人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

M1/2 カービン メタル ハンドガード

e0162444_21075332.jpg
昔から気にはなっていたのだが、購入の機会を失っていたCMCのM1/2カービン用メタル ハンドガードを友人から貰った。

どうして買う気に至らなかったのかといえば、ズバリ米軍ミリタリー物ではないからだ。
でも一度は付けてみたい・・・ということで今回に至ったのである。
e0162444_21075211.jpg
だいぶ アグレッシブ な感じになる。
30連マガジンと合わせると、大戦中のM1カービンとは全く異なる印象だ。
以前に見た実銃用のメタルハンドガードはパーカライジングで放熱穴が長円形だった。
まぁ、元々コマーシャルなのでいくつかの異なる製品があるものと思われるが・・・
e0162444_21075320.jpg
ただし、CMC製は実銃には取り付けられない。
写真のフレームへの取付部分が異なるからだ。
e0162444_21075443.jpg
実物はフレームとチャンバーの間に挟み込むようになっているのだが、CMCのほうはフレームとチャンバー部が一体なので挟み込むことが出来ないのである。
e0162444_21075375.jpg
そこでCMCではフック状の金具をスポット溶接で取付けているのだ。
これをフレームの横側に引っかけて固定している。
実に考えたモノだ。

実物のM1カービン初期では挟み込む板を小さなリベットで左右1個所の計2点で止めている。
M1後期型からM2/3カービンにかけてはこのリベットが計4個所に増加補強されている。


以前に空自の友人が言っていたのだが、隊での射撃訓練の際に米軍お下がりのM1カービンを発砲するとハンドガードがすっ飛ぶらしいのだ。
「本当にぃ~?」
と、マユツバものだったのだが・・・
後年、韓国人の方が徴兵の際に軍隊で使用したM1カービンは、米軍お下がりなのでハンドガードがすっ飛んで困ったといっていたのだ。

結論としては、古くなったカービンはハンドガードがすっ飛び易い・・・ということである。



by 1944-6-6 | 2016-04-14 22:00 | 絶 版  C M C | Comments(11)
Commented by HOWA180 at 2016-04-15 12:38 x
ガスの作用ってすごいですね。突然スポーンって飛んでいくのかな。腰だめで撃ったりしたら怖いです。ところで最初期型のCMCストックがデコにピタリと装着できるのは何故なんでしょう?(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2016-04-15 17:03
>HOWA180 様
う~ん、そんな昔のCMCは見たこと無いからわかんないですぅ~
なんたって僕は1999年生まれなんですぅ・・・(って、オメエはアンゴルモアかいっ!)
どこで売っているんですか、本物に付いちゃうような極悪なモノは・・・
店員もそれが判って売っているんですか、ヒドイ店員ですぅ!

イ・イカンなぁ!(笑)
Commented by Schutze600 at 2016-04-15 17:49 x
確か・・・
CMCの最初期のM1カービンには、豊和製のストックがついていたとGun誌か何かで読んだ記憶があります・・・(?)
その割には、フリップタイプのセフティが実物とはon、offが逆だったりしましたが・・・・
30発マガジンとバイヨネットラグと4つ穴ハンドガードのM1カービンといえば、なんつっても「レマゲン鉄橋」でしょう。
チョロQのように走り回るチャーフィーも含めて、全てがオールロケの実写という大迫力の映画でしたが、あのM1カービンには萎えました・・・
Commented by イチロー at 2016-04-15 23:01 x
CMCのM1カービンに実物ストック&ハンドガードを付けるために、ハンドガード金具がはまるようPカッターで溝を掘りました。時間はかかるけど亜鉛合金は鉄には負けるので着実に掘れます。それにしても実物ストックがすんなりつくのは古いモデルガンなのに気合い入ってますね。
Commented by 1944-6-6 at 2016-04-15 23:43
>Schutze600 様
鉄橋の横の塹壕で蹴り上げるシーンをよく覚えています。
あれは30連だったかな?
僕はM2カービンはポークチョップ ヒル(勝利なき戦い)を連想しちゃいます。

レーズンばっか喰ってるクレモンス中尉(グレゴリー・ペック)と共に・・・ネ(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2016-04-15 23:47
>イチロー 様
30数年前に同じことを考えましたが・・・出来ませんでした。
流石です!

でも・・・こうなったらカッターナイフで亜鉛の塊りからトンプを作るしかないんじゃないスカ(笑)
Commented by entaro at 2016-04-18 11:13 x
私のHOWAカービンは、中期~後期型のフロントバンドが樹脂製でストックの下からネジ止めするタイプなんですが、樹脂製だけにネジ穴がバカになってきていて、ネジを締めこんでもいくらでも回ってしまいます・・・(^o^;)

いつかバレルとレシーバーが吹っ飛んでくるかも知れません。(ま、それほどの反動でもありませんが・・・)

困るのが、ガスプラグナットがポンチでカシメてあって、取り外せません。
一番クリーニングしたいところなのに・・・(-_-;)
Commented by 1944-6-6 at 2016-04-18 18:13
>entaro 様
昔、無可動のピストンを外しましたが、凄くカーボンが固まっていました。
カーボンは固まると硬いですからねぇ。

レンチは爪の数に違いがあったような・・・?
Commented by entaro at 2016-04-18 22:14 x
その通りです。 

NumrichからM1カービンのガスプラグナットレンチ取り寄せたんですが、前述のようにカシめてあるうえ、爪の数が違うので使い物になりませんでした・・・

フロントサイトも取り寄せましたが微妙にバレルの太さが違い、リアサイトに至っては「富士山」の高さが低く、これまた使用不能・・・(T_T)

いぢわるぅ・・・
Commented by entaro at 2016-04-18 22:21 x
HOWAカービンは、あくまでも「猟銃」なので年に50発も撃てば多い方。

バレル内もクロームメッキされていることですし、クリーニングなど考慮しなくても良かったのかも知れません。

「射撃練習」で動的バカスカ撃つ身にもなってくれいっ!
Commented by 1944-6-6 at 2016-04-20 17:08
>entaro さま
僕的にはCMCのカービンをホーワに仕立ててみたいとオクで張っているんですが・・・