人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:軍  装( 20 )

M16A1 と コニーちゃん

e0162444_19204553.jpg
今やマンガというと日本のお家芸の様な風潮があるが・・・
もともと、アメリカちゅー国ははるか昔よりマンガ文化が花開いているといえる。
一国の正式採用ライフルのマニュアルにマンガ(しかもオネーチャン!)を使っているのだ!

オネーチャンの名前は "コニーちゃん"
大戦中のマニュアルから登場しているのである。
範囲は武器から車両まで凌駕するスーパーなおネーチャンなのだ(笑)
e0162444_19204566.jpg
このマニュアルは以前に雑誌の付録に付いていたモノだが非常に良く出来ている。
オリジナルも家の何処かにあるはずだが、暫く見たことがないので探しても無駄だろう。

このコピー版は以前見たものと若干異なっているかも知れない。
なんかうろ覚えなのだがファイアリング ピンリテイニング ピンについてコニーちゃんがなんかしつこく言っていたような記憶があるからだ。
もしかしたら、改正版なのかもしれない。
e0162444_19204440.jpg
ホビーフィックスのM16A1のボルトでマニュアルを再現する。
こんなフェチな遊びが楽しいのだ(暗!)

ファイアリング ピンの形状については我慢すべし!
因みにファイアリング ピンリテイニング ピンは以前作った自作品である。
おバカな拘りだ・・・が、イイ感じだ(笑)
e0162444_19204455.jpg
ほぼ実物どおりのボルト ヘッド。
実物ではピストン リングが3枚入っている。
レシプロ エンジンのそれと全く同じだ。
e0162444_19334457.jpg
マガジンは・・・"マギーちゃん" だったのね!!

う~ん、このセンス!
悲しいかな、こりゃ戦争で勝てるわけねぇ・・・な。



by 1944-6-6 | 2016-11-18 21:30 | 軍  装 | Comments(4)

RPG-26

e0162444_22455056.jpg
本日はケイズ2周年を祝して呑み会をやっている(ing(笑))。
呑みネタにRPG-26を持参した輩がおったので早速にレポしよう。
e0162444_22454837.jpg

e0162444_22454676.jpg

e0162444_22454732.jpg

e0162444_22454804.jpg

e0162444_22454975.jpg




by 1944-6-6 | 2016-10-29 23:00 | 軍  装 | Comments(0)

九八式三十七粍 戦車砲眼鏡

e0162444_21081628.jpg
たまには毛色の変わったレポをお届けしよう。
旧日本軍の九五式軽戦車に搭載の九八式三十七粍戦車砲用の照準眼鏡だ。
e0162444_21075518.jpg
これが旧軍の九五式軽戦車だ。
これはTVドラマ「ザ・パシフィック」用の実物大プロップとして製作され、今は日本で保存されている車両(?)である。
日本に来てからいろいろなプロフェッショナルが絡んでディテールアップされたとのことだ。
この写真はちょっと前のワンフェスで展示されていた写真だ。
e0162444_21080817.jpg
こんな感じで収納されている。いかにも古めかしい収納方法だ。
コレクションのスピットファイア―用Mk-1電影照準器も同じような収納になっている。
e0162444_21075588.jpg
取り出すとこんな感じである。
眼鏡本体の長さは350㎜、太さは最大部分(マウント取付部)で約40㎜、重量は1,375gほどだ。
e0162444_21081323.jpg
接眼部はゴムに布(虫食跡からシルクか)が貼られている。
かなりの時間が経過していると思われるがゴム/布のコンディションは素晴らしい。
e0162444_21081398.jpg
対物側は何ともチンコイ!
対物/接眼レンズ共に傷もなく綺麗だが、カラーコーティングなどはされていない。
e0162444_21080846.jpg
接眼部に取り付けるフィルターが2種類付いている。
曇天時などにコントラストを変えて見やすくする射撃用のシューティング・グラスに同じ様な色合いがある。
e0162444_21080880.jpg
このように取り付けるようだ。
室内では暗くなるだけで効果のほどは判らない。
何となくターミネーターになったようだ(笑)
e0162444_21080859.jpg
この部分を砲のマウントに取り付けるのだろう。
位置決めの凸部が上部にくる。
e0162444_21075519.jpg
刻印はNIKKO(日本光器)。
倍率は2倍で画角が20度ということだろうか?
接眼レンズは見かけ18㎜くらいだ。
e0162444_21075593.jpg
レティクルはこんな感じでエレベーションが0~2000mまである。
しかしまぁ簡素なレティクルだ。
e0162444_21081645.jpg
判りやすいもので大きさを比較してみた。
そこそこデカい気もするがタイガー戦車などの照準眼鏡はこれの何倍もあるのだ。



by 1944-6-6 | 2016-10-09 22:30 | 軍  装 | Comments(2)

