人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

やってもーた!

e0162444_22554469.jpg
100均で買ってきた滑り止めシートだ。
適度なクッション性もあるのでモデルガンを置くのに使っていたのだが・・・
e0162444_22554516.jpg
グァ~ン!

見るも無残に塗装面と張り付いて渋い市松模様がついていたのだぁ!
塗面が侵されてどうにもならない。
塗り直ししかないのか。

でも・・・でも、よく見ると画期的でカッコよくね(って、ぜんぜんよくねぇよ!)



by 1944-6-6 | 2017-03-07 23:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)
Commented by monco at 2017-03-08 07:47 x
やっちまいましたね~www
僕はガバメントのモデルガンをソフトガンケースに長期間入れっぱなしにして、ラバーグリップがガンケース内貼りの化繊素材と反応して溶け始めてですねww
ベタベタが収まらなくなって結局どちらも捨てました。
勿体なかったなあww
Commented by 1944-6-6 at 2017-03-08 16:27
>monco 様
あらら!お気の毒に・・・
そういえば幼き頃、筆箱の中なんかで消しゴムと定規がくっ付いていました。
プラモでも自動車のゴムタイヤがホイールを溶かしていることも・・・
CanonF-1の裏蓋のスポンジなんかはある日コールタールのよう溶けてネバネバになっていました。
プラスティックは信じていると怖いですわ(笑)
Commented by やまねこ at 2017-03-08 21:47 x
K氏

わたくしも、全く同じ個体で(色も茶色シート)、全く同じ失敗をしてます。

大切な宝物が、たくさん「マダラ模様」の犠牲になり…(泣)、実は→K氏に「修復」を依頼する予定でした。
(ナカ様にブルーイングして頂いた宝物が…絶句)

「修復方法」が見つかりましたら、教えてください。。。
Commented by 1944-6-6 at 2017-03-08 23:55
>やまねこ 様
貴殿もやっちまったんですね。
大切にする心がかえって仇に・・・

表面に模様が付くっていうのは塗料面が荒れてしまったわけで分厚い塗膜なら磨けるのですが写真のような塗膜ではできません。
ナカさんのものについては見ていないのでわかりませんが、表面保護のクリアー面が荒れたのであればクリアーのみ取り去り再塗装すればいいかもしれません。
修復可能化もしれません、一度お電話でお問い合わせください。