人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

HWS モーゼルHsc のウエイトを売る

e0162444_18361856.jpg
先日レポした "HWS モーゼルHsc グリップ剛性アップ スペーサー" で、ZEKEさんが「レーザーで鉄板を切り抜くから K'zで売りますか?」とのコメントを頂いた。

その後、企画k'z(ケイズ)/製作ZEKEそして販売をマルゴー商店さんがマルゴーブランドで行うという夢のようなコラボが進み、本当に出来上がってしまった。
マルゴーさんでは限定30個の販売となる予定らしいが、特別にケイズでも 3 個ばかりを販売させていただくことになった。

本日に製作が完了したとのことで現時点では現物は見ていないが、3.2㎜の鉄製で重量は左右で40g弱ということである。
3次元測定で作られているのでかなりの精度で仕上がっているようだ。
必要な方は直ぐにメールでお申し込みいただきたい。
ケイズ価格はレターパックライトの送料込みで¥4,200(税込)。

(販売終了 現在庫無)

e0162444_01053318.jpg
その後にZEKEさんができたての商品を届けてくれた。
全くもって有難たいことだ。
ちゅーことで早速ハメ撮りてみる!
当たり前だが恐ろしいくらいにピッタリだ!
これが3次元測定機に威力なのである・・・負けた(笑)

e0162444_18133888.jpg
昨日お伝えしたフレーム前部のスペーサーも材料のあったので3個ばかり製作。
こちらはヤフオクで出品中だ。
e0162444_18132832.jpg
厚さ6㎜の真鍮板で重量26g(付属のダミーカートが1発10gなので3発分弱)だ。
ちょっとシャレでk'zの刻印を入れてみた。
e0162444_18133855.jpg
取付は接着剤を付けて押し込めば完了だ。
e0162444_00585509.jpg
箱出しのサラピン状態で重量は320g。
e0162444_00585582.jpg
今回ケイズで作ったフレーム前部&グリップ内の真鍮ウエイトとZEKE製のスペーサーウエイトの3点を装着すると・・・
429g・・・100g以上も重量アップだ!
自分の体重だったら心が折れるが、Hscだと100gでも重量アップは嬉しい!
ダミーカートをフル装填すれば500gを超える。
確かに銃を持った瞬間、「あっ!こりゃあ確かに重い!」と感じる手ごたえだ。

少しでも重いHscを・・・と、思われるマニアの方はどうぞ宜しく!



by 1944-6-6 | 2016-06-24 20:00 | ハ―トフォ―ド | Comments(10)
Commented by HOWA180 at 2016-06-24 20:48 x
マルシンのコルト25オート用に、MGC VP2ターゲット風マズルアタッチメント&グリップセットなんて売れないですかね~。
超熟オヤジーマニア向けにいかがでしょうか?
Commented by ファイアーブルー at 2016-06-24 22:38 x
こんばんは。

夢のようなコラボ。すごいですね。いつも惚れ惚れする製作加工技術もさることながら、ここまで来ると今後は『K’z』というブランド化に向けての活動も応援しております。
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-24 22:58
>HOWA180 様
1~2千円なら多少売れるかもね。
でもそれじゃ慈善事業だぜ(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-24 23:06
>ファイアーブルー 様
ZEKEの社長曰く、「このHscのスライドとフレームを真鍮で出そうかな・・・、バレルを含む内部パーツはHWSを使ってもらうようにして・・・」なんて冗談とも本気ともつかないことを言ってました。
その言葉を信じるマニアが活動を起こせば・・・夢はかなう・・・かも。

We Shall Overcome!
Commented by しおっち at 2016-06-24 23:53 x
初めまして、しおっちと申します。
ぜひぜひ、ほしいのでメール出しました。
間に合うといいのだけど…
Commented by イチロー at 2016-06-25 18:43 x
あらら、とんとん拍子ですごいコラボになりましたね。企画力・アイディアを行動に移すのが速いと応援してくれる人も出てくるというビジネスの展開を目の当たりにした重いです。じゃなくて思いです。さらに重量を稼ぐために材質をタングステンやプラチナにするというのはどうでしょう。セレブ向けに。このほかにも巷のカルピス(軽いピストル)を重くするバラストの規格がでるとおもしろいかも。個人的には真鍮の丸棒縦に切れ込み入れてバレルに入れる!をしていますが、手挽きなんで2丁で挫折です。M29の6.5に挑んだのが失敗でした。真鍮棒を縦方向にスリット入れたら、インサートを挟む形のトップヘビーウェイトが作れますよ。どうでしょうこの企画?やっぱ没?
気が付けばHSC買い忘れてた。最近何だかなあ~~。
Commented by イチロー at 2016-06-25 18:45 x
あ!メーカーの2次ロットが、この仕様で出るかも!!
これもビジネスの怖さ!?
Commented by 8908 at 2016-06-26 00:07 x
バックストラップ部は超肉薄でフレーム強度・メカ維持には無関係ですね。
戦後のHK社のHK4は モーゼル社からHScのデザイン盗用で訴えられたとか?
しかしHK4のグリップパネルはPPKのようなワンピースで、フレームにバックストラップがありません。
ここで妄想です・・
バックストラップ部を切断、
バックストラップ部を真鍮で作成(ハンマーストラットの隙間のみ残し肉厚に、グリップパネルで挟んで固定)。
さらにグリップもエシ○プト真鍮グリップのような真鍮台座に超ウスウス木製パネルを貼り付け、
またはチェッカー部のみ木製パネル貼り付けに
~という妄想です。
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-26 16:24
>イチロー 様
有り難いことですが、今回のはZEKEの芝社長に”おんぶにだっこ”したものでした。
コラボ・・・なんて自分を少しでも大きく見せようとした小者の恥ずかしげもない戯言です。
まぁ、これを機会に他にも面白いものがあればやりたいけど・・・マネープールが無いケイズでは外注は無理ですからね。
老体に鞭打って頑張んべ!
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-26 16:42
>8908 様
一般的に手に入るものとしては 鉛が比重11.4で銅が8.8、真鍮が8.4で鋼鉄が7.8といった具合です。
鉛は鉄の1.5倍の重さになります。
単純に鉛の小粒(1.1~1.3mm)を買ってきて隙間に入れて、何か(瞬間接着剤等)で固定すれば一番楽でしょうね。
あとはZEKEさんが真鍮のフレーム&スライドを作るのをスピリチュアルな力を使って現実化するのがイイかも!
でも買えなきゃ意味ないですね(笑)