トンプソン 50連 ドラム マガジン パウチ

e0162444_20092706.jpg
当時の写真ではあまり見かけない50連ドラムマガジンパウチだ。

随分前に購入したのだが結構高かった。
実物は今でもそこそこの価格のようだが、今は良くできたリプロがあり遊ぶにはリプロのほうが安心なのだ。
若干 U.S. の文字が白々しいくらいに鮮明なのだが・・・

また、実物にはブリティッシュ・メイドと称されるものが有る。
その名の通り英国製だが布地が英軍のパウチ類と同じく米軍に比べるとコットンウェッブの目が粗いものを使用している。
e0162444_20092709.jpg
何の変化球も無いパウチだが心なしか縫合が丁寧な感じだ。
e0162444_20092736.jpg
メーカーはRUSCO製で年号のスタンプは何処にも見当たらない。多分、大戦初期のものと思われる。
e0162444_19584495.jpg
こんな感じで50連ドラムが可愛く収まる。
ちょっとしたポシェット代りにも使えそうだ。
e0162444_19584413.jpg
調整用のバックルが左右にある。
ブリティッシュ・メイドはこの金具がお得意の英軍タイプで色も金色だ。
e0162444_20092769.jpg
裏にはガッチリしたベルト通しがある。
フル装填された2.5㎏もあるドラムの携行にはこのくらいのものでないと千切れっちゃうってことだ。
e0162444_19584376.jpg
50連ドラムの比較。
今回はDenixを仲間に入れてみた。
e0162444_19584332.jpg
デニのは中空構造のZinc製で全くのダミーだが良くできている。
パッと見はMGCのと区別がつきにくい。
e0162444_19584337.jpg
実際に無可動のトンプソンにも装着できるのが凄い・・・ことかも(笑)



by 1944-6-6 | 2016-09-01 21:30 | 軍  装 | Comments(2)

このカモフラージュ パターンは・・・

e0162444_19335682.jpg
大きなお友達が大好きな、このカモフラージュ パターンは・・・

もう見ただけでピピィーンときちゃうこの迷彩っていえば、もうあのお方なんである。
7/23日が御命日とのことで探していたのだが・・・
今頃やっと見つかった。

享年53歳・・・今の僕よりも若かったのだ。

e0162444_19335667.jpg
「なんスカ、このメットは?」なんて人は今回スルーされることをお勧めする。

何故、氏はマリンコのパラシュート・クロスをなぜヘルメット カバーに使っていたのか・・・
いろいろ理由はあるような気がするが・・・やっぱカッコイイからでイイと思うのである。
"鉄の男" の破れかかったヘルメット ネットも同じなのだ。
e0162444_19335598.jpg
となればトンプソンSMGが欲しくなる。それもM1やM1A1じゃダメだ! M1928A1でなくてはならないのだ。
(個人的にはあの発射サイクルはM1921と信じているんだよね・・・)
e0162444_19335547.jpg
個人的にはモノクロームのほうが "らしく" て好きなのだ。



by 1944-6-6 | 2016-08-07 22:00 | 軍  装 | Comments(11)

Fragmentation type anti-personnel hand grenade Mk-2

e0162444_16052574.jpg
前回サンダース軍曹が胸に下げていたMk2破片式対人手榴弾のレポをしてみる。
e0162444_16052623.jpg
右側が初期型で左が後期のヒューズ。
ヒューズ・レバーの前部の止め方が異なる。
初期型はMk1手榴弾から同型の止め方をしていた。
ご存知のようにMk1は失敗作ということになっているが、フォルム的にはMk2に継承されている。

後期のモノはその後のM26やM67の手榴弾も同じ形状だ。
ヒューズ・レバー自体の形状はMk2/M26/M67では各々異なっている。
サープラス品ではMk2にM67のヒューズ・レバーの付いているものが多く、その中でもブルーに塗られているものはプラクティス(訓練用)のカラーサインである。
e0162444_16052614.jpg
下部の本体部分はリプロ品なのか下側に穴が開いている。
ただし、訓練用で中に爆竹のような音だけ出すものがあるようなので、そういったものなのかもしれない。

黄色のラインはTNT爆薬を使用しているサインだ。
爆弾などにも1本もしくは2本のラインが入っているが、1本はTNTで、2本なら2種混合爆薬といった充填された爆薬の種類を表している。



by 1944-6-6 | 2016-05-08 22:30 | 軍  装 | Comments(4)

U.S. Army M3A1 Diaphragm Gas Mask

e0162444_16452346.jpg
大戦中に米軍が使用していたM3A1ガスマスクだ。
一般的なM3ライトウエイト ガスマスクの改良型でDiaphragmと呼ばれているタイプである。

Diaphragmとは辞書を引くと隔膜と出てくる。
???
一説では装着時に会話ができるタイプとか。

確かに口の部分の内側に透明のフィルムがあるのでそうなのかもしれないが・・・未確認だ。
e0162444_16432938.jpg
キャリングバッグ共に未使用品であるがゴム・ホース部に劣化が見られている。
e0162444_16452378.jpg
いかにも兵隊って感じだ。
バッグ内は結構大型の吸収缶がストラップ止めされていて容易には外れない。
この頃は現在のように、面体に取り付けられるほどコンパクト化されていなかったようだ。
e0162444_16432969.jpg
口の内側部分
フィルムが貼ってあるのがDiaphragm(隔膜)なのだろうか?

