人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 05月 07日 ( 1 )

TOYOTA 2000GT by Ōtaki

e0162444_22220138.jpg

僕らくらいのジジイにはトヨタ2000GTといえば憧れの頂点のような車だった。
まだ世の中が”ランボルギーニだとかフェラーリ”などスーパーカー・ブームと浮かれる前の話だ。

なんといってもそのロングノーズがカッコがイイ!
その憧れは何十年経っても決して薄らいでいない・・・が、こればかりは手に入れるのは今生では無理だろうな(笑)
e0162444_22220258.jpg

その憧れをプラモで癒す、モデルガンで癒す、風俗で癒す・・・男とはそういったものだ。
などと・・・幾つになっても冴えん話だなぁ~(笑)

僕の小学生当時、学校のそばにケロヨンで有名な木馬座があっていつもそこの敷地内のガレージに2000GTが停めてあった。
カッコヨカッタァー!
ゆえに実射実車を結構見ることは見れたのであった。(恐くて触れなかったが・・・)

因みに隣にはケロヨンの原作者で影絵作家「藤城 清治」先生のアトリエがあり散歩中のお姿をお見かけしたことがある・・・これも実に感激なのであった!
e0162444_22220214.jpg

この2000GT初期型のプラモは今は亡き大滝製作所(オオタキ)が発売していた1/24のキットだ。
オオタキらしいカチッとした出来の秀作である。
購入してからざっと30年は経過しているビンテージ物だ。
モーターライズとはなんとも懐かしい仕様ではないか。

現在はハセガワが同じ1/24のキットをリリースしている。
何かの機会にでも作り比べてみたいものである。
(個人的にはディアゴの大きいやつが欲しいのだが・・・)



by 1944-6-6 | 2017-05-07 23:00 | 模  型 | Comments(0)