人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

CMC製 マセラッティ Tipo 61 バードケージ(1960年)

e0162444_17050777.jpg

ドイツのCMC社製 ”マセラッティ Tipo 61 バードケージ(1960年)”
同社の作品はマスプロ品としては素晴らしい出来栄えで何台か購入している。
今回のものはシャーシーだけのディスプレイモデルだ。
e0162444_17051435.jpg
スケールは1/18で全長200㎜程だ。
しかしいくら見ていても飽きない精密感で圧倒される。
e0162444_17051554.jpg
材質は亜鉛合金やプラスティック、ゴム、アルミで構成されている。
いったい、このミニュチュアに何個のパーツが使われているのだろうか・・・

4輪独立懸架のサスペンションも可動するのには感激だ!
e0162444_17051518.jpg
一応、ステアリングとフロントアクスルは連動する。
小さくなれれば乗って遊べそうな感じで妄想が広がってくるのだ。
e0162444_17051570.jpg
シートは布張りだが生地目がやや粗い。
もう少し細かいとスケール感が出るんだが・・・
e0162444_17051690.jpg
スポークホイールは4輪とも外すことが出来る。
プチ・メカニック気分に浸れるのだ(笑)
e0162444_17050860.jpg
フュール・キャップは鉄板プレス製で非常に良く出来ている。
こんなところがオヤジー達の心を鷲づかみなのだ。
e0162444_17050903.jpg
これがカウル付きのマセラッティTipo 61だ。
勿論、先のシャーシーとは別のアイテムだが中身には同じシャーシーが入っている。
e0162444_17050878.jpg
このアイテムもかなり素晴らしい。
e0162444_17050897.jpg
この精密感はホントに気持ち良く、金属製の心地よい重量感はたまらない。

日ごろは何でも自分で造ることの好きな僕でも見ていて楽しくなる・・・って、ちょっとシャクだなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-04-01 22:00 | ミ ニ カ ー | Comments(2)
Commented by カバ男 at 2017-04-02 20:37 x
鋼管マルチチューブラからスペースフレームに移行する過程の造形で、応力構造が見せる複雑美ですね。
溶接担当者は何日も悪夢にうなされたのでは?
Commented by 1944-6-6 at 2017-04-03 16:14
>カバ男 様
なんか中身っていいですよね!
ギュッと詰まった感じがそそるー!
この模型を真鍮パイプで作り替えたら・・・カッコいいでしょうねぇ。
絶対にやらないけど(笑)