人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2017年 04月 12日 ( 1 )

"Ecstasy of Gold" Sturm,Ruger Mk1 by CMC

e0162444_21522385.jpg
発売から40年経つCMCのスターム・ルガー Mk1 のヘビーバレルはお気に入りの一つだ。
だいぶ金色の表面もやつれて退色している。
幸いZinc自体とメッキは状態の良いままだ。

今回このMk1にクリアーイエローを吹くことにした。
e0162444_21522496.jpg
着色するのはバレル&レシーバーとフレームそれとメインSPハウジングだ。
e0162444_21522957.jpg
まずは作動調整後に完全分解する。
塗装後に調整をすることになると塗膜が剥がれる恐れがあるのだ。
この時点でバリやメクレも処理しておくと後々綺麗だ。
e0162444_21522497.jpg
完全分解後に塗装するパーツを洗って汚れや油分を落としておく。
特に脱脂は丁寧にやっておかないと後々塗料が乗らなくなってしまうのでしっかりと行う。
いろいろな薬品ややり方もあるが、僕は貧乏性なので一般的にお手軽でどこの家にもあるものを使っている。
洗濯用石鹼だ。
皮脂を分解したりするので結構威力があるのだ。
おまけにキッツイ臭いも無く手も荒れにくい。
僕は洗濯石鹸をお湯で溶いてモデルガンのパーツ全体を丸一日つけておく。
それからブラシで丁寧に洗っていけば、だいたいの油分はOKだ。
勿論これが最高のやり方ではないので参考までに。
e0162444_21523039.jpg
左右割の金型で作られたトリガーは前面のグルーブは段々になっているだけだ。
金鋸を使ってお手軽グルーブを掘ってみたがすごくイイ感じに仕上がった!
こりゃあ使えるテクを開発したもんだ!
e0162444_22375632.jpg
さて、脱脂ののち完全に乾かしたら下塗りに”ミッチャクロン マルチ”なるものを使っている。
これも一番いいものかは不確かだが僕的には重宝している。
使用前には40度くらいのお湯に暫く漬けておくとガス圧が安定してミストが細かくなるので確実にやっておきたい作業だ。(熱いお湯は缶が破裂するので注意。お風呂程度だ)
e0162444_22375623.jpg
ミッチャクロンを丸一には乾かしてからクリアーイエローを吹く。
これも缶を温めておく。
塗装は明るく喚起のいい場所で行うのが原則。
クリアー塗装の場合は湿度も大きなファクターだ。
雨降りの日などは間違ってもやってはいけない。
”かぶる”という現象が起こる場合があるのだ。
塗装面が白っぽく濁ってしまうのだがこうなったら全部やり直すしかない。
上から金色を塗って心をごまかす・・・って、手もあることはあるが(笑)

イエローを2~3回吹いてみてやや薄いかな程度でやめておく。
その後、大まかな部品を仮止めして全体の色を合わせていく。
フレーム/サイドプレートとシリンダー/ヨークとかだ。
全体に色がそろったら軽くクリアーオレンジをかけるとやや赤みが付いてゴージャスな金色っぽくなる。
ただし、ホントに軽く吹くということを忘れるとオレンジのレスキューなテッポーが出来上がる(経験談)
クリアーイエローの塗装が完全乾燥したらシリコンオイルを全体に吹いておくと組立の際に擦れた場合など気持ちはがれにくくなる。
e0162444_22454934.jpg
今回僕は20年も使っているグンゼのコンプレッサーとハンドピースで吹いてみた。
ハンドピースで吹くほうが細かいところに塗料を乗せられるが、塗料の塗膜自体は缶スプレーの方が厚くて若干だが強度はある。
e0162444_21522912.jpg
塗料は使い慣れたグンゼだ。
やや赤みを入れたかったのでガイヤカラーの蛍光レッドを数滴たらした。
クリアーレッドでもいいのだが蛍光カラーの方が彩度が高くなって鮮やかそうな気がしたからだ。
効果のほどは不明だ(笑)

こんな感じで今回のスターム・ルガーMk1をコンプライアンスしてみたがいかがだろうか?・・・って、まるで模型誌のようなレポになってしまったぜ(笑)



ヤフオクに”WA コルト ゴールドカップ ナショナルマッチ”を出品しました。

 



by 1944-6-6 | 2017-04-12 23:30 | 絶 版  C M C | Comments(2)