人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

”留ブラ”との夢のコラボ!

e0162444_13240704.jpg
ケイズも流行に乗ってきたぞ!

今、カルトな人たちだけでなく一般人にも話題なのが映画「ブレードランナー2049」である。
前作(と言っても35年前だが)は僕たちのような年代には、どのシーンも頭にこびりついている拭い去ることのできない名作映画だった。
特にハリソンフォード演じるデッカードの「No four. Two,Two,four・・・ and noodle」は初見から忘れられない名場面なのであった(笑)

そんなエポックな映画に登場するブラスターのレプリカを製作する中の第一人者が”留之助商店”なのだが、今回そのブラスターのウェザリング仕様をケイズが担当することになった!

こりゃあ何気に凄いことだ!

取りあえず今は留ブラのバラしと洗浄を行っているところ。
分解だけでも六角のレンチが6本(付属)も必要なのだ。
特にアッパーレシーバーの前部3本はインチ仕様で凝りに凝っているのには驚き!
実物はアメリカで作ったんだよね・・・と、納得。

どんな感じになるかはこれからのお楽しみだ・・・と、僕にもわかっていないのだ(笑)
留ブラはアッパーやダミーボルトが金属製なので、出来ればその金属の質感を生かした鉄っぽい作品にしたいと思っている。
鋼鉄のテッポー大好きな僕自身が楽しみなのである。





by 1944-6-6 | 2017-11-08 14:00 | 留之助ブラスター | Comments(18)
Commented by monco at 2017-11-08 14:09 x
ブラスターは、空想上のプロップですから、けん銃に著しく類似する形態には該当しないので、外装体は堂々と金属で作って欲しいですね。
※ただし、内臓するリボルバーはプラに限る。
内蔵電池で銃口からストロボフラッシュ焚くようなの作ってください。
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-08 17:14
>monco 様
留ブラの外装は金属製です!
だから・・・重いので構えるのが50肩にはツ・ツライです。
でもストロボっておもろい!
昔、JACでそんな光線銃M19がありましたね。
サウンド付きっていうのも萌えますwww
Commented by sayzzz at 2017-11-08 18:19
留ブラは、実際に劇中で使われているとか、
すごいことです。
僕も欲しいけど、価格が・・・
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-08 19:04
>sayzzz 様
そうなんですよ!
ハリウッド進出ってことですね(笑)
出来たのを僕も欲しいけど買えません。
昔のベニバナ農家の娘のようですな・・・
Commented by Schutze600 at 2017-11-08 21:07 x
お~、良い仕事が入りましたね。正確、丁寧な仕事をされる、ケイズさんには最適かと思います。
ところで、今回、再現するいわゆるワーコンモデル。競技銃所持者の目からすると、普通、銃の使用後は、ソルベントでボア内の汚れをきれいに落として、長期間使用しない場合は、表面に薄くオイルを引いてケース(ロッカー)にしまうものですが、このワーコン・ブラスター、使い込まれたというより、そのような手入れが一切なされずに、道具箱の中に無造作にほおりこまれ長期間ほこりを被っていたといった風情です。
世の中には、朽ちたビンテージカーの雰囲気が好きで、意図的にそのような仕様にする物好きなマニアもいますが、ワーコンモデルが好きな人って、そんな感じなのでしょうか・・・あまりにディープな世界で、私には理解できないですけど・・・
Commented by albert at 2017-11-08 22:52 x
おお、これはすごい仕事ですね。成功を祈願いたします。
Commented by ken at 2017-11-08 22:55 x
作成の様子もときどきアップしてもらえると
嬉しいです。
Commented by シェレンベルク at 2017-11-08 23:42 x
ロイ・バティとの死闘でどろどろで傷だらけになったであろうブラスターという設定ですから、本当の事情は別にして草臥れた状態なのは一理ありでしょうね。
前のブレランは、公開時そんなに人気があった映画ではなかったでしたね。時間とともにコアなファンが騒ぎ出してブラスターの存在が再評価されだしたと記憶しています。最初は、あんなライフルとB級拳銃を組み合わせたゲテモノ銃的な評価をうけてましたからね。
実際は、倉庫の片隅にほったらかしだったのを数年経って発掘されたでしょうからね。
しかし、私はデッカードに官給されたての状態の綺麗なブラスターが欲しいかな。
我が家のリテイラー版をお願いしちゃおうかな~♪
Commented by カバ男 at 2017-11-09 00:21 x
オリジナルのプロップって、ボルトのロックが馬鹿になってカチャカチャしてるんすよね。
この際だから、いっちょピカドン化してみたら最高リアルになると思いまーす。
Commented by ストーナー65 at 2017-11-09 09:18 x
 場違いな質問、失礼します。

 “ブラスター”ということで思いついてしまったのですが、モデルガンは、カートリッジを使用して発火するという行為を止めて、モデルガンに7ミリキャップ火薬を直接装着するようにすれば、映画やテレビドラマで活躍する電着ガンのようにすれば、どこまでも迫力ある発火を楽しめる発火に特化したモデルガン(←中国製のガン・ライターがありますが…)が作れるのでは…?

 つまらない事を書いてしまいすみません。
Commented by らぷー at 2017-11-09 12:58 x
初めまして!質問なのですが、今回の留之助ブラスターはブルーイングされるのでしょうか?教えていただけたら嬉しいです!
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:06
>Schutze600 様
有難うございます!
全く仰る通りで使っている道具・・・まして命を賭けるようなものは錆とか朽ちはありえません。
戦車のジオラマでも汚しをやりすぎて廃車同然の戦車を造っている輩がいますが、僕だったらそんな戦車は怖くて乗って戦場には行けませんね(笑)
命掛っているんだよ!
でもGun誌などで実際のベテラン刑事なんかの”道具:相棒”のような使われ方をしたテッポーを見ると感激します。
理にかなった汚れ=使用感が欲しいんですよね。
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:11
>albert 様
有難うございます。
気負い過ぎるといいこと無いので、リラックスして楽しく自分が欲しくなちゃうものを・・・って、カッコいいなぁ(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:14
>ken 様
進行状況や作業レポは留之助商店さんのブログで見てください。
宜しくお願いいたします。
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:19
>シェレンベルク 様
はっきり言って僕の貧相な感性では到底思いつかないデザインです!
昔はカッコ悪いというか「ふざけんなぁ!」って感じでしたがオッサンになってからは実に奇抜だと思うようになりました。
ジジイになった今では”神デザイン”として崇めています(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:24
>カバ男 様
留ブラも中身の44ブルドック以外は金属なんでガチャガチャ言います。
非発火の映画プロップ・レプリカなんでピカはダメですよ。
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:26
>ストーナー65 様
あのぉ~、失礼ですが・・・あなた熱でもあんでねぇ?(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2017-11-09 15:32
>らぷー 様
誠に恐縮ながら仕様/内容に関することは全て”留之助商店”さんのブログ等でご覧ください。
僕は・・・一千万円積まれても口を割りません!
でも、色仕掛けのハニートラップには・・・(笑)