人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 05月 31日 ( 1 )

MkⅢ と MkⅤ

e0162444_19241104.jpg
Colt MkⅢシリーズ・・・というより『ローマン』と言った方がオッサン達にはわかりやすい。
僕も高校時代はMGCのローマンにずいぶんお世話になった。
おりしもTVの刑事モノなどにも多用されその人気は最高潮だった気がする。

しかし・・・当時からS&WのKフレ好きの僕にとってはどこか空虚な時代だったのも事実だ。
e0162444_19241268.jpg
確かにMGCのMkⅢシリーズはモデルガンとしては優れたものだったが、反面子供だましな面も多い。

まずサイドプレートの分割だ。
大人の理由はこの際いらない・・・とにかくカッコ悪いし本物と違う。
後年、プラスネジになった時には「死んだ・・・」と、思ったほどだ。
グリップエンドの形状も当初知らなかった小僧としては真実を知った時にゲロを吐きそうになった。
ここまでオモチャにするか・・・モデルガンって高級玩具のはずだろう!

といいつつも何挺も買ってしまったのだが・・・(笑)
e0162444_19241288.jpg
そのうちコクサイやハドソンがローマンをリリースする。
どこか『真似っこ』っぽくて購入したことがなかったが、作動的にイマイチとのうわさに「やっぱね・・・」と思った記憶がある。
パチモンは天罰が下るのである。
e0162444_19241310.jpg
今回、コクサイの金属MkⅢ ローマンをレストアしたが機能的にはなかなかイイ感じになった。
ちゃんと チチバン も出来るし実物薬莢も装填できる。
ただし、38SPの薬莢で357Magnumは入りきらないのはご愛敬なのか(笑)

実物の場合、MkⅢとMkⅤではかなり部品が共通らしい。
Gun誌のレポートではハンマー軸を変えてハンマーの起倒角を浅くしたとかだったような・・・
グリップは完全に異なる。
e0162444_19241915.jpg
KSCのMkⅤ キングコブラは精度や再現性を見る限り素晴らしいモデルガンだと信じている。
トリガーガードの形状や厚みも痺れるエロっぽいラインを持っている。
出来ればフィクスサイトのローマンも作ってほしかった。
個人的に何気ない普通のテッポーのほうが好きなのだ。
e0162444_19241966.jpg
MkⅢ/Ⅴの特徴的なカウンターボアー。

まぁ、これが好きか嫌いかは分かれるところだ・・・が、個人的にはS&Wには真似してもらいたくない仕様だ(笑)




by 1944-6-6 | 2017-05-31 22:00 | K S C | Comments(0)