人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

Mauser Hsc 見参! by HWS

e0162444_22121023.jpg
とうとう待っていたものが来た!
ケイズにやって来た!

常連さんに頼まれてケイズも1挺のみ仕入れたHWSの モーゼル Hsc。
オーナーのご承諾の上に早速のご紹介だ。

取急ぎってことで写真だけでもお届けだぁーい!(文章は順次入れていくので宜しく!)

e0162444_22121079.jpg
HW材で製作されていて、大きなヒケやダレもなく合わせもキツイぐらいでカチッとした印象だ。
しかし、その操作は慣れないと非常に戸惑うのは確かだ。
弾が入っていない限り(マガジンフォロアーが下がっていない限り)スライドを引くとオープンホールド状態で止まる・・・止まってしまうのだ。
マガジンが入っていようといまいと関係ない。
スライドリリースするにはマガジンを抜き(2~3㎝引き出すだけでもOK)、再度マガジン(カートの有無に関係なく)を叩きこむしかないのだ。

言葉で聞くと「なぁ~んだ」と思うが、自分で操作してみると時として「ウキィーー!」となってしまう。
20~30分遊んで馴染むとイライラも解消だ。
とにかく今までのテッポーとはなんか違うのだ。
e0162444_22121096.jpg
サイズ的にはPPKとほぼ同じだ。
思ったよりもチンコイがグリップのボリュームは結構あってマルマルとしている。
お尻の大きなポチャなドイツ娘って感じだ?!
e0162444_22120449.jpg
標準装備の木製グリップは非常にイイ出来だ!
曲線の処理やラインが綺麗である。
好みでオイルやステインを擦り込めばより「らしさ」を出すことができる。
付属のダミーカートは.32ACP(7.65mmブローニング)。
セミ リムド タイプを正確に表現している。
e0162444_22115737.jpg
PPKと比べると長さ的には変わらない。
しかしグリップはポチャだ。
e0162444_22120580.jpg
完璧に実物の機構を再現している!
素晴らしい!!
何度見てもドキドキするフレーム内部だ。

機能についてはHWSのホームページにアニメで解説されている。

e0162444_22120576.jpg
この薄いフレームをHW材で再現したHWSには賛美の言葉しかない!
これならP.08もHWで出来そうだ。
e0162444_22115792.jpg
同社のHPによるとチャンバー部分は手加工で磨いていて色味を付けている。
泣けるじゃないか!
マカロフのように小さい排莢口にキラッと光るのはエロっぽい絵柄だ。
e0162444_22115734.jpg
セフティを掛けると撃針(ダミーだが)が上部に移動してハンマーの打撃面からずれる。
ハンマーがコック状態でもデコッキングはしない。
引金を引くとハンマーは落ちるが撃針にヒットしないだけだ。
その後はトリガーがロックされる。
e0162444_22115732.jpg
マガジンはPPKとほぼ同じだが装弾数が1発多い。
e0162444_22121371.jpg
非常にシンプルなマガジンである。
e0162444_22115631.jpg
右が付属のHWS製で左はRight製だ。
どちらもセミ リムド タイプで共用できないことは無い。
e0162444_22120467.jpg
銃本体の重量は321gだ。
カート込みで408g。
因みにマルシンPPKのHWが324g(カート無)なのでほとんど変わらない。
e0162444_22120422.jpg
久しぶりHscにふれてみたが、MGCの記憶が40年前なので簡単に比較はできない(笑)

個人的にはお勧めの "新作モデルガン" だ。

 

by 1944-6-6 | 2016-06-16 22:30 | ハ―トフォ―ド | Comments(4)
Commented by 8908 at 2016-06-18 01:36 x
ガンショップのショーケースの中の「新作Hsc」を鑑賞してきました。
私もMGC-Hscの記憶がちょうど40年くらい前になります。
MGCの箱絵のマガジンベースのモーゼル刻印がカッコよかったのですが、Hscのマガジンベースにモーゼル刻印があったかどうか、残念ながら記憶にありません。
デラックスタイプだったから、カートの装填排莢でガチャガチャ遊んで、スライドとフレームを分解、組むときの「チャキン」がイイ♪~音♪~でした。
オレンジ箱のカートもFN380と共用ですが、FN380にはできない「装填排莢で遊べる」モデルでした。
ただスライドの4箇所の「ホッチキス針」は好みではありませんでしたネ
それでもMGCのガバやベレッタがポッチャリ肉厚だったのに較べれば、細部までギリギリのウスウスだった。
MGCの木グリは薄っぺらでチェッカーは浅かったので、裏貼りして厚みを増し、チェッカー外周に沿ってチェッカー部を浮き彫りにしました。
毎日ナデナデして、チャキンを楽しんでいましたが、スライドが肉薄だったせいなのか・・エジェクションポート下部のところに亀裂が入り2分割となって、泣く泣くお別れになったという思い出です。
Commented by OAS at 2016-06-18 16:29 x
いいっすねー。エッジも立ってカッチョいいし、
グリップの色合いも木目も良い感じです。
あー、早くさわりテー。
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-19 00:00
>8908 様
MGCのHscのホッチキスは子供のころはなんなのか疑問でしたが妙な説得力があって・・・
知ってみると「なるほど!」って・・・本物にもあると思い込んでました(笑)

MGCのカタログ写真でHscが石膏の型みたいのから浮き上がっているのが斬新でカッコよくて!
センスの良さが際立っていましたね。
Commented by 1944-6-6 at 2016-06-19 00:05
>OAS 様
まぁ、面白い銃です。
これが金属だったら・・・
法律のバカヤローーーーー!