人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

ワンフェス 2017 冬 に行ってきた。

e0162444_18584137.jpg
今日は恒例の "ワンダーフェスティバル" に行ってきた、はるばる幕張メッセまで・・・
ちゅーことで誠に恐縮ながら非常にお疲れなのであーる。
e0162444_19392524.jpg
ワンフェス公認キャラの”ワンダちゃん”のフィギュアも売っていた。
ガイドブックのイラストにクリソツだ!
おバカな友人が買ってしまった。
困ったもんだ・・・
でも、良く出来ている! ある意味、買いだ!
e0162444_18584107.jpg
会場にはレストアされたハーフトラックがいた。
友人のT氏が以前から弄っていたものだが個人的には初めて見せてもらった。
ちょっと遠くだが彼のところに行けば乗せてくれるとのことなのだが・・・

暖かくなったらレポのために訪れてみるのもいいかもしれない。
こうご期待!
e0162444_18584240.jpg
映画「戦略大作戦」好きにはうれしい”キルロイ”が描かれていた。
30/50口径機関銃は実銃の無可動だ。
e0162444_18584294.jpg
これはショーエーさんのブース。
まるでミリタリーイベントのようだ。
左端はサムズのオサムさんだ。
e0162444_18583590.jpg
海洋堂のブースにあった零戦。
ソフビで販売するの原型のようだがアルミが貼ってあって素晴らしい!
リベットとその周りの金属の”たわみ”がイイ感じで表現されていた。
1/18くらいだろうか・・・
e0162444_18583418.jpg
これが欲しい!
しかし・・・なんともやっつけな台が原型を物語っている。
e0162444_18583405.jpg
カッチョイーナー!
やはり零戦は美しい期待なのである。
e0162444_18583456.jpg
よくわからないが創作銃(?)らしいが・・・なんなんだろう?
何を発射するのか・・・
まさか・・・毒ガスか? ヤバ!

なんだかわからないが心を惹かれたのだが・・・キットが売り切れだったのであきらめた次第だ。

そんなこんなで非常に創作意欲の湧きあがってくる一日なのであった。



by 1944-6-6 | 2017-02-19 22:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)
Commented by OAS at 2017-02-20 12:09 x
わざわざ有休とったのに、ピンポイントで身体の具合が悪くなるとはツイてないですわ。
やはりハーフトラック来てましたか!我が目で見たかったですね。
Commented by グライフ at 2017-02-20 19:28 x
いいですね〜1/1はいいですね〜1/35とは大違い。M3ハーフトラックは実物見てみたいもんですね〜。
Commented by 1944-6-6 at 2017-02-21 00:24
>OAS 様
残念げしたね!
まぁ、幕張は遠いし無理しなくてよかったんじゃね。
しっかり養生してもらって『鳥貴族』に行きたいっす!
Commented by 1944-6-6 at 2017-02-21 00:26
>グライフ 様
やっぱ1/1はスゲエです。
僕のところではでっか過ぎる50口径がかわいく見えるし・・・
でも、そこらへんには置けませんね(笑)
Commented by Schutze600 at 2017-02-21 17:21 x
TVのコンバット!では、M41ウォーカーブルドッグが4号戦車として、M3ハーフトラックがバルケンクロイツを付けたドイツ軍ハーフトラックとして登場していて、子供の頃は、ハノマグはまだプラモデル化されていなかったので、何の違和感も無く観ていたものでした。確か、ドイツ軍ハーフトラックが初めてプラモデル化したのは、コンバットの放送からはかなり遅く、私が中学生の頃発売された日東化学のSdkfz251B型だったと記憶しています。
M41 はともかくとして、ドイツ軍使用のバルケンクロイツ付きのM3ハーフトラックは、当時の記録写真に数多く残っており、戦争末期の物資不足に悩むドイツ軍は捕獲車両を重宝していたようです。なので、コンバット!の設定はそうかけ離れたものではないのですよね・・・
Commented by 1944-6-6 at 2017-02-22 13:13
>Schutze600 様
ドイツのハーフトラックはバンダイの1/48を買いました。
それに慣れてしまったのでタミヤのはフロント部分が真っ平らな馬面でどうも好きになれませんでした(笑)

コンバット!ではM3ハーフにヘンテコな上部機銃を付けてアメリカっぽさを消していましたが・・・よく燃やされていましたね。
当時は廃棄の車両がいっぱいあったのでしょうね。
もったいない!