人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 08月 08日 ( 1 )

また意味のないことをやってみた・・・CAW M1911A1

e0162444_19211941.jpg
CAWのM1911A1はサイズ的には非常に良く出来たモデルガンであるのだが・・・
e0162444_19212427.jpg
しかし、どういうわけかスライド先端のバレルブッシング固定用にリセスから先がぶっ飛ぶのだ。
僕のところにはこうなってしまった哀れなスライドが2本もあり、そのうち何かに使えるかと取って置いた。
先日それを手に取ってみていたら、これまたクダラナイ事を考えてしまった。

「これでコマンダーを造ったら面白いきゃも!」
e0162444_19211154.jpg
ちゅーことで早速やってみる。

まず、スライド先端を20㎜ほどカット。
そして切り取ったものからダストカバー部分を10㎜程切り取りスライド本体に接着する。
e0162444_19211051.jpg
こんな感じで接着するのだ。
ブローバックをさせるつもりはないので強度的な不安はない。
e0162444_19211983.jpg
完全に接着出来たら面一に整形していく。
スライド先端もリューター等で整形し、内側にバレルブッシングのリセスをリューターで再生している。
e0162444_19211225.jpg
バレルはCAWのものは使えない。
鉄の塊が入っているからだ。
他に良いものが無かったのでHFのものをカットしたものを付けている。
e0162444_19211981.jpg
ハンマーは以前にケイズでも販売したロストワックス製を利用している。
これは無調整で取付けが可能だった。
e0162444_19211134.jpg
スライドの刻印は瞬間で埋めたのだがフレームの方は・・・なんだか飽きてきたのでやっていない(笑)
フロントサイトは切り取ったスライドの残骸から削り出した。
e0162444_19212043.jpg
分解用の切り欠きやスライドストップ・ノッチも位置が異なるので一旦埋めてから、若干後方に彫り直す。
フレーム後端やグリップセフティも形状変更している。
マガジンキャッチも縦スジだけだ。

スライドストップとサムセフティはどうにもならないので、エアガン用などで探してみようか。
スライド刻印もレーザーで彫ってくれるところがあるので頼んでもいいが・・・お金もかかる。
そこまでしてCAWのコマンダーを造っても自己満以下にしかならない。

・・・ということでこれにて終了だろうなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-08 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)