人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:絶 版  M G C( 58 )

CAMBAT COMMANDER by MGC

e0162444_18413195.jpg
ついでなんでMGCのコマンダーも写真を撮っておこう。

昔はあまり好きではなかったコマンダーが好きになったのは雑誌でラブレスのカスタムコマンダーを見てからだ。
ミリタリーのガバとは異なった45オートにぶっ飛んでしまったのだ。
それ以来、大のお気に入りである。
e0162444_18413131.jpg
長くても短くてもコルトの45オートはイイ!
38スーパーも大好物だ。

でもコルト社以外いわゆるコピー/クローンなんてのは僕の世界ではいらない・・・絶対に認めないのだ。

そうなると・・・ロッケンもダメなのだろうか?・・・悩むところだ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-02-04 19:00 | 絶 版  M G C | Comments(2)

ボブちゃん スペシャル

e0162444_17222732.jpg
僕自身は非常に折り目正しい生真面目な性格・・・だと思っている。
そんな僕にとってエッジの無いテッポーは理解もできないし認められないのだ。
その最たるものがかつてイチロー・ナガタ氏が紹介したあの忌々しいボブ・チャウ・スペシャルである。

友人には僕がいきなり「ボブ・チャウ・スペシャルはカッコイイ!」とか「好きだ!」などと言ったら、もうそれは僕ではなく中身をくり抜かれて宇宙人が入っているはずだから殺してくれと頼んである。
たぶんその時は背中にジッパーがあるはずだ(笑)
e0162444_17222736.jpg
そんなボブちゃんスペシャルの仕上げ直しの御依頼を頂いた。
故MGCのもののようだが・・・もうヌルヌルだ!

ウェ! キモイ!

おまけにこのカスタムは仕上げが信じられないくらい悪い!
金ヤスリの後がガリガリだ。

取りあえず表面をサンディングして角部分のブレンディングをしてみた。
う~ん、なかなかグラマラスでセクシーになってきたぞ!

なんてこと思ったら・・・や・やばいじゃん(笑)



by 1944-6-6 | 2018-01-21 19:30 | 絶 版  M G C | Comments(10)

MGC Heavy Duty Magnum Cal.41 "ハイパト"

e0162444_14550502.jpg
MGCのハイパトはイイ!
無条件にイイ!
僕のS&Wの原点と言ってイイ!
e0162444_14550628.jpg
どことなくチェッカリングの眠い感じがMGCオリジナルの木グリなんだが・・・MGCハイパトにはピッタリ!
実物のS&W製なんかを付けたらかえって野暮・・・って、気すらするのは頭がおかしいのだろうか(笑)
e0162444_14562080.jpg
検証してみると後期タイプの製品らしい。
個人的にはEリング止めしたエジェクターロッドはいただけない!
僕が当時持っていたのはこのタイプではなかったので特にそう思ってしまう。
e0162444_14550631.jpg
飾り弾は当時MGCがガンベルトのカートリッジループ取付用に販売していたものだ。
初期ピーメのソリッド・タイプ・カートに鉛の弾頭を接着したものだが・・・よく取れてしまって困った思いがある。
ハイパトも発売当初はピーメと共用のこのカートだった。
そのうち可動式に変わってしまったが・・・それではピカ・カートが作れなかったのである(笑)
e0162444_14562885.jpg
この木グリにはMGCハイパト専用のグリップアダプターを付ける為に加工されている。
e0162444_14550559.jpg
ハイパトを見ると「太陽にほえろ」を思い出す。
Gパン刑事(何とも言えないネーミングだが・・・カッコいい!)が使っていたのはハイパト改造のミリポリだった。
22口径とかで細い銃身が印象的なプロップだったが・・・Kフレームのモデルガンが出る前の苦肉の策だったのだろう。

当時は完全にNGだったが・・・ジジイになった僕としては真面目に作ってみようかなと思っているのだ。



by 1944-6-6 | 2017-11-19 18:30 | 絶 版  M G C | Comments(16)

COLT XM-177E2 by MGC

e0162444_23103613.jpg
家にあったXM-177E2に色を塗ってみた。
それ以外にもアチコチそれらしく手を入れたのだが・・・今はもっと良く出来たエアガンがあるのだ。

まぁそこそこイイ感じになったので良しとしよう。
e0162444_23132308.jpg
今回のものは旧MGCのABSプラ製だが、最近出ているタニコバのM4系との部品交換は可能なのだろうか?
タニコバのはセンターファイアらしいので調子がイイ、しかし形状的にはM4系よりM16系が好きなのだ。

ということでボルトだけでもコンバートできれば楽しいだろうなぁ・・・と、妄想したわけである。
でも・・・タニコバのM4は非常に高価なのでまず購入できない!
ちゅーことで試すことはないだろうなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-09-29 23:30 | 絶 版  M G C | Comments(2)

MGC コルト コマンダー の新旧比較

e0162444_21013516.jpg
GM1(下)とGM5(上)
金属製GM1コマンダーの刻印は口径9㎜となっているが、これの発売時点ではすべて45口径だったはずだ。
何故9㎜としたのだろうか・・・まさか作るつもりだったのだろうか?
e0162444_21013400.jpg
MGCはコマンダーが好きなようで3回は作っている。
初代はヒューブレイ改造で販売禁止にまでなった伝説のコマンダーだが僕自身は見たことがない。
写真は2代目(金属製)と3代目(HW樹脂製)だ。



by 1944-6-6 | 2017-07-24 22:00 | 絶 版  M G C | Comments(0)

MGCの紙もの資料

e0162444_17595748.jpg
ちょっと探し物をしていて・・・久しく見なかった全く関係ない雑誌等を手に取ってつい読みふけってしまう。
なあんてことが皆さんも良くあるのではないだろうか?

