人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

S&W M36 3in square but Custum by Tanaka

e0162444_19471500.jpg
e0162444_21372026.jpg

1970年代初頭、お巡りさんの腰のモノをガン見(Gun見)していた中坊がいた。
今のような蓋付のホルスターだった頃は銃種も豊富で見るのが楽しかった。
S&Wでいえば、KフレームやJフレーム/Nフレームの銃が見放題だった。

KフレのM&Pは勿論だがお巡りさんぽくて好きだったのが、写真のM36スクエアーバット3インチである。
こじんまりしていたが仕上げが綺麗で何度パクってやろうかと妄想したことか。

その頃のモデルガンではスクエアーバット(以下SB)のM36は無かった。
あったのはハンドエジェクターと称するラウンドバット(以下RB)の3インチだけだ。
無いとなると余計欲しくなるのがマニア心なのだ。
あのオカマっぽいRBはいらない。

その後、コクサイからSBが出たがイマゴ位の出来で心がポッキリしてしまった。
e0162444_19471531.jpg
タナカM36のガスガンからのカスタムだが中々イイ感じだ。
改造個所は
 1.バックストラップ部をSBに変更。
 2.ランヤードリングを新造。
 3.グリップを実物に変更
 4.4スクリューに変更の為、ダミースクリューを追加。
 5.タナカのアーリータイプのサムピース。
e0162444_19471556.jpg
e0162444_19471675.jpg
このグリップのほうが3インチの場合はバランスが取れていて非常にイイ感じだと思うのだが・・・
サムピースも小判タイプがイイ。
このタイプは小判型の中では後期タイプになるらしく初期は平たんな形状だ。
e0162444_19471044.jpg
ダミースクリューをはめ込んだ。
ABSのフレームの肉厚が薄いのでやむえず固定した。
e0162444_19471073.jpg
トリガー/ハンマーは平面出しした後にケースカラーっぽく染めている。
e0162444_19471061.jpg
ランヤードリングはABSと鉄棒で自作した。
取り付け位置はかなり後方である。
e0162444_19471101.jpg
グリップパネルを外してグリップ延長部/ランヤードリングを見る。
グリップパネルは実物、しかも初期のブラックワッシャー・タイプだ。
後期のモノに比べるとグリップ全体に丸みがあって握り易い形状だ。



[PR]
by 1944-6-6 | 2015-11-07 20:35 | タ ナ カ | Comments(6)
Commented by monco at 2015-11-08 06:36 x
昭和のお巡りさん大好き少年だった僕も、この時代のS&Wが好きです。
オープンホルスターから覗く褐色の木製グリップと擦り切れたような鉄の色合い。そしてタマだけが黄金色に光っている。

当時のお巡りさんのピストルは「レギュラー」とか呼ばれていました(駐在所のお巡りさんの言)ので、その銃種を探したこともありますが、チーフスの3インチだったのか、それとも他のモデルだったのか、ずーっと分からずじまいです。
Commented by 1944-6-6 at 2015-11-08 15:47
>monco 様
そーなんです!
ツヤの消えた木グリとシリンダーに見えるピカピカじゃない弾に本物を感じました。
モデルガンのカートはあんなに黄色くなりませんからねぇ。
あれから40年・・・まだあの幻影が僕の原点のようです。
Commented by hajime at 2015-11-09 08:02 x
3インチのRBのオカマっぽい〜わかる〜(笑)
でもスマイソンの4インチのRBはなんか通ぽくてカッコいいとか思ったりします。
僕が中学の時に見たM1910の箱みたいなホルスターが忘れられません〜グリップもハッキリ見えて予備マガジン?もホルスターに差し込んである物でした。あの鉄の色がホンモノのオーラを出してました。
Commented by 1944-6-6 at 2015-11-09 16:30
>hajime 様
確かにスマイソンはバランスイイですね。
RBもSBもグリップの縦幅が同じだからでしょう。
そうみるとM500のRBなんかはマッチョなタフガイがパンツ脱いだら・・・チっこい!
もはや涙流し鼻水垂らして笑っちゃいそうです(失礼)
Commented by イチロー at 2015-11-09 22:27 x
テーパードバレルなのでM37?そして、実物写真の方は、大阪の交番でニューナンブとともに盗難にあい、某国大統領狙撃事件に使われた凶器!の写真だったかな?このタイプ私の脳内では、ハンドエジェクターという名前なんですよ。タナカベースというのがいいですね。ポジティブと共にモデルガン化してほしいですね。お巡りさんネタといえば、父が「滋賀県は自動式が多かった。コルト45。」と言いながら弾倉の装填の手真似をしてました。それと「十四年式・・・。」警察の装備としてあったのか、押収したのか記憶から欠落しています。メモとっておきゃ良かった。警察じゃないけど、大学から神戸に帰省する新幹線の中での楽しみは巡回してくる鉄道公安官の腰のものでした。きれいなコルトが多かったように思います。オフィシャルやコマンドに間違いありません。プラグリップが結構多かったかな?時々金色メダリオンのがあたような・・・?この辺りの記憶も曖昧ですが。
Commented by 1944-6-6 at 2015-11-10 20:38
>イチロー 様
新幹線の座席に座って鉄道公安官の腰のモノとは・・・
手を伸ばせば盗れる!
絶対に脳内妄想犯罪を犯していましたね・・・イチローさん!
僕もよく新幹線の中で売り子のネーチャンのケツを見ては脳内妄想犯罪を犯していました。

25歳の時に警察官採用試験に受かっていれば・・・こんな人生は送らずにロッケンのM&Pを○○して銃身を××して弾倉に△△していたのでしょうか?
30年前ですからいろんなテッポーが見れたでしょうね。
残念!