・・・なんのピンかは不明だが(笑)
e0162444_22203204.jpg
長めなので丁度いい。
約12.5㎜程打ち込んで余った部分はカットする。
e0162444_22203320.jpg
ヤスリで切り口を成形すれば完成だ。
e0162444_22203393.jpg
勿の論だがフレーム表面にはピンが出てこないように気を付けている。

これでもう折れることはないだろうと思うのでバシバシッとカラ撃ちが出来る・・・けど、やらないけどね(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-31 23:00 | 絶 版  C M C | Comments(6)

ごめんな・・・Jon!

e0162444_22400009.jpg
「なんとかいけるだろう・・・」と思い始めてみた "CMC Jon再現計画" だったが・・・
マグナポートの寸法を出しいろいろやってみたのだが、どうやっても綺麗に仕上げるのが難しい・・・
やっぱりスキッとしたスリットが欲しいのだ。
e0162444_22400087.jpg
場所と形状はこんな感じだが・・・
左右でそれを合わせてキッチリ見せるのは、フライス盤でもなけりゃどうしても不満が残りそうだ。

マグナポートなしの Jon じゃカッコつかないってことで・・・いい手立てが思いつくまで暫しお休みだ。

So long・・・Jon

追加写真
e0162444_23351997.jpg
実際のスペルはMag-na-portだったんだ。
それにしてもカッコイイマズルだなぁ! 痺れたぜぇ!


by 1944-6-6 | 2017-03-05 23:00 | 絶 版  C M C | Comments(5)

S&W M29 .44 Magnum by CMC

e0162444_19252042.jpg
飽きもせずCMCのM29を整備している。

コンデションはまぁまぁだが作動はしっかりしている。
しっかり手入れをしてあるようだ。
中古のモデルガンではこんな時に前オーナーのスキルや愛情を感じるものだ。
オモチャとは言え”モノ”を大切にすることは大事である。
e0162444_19252022.jpg
中古の傷アリだがハンマーピンはしっかりとしている・・・が、しかし明日にはどうなるか知れないのだ。
先手を打ってハンマーピンの中に2.5㎜の鉄棒を叩きこんでおいた。
ハンマーピン破損の防止には多少効果があるものと思われる。
e0162444_19251953.jpg
それと Jon を弄っている時から気になっているのがスィリンダー前面の穴だ。
CMCのものは直径約10㎜の穴が表現されているが、.44口径なら約11㎜は必要だ。
10㎜では40口径にしかならず・・・つまり見た目が非常にショボイのである。
e0162444_22592340.jpg
これが実物の.44マグナムのスィリンダー・スペックだ。
これによると前面に開いているアナは10.986㎜(.4325in)となっている。

そこでカウンターボア製作で培った技(?)を駆使して見た目をよくしてみた。
左側が改良版で右がCMCオリジナル。

おぉ~! フォーティフォーだ!

前から見た印象が全く異なる。

勿論、スィリンダー・インサートには全く手を付けていないのでご心配はいらない。(写真では判りやすいように黒染めしたが完成の暁には着色する予定である)



by 1944-6-6 | 2017-03-04 21:30 | 絶 版  C M C | Comments(6)

今日の "Jon"

e0162444_23512003.jpg
今日はケイズのOFF会でブログの更新が遅れてしまった。
楽しみにしていただいてる皆様には誠に恐縮でござる、ご勘弁のほどを・・・

ちゅーことで今日の”Jon"の姿でもお伝えしよう。
e0162444_23512105.jpg
なんと Jon にも実物ダミーカート(弾頭無しのケースのみ)が装填できる身体になっていた。
さすがにぶっといカートだと迫力が違う!

やったね! Jon!

