人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

U.S. Cal..38 Lightweight Revolver M13 その2

e0162444_20425150.jpg
ライトウエイトM13の続き、フレーム幅を狭く(薄く)していく。
e0162444_20422229.jpg
まず最初にサイドプレートの裏側を削った。
外側を削るとシリンダーハンドなどの内部の溝などが顔を出してしまうからだ。
取りあえず1㎜削りフレームに嵌めたところ。
これだけフレームを削るのである。
e0162444_20422017.jpg
フレームに1㎜削り取る部分を卦がいておく。
ここまで削るというサインだ。
e0162444_20422191.jpg
トップフレームにも1㎜線を卦がいておいた。
e0162444_20421972.jpg
サイドプレートの比較。
右がノーマルで、左が削ったものだ。
随分薄くなっているが強度的にはあまり変わった感じはない。
e0162444_20422269.jpg
予告通り幻のうさぎが復活した!

左が材料の7㎜アルミ板から切り抜いたばかりのもの、中はおおかたアウトラインに沿って削ったもの、右からHWSオリジナルハンマーだ。
位置決めの為にハンマーピンなどの穴を開けておいて、そこにピンを立てHWSのものを貼り付けた状態で削っていくと比較的楽に同じ形態が作れる。
ハンマーの下部はそうして作り、上部のホーン部はWebなどから集めて写真を元に形状を出していった。
e0162444_20424809.jpg
チェッカーもいれて取り付けてみた。
なかなかイイ感じだ。
フレームの "薄さ" がお分かりいただけるだろうか?
e0162444_20425082.jpg
フレームもまだまだやること残っているがここまで来れば一安心だ。
サムピースも小判型にしなくてはいけないのだ。
e0162444_20424910.jpg
銃身はタナカのガスガン用(カート式のヤツ)を流用しているが見た目は悪くない。




by 1944-6-6 | 2016-11-29 22:00 | ハ―トフォ―ド | Comments(4)
Commented by monco at 2016-11-30 08:41 x
工作技術の高さに惚れ惚れしますね。
自分がやりたくても技術不足で出来ないことを他人が成し遂げる。それを見るのは爽快な気分になります。
Commented by 1944-6-6 at 2016-11-30 17:43
>monco 様
お誉めいただき有難うございます!
US M13が判る拘る・・・そんな輩に見ていただけるのがうれしいですね。
薄っいフレームは凄くイイ感じです。
機会があればお見せしたいくらいです。
Commented by butch at 2016-12-01 04:25 x
初めまして、butchと申します。

あの「ウサギさんハンマー」を再現してしまわれるなんて...
本当に素敵で、いても立っても居られず、コメントさせていただきました。
完成を楽しみに致しております。


Commented by 1944-6-6 at 2016-12-01 16:57
>butch 様
初コメ有難うございます。

初代”うさぎ”をご存知とは我愚ブログをずっと見てくださっているんですね!
感謝いたします。
うさぎ に関しては結構マニアの方が気に入ってくれているみたいで喜んでいます。

このところS&Wばかりなので、たまにはコルトでも・・・と思っています。
タナカのディテクティブからの”ダイアモンドバックうさぎ”もいいし国際パイソンからの”オフィシャルポリスうさぎ”も見てみたいなぁ。
オフィシャルのうさぎは今ある材料でイケそうだなぁ。
勿論、プラの銃での話ですが。
僕自身が楽しみですわ(笑)