人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

U.S.Army 1st Cavalry Division

e0162444_19103871.jpg
 
 先日、ケイズ特製ピンポンチをお求めに来店されてお客さんから気の利いたお土産を頂いた。

第一騎兵師団のショルダーパッチだ。
以前、ベトナムに旅行した時に購入されたものとか・・・
ローカルメイドっぽく真偽のほどは判らないが、僕にとってどうでもいいことだ。
ものすごく嬉しい!

  う~ん、やっぱりM16と合わせるとイイねぇ!

米軍装はWWⅡ~ベトナムまでが大好きでかなりの数を持っているがパッチ関係は数えるくらいしかない。
どうも個人/部隊/地域/戦歴等を特定するものに全く興味が無い。
というか何処か生々しくてダメなのだ。
あくまで米軍のハードウェアーは好きだがソフトはドーデもイイ。

しかし、映画の影響(キルゴア中佐は特にイイ)なのか、この第一騎兵師団のデザインには痺れてしまう。
これでUH-1イロコイスがあればいうことなしだ。

あっ、そういえばUH-1のテイルローターが家にあった気がする。



by 1944-6-6 | 2015-10-27 19:36 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)
Commented by Schutze600 at 2015-10-28 10:46 x
ギルゴア中佐を演じたロバート・デュバルは多くの映画に出ていますが、WW2軍装コレクターにとっては、なんと言ってもコンバットのドイツ兵役でしょう。何本かに出てました・・・1962年映画デビューということですから、コンバット出演は、デビューしたての頃だったんですね。

The smell, you know that gasoline smell, the whole hill. Smelled like Victory・・・・なんちって。
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-28 11:35
>Schutze600 様
確かにその後にコンバットを見直した際に「おっ!ロバート・デュバルだ」と驚きました。
ジェームス・コバーンの「ハバ!ハバ!」もいい味出してますよね。
僕的にはロバート・デュバルは最近ではSF映画「ディープ・インパクト」のフィッシュ船長役が印象に残っています。
Commented by slash5 at 2015-10-28 11:58 x
「鷲は舞い降りた」のロバート・デュバルは、ワルキューレ作戦のクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐をイメージしていますよね?
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-29 18:25
>slash5 様
???・・・すいません、難し杉。