人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

米軍用じゃない米国製 FP-45 Liberator by HWS

e0162444_19282467.jpg
解放者の名を持つアメリカ製の武器がこのFP-45の正式名だ。

このテッポーほど自分の中でモデルガン化が考えられなかったモノも少ない。
というか、その形態からガレキはあるだろうと思ったが(僕も一時考えたことがある)マスプロのモデルガンでリリースされるとは想像もしなかったのだ。
勿論、僕のような人間には非常に嬉しい・・・かも・・・しれないアイテムだということは間違いないだろう。
e0162444_19282479.jpg
製造はあのゼネラルモータースでおこなわれ、100万丁も製造されたようだ。
実際モデルガンを手にするまでは分からなかったが、これでいて結構デカい。
グリップ内に45ACP弾を10発仕舞えるのを考えれば納得もいくが・・・う~ん、9mmならもっとコンパクトにできたろうに。
e0162444_19282571.jpg
作動は単発式でコッキングノブ(ハンマーを兼ねる)を引いて左右どちらかに倒し、リアサイトを兼ねたカートストッパーなるパーツを上に持ち上げ45ACPを装填する。
後はその逆の手順でコッキングノブを戻す。
ノブは撃針がついていて戻した際に雷管の数ミリ手前で止まっている。
引金を引いていくとコッキングノブが後ろに下がっていってある時点で解放されスプリングの力で雷管を叩くって訳だ。

ある意味、現在のGlockの撃発システムに似ているようにも思えるカラクリである。
e0162444_19282573.jpg
撃発後は装填と同じようにして前から木の棒で空薬莢を押し出す。
これを繰り返していくのだ。

ライフリングは省略されていて無い!・・・って、滑空砲かい!おい!

どうもアメリカっちゅー国は、ライフリングを減らしていくのが好きなようでM1903A3ライフルでは4条から2条にされてしまっている。
それでも精度が変わらないというが・・・初めから精度が良くなかったのだろうか?


by 1944-6-6 | 2015-10-17 20:29 | ハ―トフォ―ド | Comments(2)
Commented by u-tan at 2015-10-18 16:44 x
kzさまのサイトは写真もいいし取り上げる機種もいいし
文章も笑えるしで読んでいて楽しいです。
HWS製リバレーターが登場した時はさすがに
ビックリしましたがこうして改めてレポされると
久々に引っ張り出してナデナデしたり作動を楽しんだり。
で、やっぱり良きヘンテコ銃だな〜と再認識です。
お手持ちのはリペイントされてるのですか?
質感がとてもいいですね!
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-18 17:12
>u-tan 様
お誉めいただき有難うございます。
もう正にu-tanさんのようにレポを見て自分のモデルガンを引っ張り出して遊んでもらうのがポリシーです。
その時に僕と同じような思いなのか、異なる思いなのかがコミニケーションと思っています。
全国のいろんな場所の人が同じモデルガンって媒体を触りながら見えないコミニケーションって面白いと思いませんか?
「あっ!そうそう」なんて思ったり「何言ってんだ!」と怒ったりで・・・楽しんでいただければ幸いです。

これからも宜しく!