人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 11月 26日 ( 1 )

留之助ブラスター2049 in Progress(進行中)

e0162444_16033627.jpg
ハリー・キャラハン刑事がホットドッグを食いながらジャフィーに警察への電話を頼むシーン。
「in progress(進行中)・・・」を強調する。

正に留ブラ・プロジェクトもProgressだ。
取りあえず東京コミコン用の5挺は納品できたが・・・あと35挺あるのであった。
ちょっとここで作業の途中写真や加工跡の再現など御覧くだされ。
e0162444_16033026.jpg
HWのブルドックのフレームは留ブラの証拠たる(笑)の押出ピンを削る。
e0162444_16033174.jpg
バレルも機械加工切削痕を再現する。
特に銃口部はダレないように気を付ける。
このあたりが「鉄砲好き」の血が騒ぐところだ。
合わせてネジ穴をザグッておくと綺麗だ。
e0162444_16033988.jpg
加工待ちのフレームたち・・・
上記の加工以外にもいろいろ ”らしさ” を表現しているのだ。
e0162444_16033149.jpg
エジェクション・ポートから覗くボルトはギラっとさせたい。
上側4本が製品版で、下の6本が加工済のもの。
押出ピンも削っている。
e0162444_16033715.jpg
ボルトエンドはショットブラストを残しつつ研磨する。
e0162444_16032915.jpg
シリンダーは旋盤に取り付けられるように冶具を作った。
シリンダー外周部に切削痕を付けたい為だ。
これに伴いシリンダー前後にも加工を入れた。
e0162444_16033884.jpg
シリンダー前面に見える切削痕がイイんだよね!
辛子レンコンのようだ(笑)
e0162444_16033899.jpg
グリップフレームにもささやかな加工が多い。
e0162444_16033962.jpg
カブトムシの大群のようだがシリンダーカバーだ。
e0162444_16084318.jpg
この白コードを取り付けるために左側のカバーには2×3㎜のスリットを入れる。
このコードを入れるとすごくイイ感じ(プロップっぽさ)が出るので楽しい。
e0162444_16084337.jpg
このヒネッた感じが”らしく”ていいのだ!
e0162444_16084200.jpg
ケイズとしてはダミーカートもおろそかにできない!
プライマー部に墨入れをして単調さをなくす。
しかし、デッカードもレミントンを使っていたんだ(笑)

今回のブラスターはデッカードがしっかり手入れしながら30年以上も使っている ”ツール” ・・・みたいなドラマを個人的に妄想しながら仕上げてみた。
古くなっても直ぐに使えるように・・・ ”錆” なんか有ったらイカンのだ。






by 1944-6-6 | 2017-11-26 17:00 | 留之助ブラスター | Comments(10)