本日の僕がそのパターンで、ついMGCのビジュエールに没頭してしまった(笑)
e0162444_17595837.jpg
特に1967年6月10日発行の”007”スパイ特集号は楽しい!
その記事中の時代感がたまらないのである。

しかし僕が小学校低学年の頃に”こんなもの”を出していたMGCには改めて感心する。
一体、この情熱はなんだったのだろう?
リアルタイムで読んでいたらどう感じていたのだろう?
どんな大人になったんだろう?
幾つものつまらない疑問が湧いてくる。

こういった資料が閲覧できるライブラリーがあったら・・・ジジイ達にはメイドの土産になるんだろうね(笑)




by 1944-6-6 | 2017-07-08 21:00 | 絶 版  M G C | Comments(6)

Heckler & Koch P7M13 by MGC

e0162444_16483664.jpg

1970年代の後半にGun誌に敬愛するターク高野氏がレポートしたHkのP7は僕の感性に鋭く突き刺さった。
そのレポートを基にプラか木で製作しようと図面を引いた記憶がある・・・そのくらいカッコよく見えたのだ。
e0162444_16483544.jpg
そうこうしている1990年代初頭にMGCからP7M13がガスガンで発売された。
M13はダブルカラアムのマガジンで非常にぶっといグリップになってしまった。
結局スリムなP7に憧れながらMGCのP7M13は買えずに10年近く経っていた・・・
しかしP7は一向にリリースされる気配はなかったのだ。
e0162444_16483523.jpg
まぁ、そんなこんなでヤフオクでMGCのP7M13をやっと手に入れた時には・・・わかっていたがあまりのデブさに閉口してしまった。
手の小さい僕にはしっかりとトリガーに指をかけられない!スクイズコッカーが非常に邪魔、マガジンキャッチが中指付け根に当たって痛いetc・・・
なんか楽しくないオモチャだった。

一昨年にグアムで憧れのP7を撃つ。
なんか変な感じのテッポーだったが、これで想いが昇華したのである。
それ以来、MGCのP7M13も僕的には好きになってきた。

しかし・・・何度見てもこのP7M13のマガジンのプレス加工は秀逸だ。
それだけにモデルガンではないことが悔やまれてならないのは僕だけだろうか・・・

と、言っても当のMGCはもうないのだ。



by 1944-6-6 | 2017-05-06 23:30 | 絶 版  M G C | Comments(10)

MGC Walter P.38 パンフレット 

e0162444_20245621.jpg
発売当初のMGC Walter P.38のパンフレットだ。
なんかいいセンスである。
e0162444_20245726.jpg
裏の能書きを読むと
「~日本人向きP 38なんて原寸を小さくしてつくったとしたらふき出しものでそれは実物を知らないでつくった悲劇とでも云うしかないと思う。」
・・・などと、いけしゃあしゃあと書かれている。

何ともはやいい時代であった・・・メーカーにもユーザーにも(笑)



by 1944-6-6 | 2017-04-29 21:00 | 絶 版  M G C | Comments(2)

MGC ADDED ADVANTAGE CARD(AAカード)

e0162444_17554898.jpg
"カード社会"という言葉を初めて聞いてから久しいが・・・僕もこんな希少なカードを持っていた!
MGCのAAカードである。

ぜんぜん持っていた記憶すらなかったが、使ったことはあるのだろうか?
・・・う~ん?
かろうじてMGC渋谷店で作ったような気がしてきたが・・・
e0162444_17554823.jpg
0927と読める記載があるが・・・1992年7月を表すのだろうか?・・・だとすればMGCのかなり末期だ。

ところでこのカードは”NEW MGC福岡店”では使えないんだろうなぁ・・・って、とっくに有効期限切れだっつーの(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-17 21:00 | 絶 版  M G C | Comments(0)

モデルガン ターヘル・アナトミア 07 (MGC Winchester M1897 Shootgun )

e0162444_20562356.jpg
僕が高校生の時にMGCがRemington M/31-RSを発売した。
早速、富裕層の友人が購入(母親を並ばせて)したのだが、その出来はどこかオモチャっぽくてガッカリした思い出がある。

その第二弾がこのWinchester M1897だった。
レミントンM870にあこがれていた僕にはそのレトロな魅力が伝わってこなかったのだが、実際に手にしてみると何処か”本物”の匂いがしたのだ。

今でもこのモデルガンを手にするとそんな気持ちが蘇ってくる。
あれから40年もたっているのに・・・だ(笑)
e0162444_20562390.jpg
メンテを兼ねてバラしてみた。
多少作動による部品の変形はあったものの、基本的には亜鉛はしっかりとしている。
未発火ではないが錆や亜鉛の崩壊も見られない。
ただ、フレームなどの表面がだいぶ浮いていてなんか汚らしい感じだ。
e0162444_22020451.jpg
フレーム左側にあるネジ(実物ではエジェクター スプリング スクリュー)はダミーなので絶対に回してはいけない!
MGCは時としてこのようなトラップを用意してマニアを試していたのだ(笑)
e0162444_22020479.jpg
なんかそれらしいバレル上の刻印だが、よく見るとセイフティ ディバイス ショットガンとある。
かなり安全性に気を使っていたことが伺える刻印だ。
確かにMGCのショットガン・シリーズはチャンバーを持っておらず安全性をうたっていた。

全面的に磨けば素晴らしいウィンチェスターになりそうだ。
しかし長物はその大きさゆえに、僕のようなダメ野郎は途中で飽きてしまう可能性が高いのだ。

う~ん!

ちゅーことで・・・取りあえず今日は止めておこう(笑)



by 1944-6-6 | 2017-02-04 22:30 | 絶 版  M G C | Comments(4)