チャンバーはコクサイより数段削り易かったうえにボア・リセスの加工もコツがわかったのでだいぶ緊張感が軽減していた。

でもやっぱ、出来たのを見るとホッとするね(笑)
e0162444_23512144.jpg
勿の論だがシリンダーインサートには一切の加工はされていない。
ゆえに弾頭付きのカートは装填不可だ。

本体の方もハンマーピンを鉄製の補強部品に変更したので、もう折れることは絶対に無い!
また、僕らしいS&Wへのこだわりも盛り込まれて今後に期待だ・・・って、ほんときゃよ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-02-25 23:50 | 絶 版  C M C | Comments(4)

今日の "Jon"

e0162444_18253102.jpg
なんかそこそこの反応があった ベイシティの "Jon"
ちょっと気をよくして面出してパーツの段差を修正してみたわけじゃん。
サイドプレートのS&Wモノグラムがイイ感じで見えてきたじゃん。
(注:じゃんはハマッコなまりである)
e0162444_18253272.jpg
反対側は手付かずなのだ(笑)
最終的には金色(シャンパンゴールドがイイな)塗装仕上げにして販売予定だ。
ただ・・・実際のセンチネルアームス製はKフレームのラウンドバットグリップとのことだが。
裏返しのMA-1を着たオッサンのはどんなグリップなのだろうか?
はたして今でも手に入るのだろうか?

う~ん

しかしまぁ、それよりマグナポートをどうするかが大きな問題じゃん。



by 1944-6-6 | 2017-02-16 22:00 | 絶 版  C M C | Comments(4)

今日の試作 "John"

e0162444_18401103.jpg
英語圏では"ジョン"という名前、フランス語圏では"ジャン" ドイツ語圏では"ヨハン" ロシア語圏では"イワン"と表される。
元々は使徒"ヨハネ"を表す名前なのだ。
(使徒といってもエヴァの敵ではないゾ)
e0162444_18395173.jpg
そんな聖なる名前だが僕にとっては敬愛するジョン・M・ブローニング大先生やジョン・C・ガーランド先生しか思いつかない・・・
しかし世の中にはMA-1を裏返しに着たオッサンが使っていた44マグナムだ・・・などということしか知らないフトドキな輩がいるのだ。

ウキィーーー! イカーーーン!!

こうなりゃあ、そんな輩を惑わせてやるぅーーー!
と、こんなのもんを試作してみた。
e0162444_18395016.jpg
お笑いなことに左側のマグナ・ポートはマジックで書いたものであった(笑)
こちら側にはまだ無いのだ。
いずれは両側とも彫り込む予定なのでイメージを作っているところである。
e0162444_18394936.jpg
銃口にはゴムの蓋が・・・(笑)

正直言って僕は「ベイシティコップ」ってドラマは当時数回ほど見ただけ。
したがってジョンのイメージはWebで見た画像だけなのだ。
実際はM629でパックマイヤーのラバーグリップのようだが・・・

そんなこんなでマニアの方からは叱責を受けそうだが、今回のものはまだまだ試作なのでお許しいただくとともに今後の参考意見などを頂ければ幸いである。




by 1944-6-6 | 2017-02-12 21:00 | 絶 版  C M C | Comments(6)

古い時代の "ダミーカート"

e0162444_22120335.jpg
このCMC製のダミーカートは僕が小学生の頃からある。
当時から疑問なのが・・・どうして先っぽがこんなに細くなっているのかだ。
これではボトル・ネックじゃねぇか!
実を言うとこの歳まで永年の疑問なのだ。

ある時などはこれは44-40のダミーカートなのだから先細なのだ・・・と自分なりに解決していた。
e0162444_22120386.jpg
しかしヘッドスタンプをよーく見ると・・・

ガーン! COLT45とあった!

45口径だったのだ。
それならば先細にはならないはずだ!
またもや迷宮に戻ってしまったようだ。
e0162444_22120161.jpg
きっと当時はあんまりカートの資料がなかったんだろう・・・か?
う~ん、これはちょっと無理のある解決案だ。

しかし・・・これはこれでどこかカッコイイ!
e0162444_22120245.jpg
作りも結構しっかりしている。
当時はこれをガンベルトのズラッと装着したかった。
勿論、中坊の僕には金銭的に無理だったのだが・・・
もしかして今ダミーカートに目が無いのはこれがトラウマなのもしれない(笑)

しかし実物のダミーカートを持っている今でもなんか気になる "ダミーカート" であることは間違いないようだ。



by 1944-6-6 | 2016-11-23 23:00 | 絶 版  C M C | Comments(4)