人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

WINCHESTER MODEL OF 1892 Lever-action Repeating Rifle by CMC

e0162444_22042837.jpg

巷で宇宙戦艦ヤマトがブームになり、キャンディーズが普通の女の子宣言をした1977年のあの日。
美大生に憧れてガンバっていたあの日。
セカンドインパクトはきた。

モデルガン52年規制

法施行までにMGCのMP40を買うつもりだった・・・なけなしの金で。
しかし施行数か月前に在庫が無かった。
しかもその日までに入荷するかは不明だとMGCのアンチャンに説明された。購入するつもりで出かけた御徒町である・・・何も買わずには帰れなかった。

その日に購入したのが写真のCMC製ウィンチェスターM92なのである。
e0162444_22043478.jpg
別に焼けのやんパチで購入した訳ではなかった。
元々、ウエスタン好きで何しろ初めての長物が、M1カービンでもなくトンプでもなくMGCのM73ウエスタンカービンだったくらいである。
しかし、その時は鉄でできたMP40が第一候補だったんだ。
e0162444_22043474.jpg
それまで目黒のコクサイガンショップで鉄製のM92をいつも弄らせてもらっていた。
動きも仕上げも最高だったが・・・価格も最高だった。
それもあってか規制前最後のモデルガンがCMCの92になった訳だ。
今考えれば他の選択肢もあろうが、それが歴史なのだ。
e0162444_22042960.jpg
その92も我家で38年間僕のコレクションとして頑張ってくれていた。
しかし、寄る年波には勝てぬということでアチコチ随分お疲れが目立ってきていた。
ここいらでレストアすべく亜鉛部分を研磨してみた。 
e0162444_22042961.jpg
購入当時、結構火薬で遊んだ記憶がある。
腐食してボロボロになっているかも・・・と思いきや案外綺麗で良い状態だった。

取り敢えずブツブツになった表面を綺麗に面出ししてみたがマルシンのエアガンのようだ。
オマケにストックは傷だらけでこちらも再研磨せずには終わらない。

まぁ、当時の調整が完璧だったので今でも装填/排莢がメチャクチャ調子イイ。
何とか綺麗なブルーをかけてあげたいのだが・・・僕にはブルーイングの才能が無いのだ。
さて、どうしたものか・・・などと言っているうちにまた数年経ってしまいそうな気がするが・・・それはそれで仕方ないか。



by 1944-6-6 | 2015-10-12 22:55 | 絶 版  C M C | Comments(6)
Commented by albert at 2015-10-12 23:46 x
亜鉛合金は経時変化により表面がグレーにくすむので、ドブ浸けであってもブルーイングしたほうがいいですよ。
もしくは個人でめっき技術を習得するとか。
Commented by slash5 at 2015-10-13 10:23 x
ウチに唯一残っているモデルガンがCMCのM92です。
私も52年の規制直前に購入しました。
レストアしようと思い、数年前に福岡の実家から引きあげてきたのですが、全バラしたままで、組み立て方が分からなくなってしまいました。
まだ、研磨やブルーイングも必要だし・・・
ケイズさんのレストアを参考にさせていただきます。
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-13 16:24
>albert 様
そうなんですよね。
早いとこ処置をしないともう一度研磨しなきゃならなくなりますからね。
どうも最近出回っているBirchwood Casey'sなんかのSuperBlueなんかは上手く使えないんですよね。
MGブルーの復活を望みます!
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-13 16:42
>slash5 様
ハンドガンと比べると長物は大変です大きくて!
しかし、バラして組み立てられなくなったとはお気の毒に・・・
僕のは度重なる作動のせいかループレバーが曲ったようで閉鎖状態でやや下がってしまいます。
なんかみっともないので叩いて元に戻すかパーツを買うか・・・というところです。
でも、1stロットのパーツって無いんですよね、レバーだけなんて!
気長にオクのチェックかな。
Commented by slash5 at 2015-10-13 18:39 x
「組み立てられなくなった」といっても頭の中で手順を描けないだけで、まだ何にも手をつけていないんです。
オートバイのエンジンに比べたらそんなに難しそうではないので、いつか暇を見て頑張ってみます。
CMCのM92は、バレルがグラグラするので、購入後ほとんど仕舞い込んだままで、遊ぶのはもっぱらMGCのM73でした。M1カービンもバレルがスポッって抜けやすかったような記憶があり、私にとってCMCの長物はそんなイメージがあります。
それとこのM92は、バレル先端のマガジンチューブの取り付け部分の設計がどうにも気にいりません。レストア時には、「バレルのグラグラ」と合わせて改良を施したいと思います。
Commented by 1944-6-6 at 2015-10-13 20:03
>slash5 様
なるほど、バイクのエンジンを組み立てるのに比べたら簡単すぎますよね。