人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

Colt police Positive Special .38 by TANAKA

e0162444_21205026.jpg
久しぶりにコルトのリヴォルバーのご紹介。

ディテクティブは非常にメジャーな存在だがこのポリスポジティブはどこかオマケの感がある。
特にモデルガンではそれは顕著で「ディテクティブを作ったからバリエで出してやっか!」的な匂いがする。
チーフの3インチなどもそんな鬼っ子かもしれない。
e0162444_21205136.jpg
でも広い世の中にはいろいろな嗜好の輩が多い。
特にヲタクとかマニアにはそんな変質的な輩が軒を連ねているのだ。
かく言う僕もそんな変態チックな一人だ。
e0162444_21204087.jpg
タナカのポリスポジティブは御多分にもれずディテクティブよろしくラウンドバットしか発売されていない。
e0162444_21204977.jpg
スナブノーズならいざ知らず4インチバレルではラウンドバットはどこか貧乏くさい。
e0162444_21204011.jpg
ということで今回はグリップ下面を切り取り実物のスクエアーバットのグリップを取り付けた。
ニッケルメッキと相まって実銃と見まごう雰囲気だ。
実にゴージャスな1挺になった。
e0162444_21201649.jpg
バレルとグリップのバランスも取れて力強さすら感じてしまう。
ホントに銃はグリップ一つで変わるものだ。
e0162444_21201789.jpg
かねがねタナカはメッキの技術(拘り)が実に優れていると思っている。
他の製品でもプラ部分と金属部分でメッキの色がほとんど変わらないからだ。
このポリスポジティブでも其れは非常に大きなファクターなのだ。
e0162444_21201572.jpg
こんな感じでグリップ下面をバッサリとやった。
コルトはこの仕様にしたことでラウンドバット/スクエアーバットの選択をグリップ自体で可能にした。
個人的にはあまり好きじゃないが・・・まぁこの場合は許してやろう(笑)
e0162444_21201623.jpg
グリップを着ければわからないので下面の追加部分は無塗装のABS丸出しだ。
グリップの位置決のピンを打たねばならないが、これが案外大変な作業なのだ。
ちゃんと位置出しをして正確に穴を開けていかなければならない。
怠惰な僕にはこういう作業はチト辛いのが正直なところ。

う~ん、そのうちやるべ!
e0162444_21204167.jpg
グリップカットによってこのタイプのグリップパネルを付けることもできる。
ディテクティブだと何処かいやらしいがポリス ポジティブだと非常に品格がある。
たかだか銃身が5センチ異なるだけなのだが。
e0162444_21203609.jpg
このグリップは案外握り易くエイミングしやすくなる。
e0162444_21201401.jpg
バレルにシュラウドの着いたタイプもカッコイイ。
以前、バイパーを製作されている方のブログを見たがカッコよかった!
技術があれば挑戦してみたい1挺である。

しかし、たまにはコルトもイイなぁ(笑)

メーカー様へのお願い!
e0162444_23082410.jpg
上記写真の 突き出しピン の痕を消してから出荷していただけたらと思います。
特にメッキや特殊な仕上げの場合修正が効きません。
ダミーカートの装填という妄想の中でマニアにとっては非常に萎える部分なだけにご検討いただければと思います。



by 1944-6-6 | 2016-12-10 22:00 | タ ナ カ | Comments(2)
Commented by monco at 2016-12-11 08:00 x
シリンダーの湯口のような痕は僕もヒジョーに気になる部分ですねww
ポジティブ。昔MGCのシングルダブル両アクションが楽しめるデラックス版を所有しておりました。懐かしいです。
Commented by 1944-6-6 at 2016-12-12 01:32
>monco 様
メッキ仕様だと湯口や突き出しピンの修正が出来ないだけにメーカーにお願いするしかありませんね。

46年規制直後に御徒町の某店でマルゴーのディテクティブを購入しました。
規制後なので銃口は金属で閉塞されており金色に塗装されていました。
火薬を入れてパーン!
銃口から3㎜くらいの厚みの丸い板が飛んでいって銃口が開いてしまいました。
しかたがないのでシンナーで洗って綺麗にしてあげましたが・・・
う~ん、ユルイ時代でしたね(笑)