人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 06月 13日 ( 1 )

U.S. Machine gun Cal.30 Browning M1919A4

e0162444_19551370.jpg
無可動銃なんてものがまだ無かった頃。
どうしても欲しいテッポーは造るしかなかった。
鉄板や木、プラスティックなどを駆使して"Do it yourself"だ。
それにPCもない時代、資料たってたかが知れている。
そんな中で昭和のマニアは楽しんでいたのである!

今日の主役はそんな若かりし頃の夢の残骸、30口径のパチモンである。
e0162444_19551259.jpg
本体は5㎜のアクリル材を使用、フィードカバーやリア・サイトベースはABSを切った貼ったしている。
放熱筒は塩ビパイプである。
グリップは友人よりもらったレジン製、実物より型取ったものだ。

フィードカバーを固定しているネジ部のキャッスル・ナットが妙に気が入っているのが見てわかる(笑)
e0162444_19551298.jpg
リアサイト自体は50口径用で実物だ。
本体の中はガランドウで何も入っていない。
いずれフルオートのエアガンでも組み込もうと企んでいた。
マルイの曳光弾仕様のフルオートなんかを考えていたが、その後に無可動銃を購入してからはずっとオブジェ化していた。

サイズ的には、ほぼ原寸大であるが何分実物を見たことも無い頃のモノ。
多少の違いは今見ると逆に面白いものである(笑)



by 1944-6-6 | 2017-06-13 22:00 | 模  型 | Comments(8)