以前にこのガスマスクではないが、米軍のM17A1(ベトナム時に使用)をシンナー臭充満する模型塗装後の部屋で装着したことがある。
当たり前だがシンナーの匂いは一切しなくて効果のほどにやや感激した。
生き物の生命を絶つほどのガスとシンナーの臭いを比較するとはなんともオマヌーな話だ。

実際の毒ガスで実験したいけど、おいそれと手に入らないし効果が無かったらレポできなくなるからね(笑)



by 1944-6-6 | 2016-05-02 22:00 | 軍  装 | Comments(9)

米軍 ライフル スリング

e0162444_22131619.jpg
米軍のライフル用コットンスリングである。
大戦中からベトナム戦頃までのモノだ。

大戦のM1スリングはどれも1944年製だが茶系のカーキ色と、ややグリーンの入ったライトODがある。

M14用のコットン(ウエッブ)スリングは大戦中のモノとほぼ同系だが生地が若干厚く目が粗い、その為バックルの形状が変わっている。
どちらも1965年製でグリーンが強い色調だ。

M16用は車のシートベルトのような質感のナイロン製で、最初は硬い感じだが使用していると写真のモノのようにテロテロになってしまう。
色は当初はグリーン系と茶系が確認できる。


基本的にはどれも同じ構造なのである。



by 1944-6-6 | 2016-03-10 22:30 | 軍  装 | Comments(9)

M16用 マガジンパウチ 空軍タイプ?!

e0162444_23324941.jpg
本日はT氏がケイズを訪れてくれた。
なんとお土産までもってだ!

嬉しいのぉ!

それも僕の持っていないタイプのマガジンパウチだった!
空軍やMPが使用していたものだ。
e0162444_23324943.jpg
コーティングされたコットンのようで薄くて非常に使いやすそうだ。
ステンシルやスタンプの類は一切ない。
ただ、20連ということとコットン材というから1960年代と見て取れる。
e0162444_23324978.jpg
久しぶりに持っていなかった軍装・・・それも武器関係はなんかワクワクして楽しい!

T様、有難うございました!



by 1944-6-6 | 2016-03-05 23:50 | 軍  装 | Comments(0)

U.S. AIRBORN THOMPSON AMMUNITION BAG WW2

e0162444_22042292.jpg
大戦中の米空挺隊が使用していたトンプソンのマガジン・バッグだ。
実際はアムニション・バッグという名称でマガジン以外にもハンドグレネードや爆薬などの携行にも使用されるものだ。
幾つかのタイプがあり、裁断の違いや内部に仕切りのあるものやブリティッシュ・メイドがある。
(イギリスのメイドさんじゃないので注意!(笑))

米軍装としては比較的レアもので、以前はなかなか手に入りにくいアイテムだったと記憶している。
今では出来の良い廉価のリプロ品があるのでリエナクターなどには好都合だ。
e0162444_22042373.jpg
特にこれといったものではないが、そこがイイのである。
e0162444_22042251.jpg
H.ST Co.社製の1942年製造品。
74年前のモノとは思えないが・・・信じよう。
e0162444_22042297.jpg
結局、なんでも持ち運べるキャリアー・バッグなのである。
e0162444_22042362.jpg
めいっぱい入れるとトンプソンの20連マガジンで9本入る。
勿論30連マガジンでも同様だ。
資料だと5~6本となっている。

きっとこれは30連マガジンをフル・ロードすると1本約890g(20連で590g)あるので、9本だと8㎏を超えるからではないだろうか。
まぁ、5本でも4㎏以上はあるが・・・
M1トンプソンが約5㎏なので・・・俺だったら敵に遭遇前に確実に死ぬな。
e0162444_22051079.jpg
30連マガジンだと若干飛び出るが、何とか蓋は閉められる。
M3グリース・ガンの30連はもっと長いので蓋は閉められないだろう。
なのでハドソンやMGCの30連も無理なはずだ(笑)
e0162444_22042772.jpg
個人的に型崩れ防止に紙箱を入れている。
タミヤの塗料の箱がピッタリなのは面白い。

これのおかげで購入から30年経つがしっかりと四角い形状を保っているのである。
緑青の出たファスナー部分には掃除が必要なようだが・・・(笑)


by 1944-6-6 | 2016-03-04 23:00 | 軍  装 | Comments(7)