人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

Walther P.38 by Marushin (トリガーガード変身)

e0162444_18184707.jpg
e0162444_18185599.jpg
ダルマ型のトリガーガードがあっさりとしたストレートに変わった。
年号刻印も41に変更。
だいぶマルシン臭さが無くなってきた。
あと仕上げまでもう一歩だ。

出来たらオクに出す予定なのじゃ!
e0162444_20121027.jpg
トリガー軸補強の写真。



by 1944-6-6 | 2015-09-26 18:26 | マ ル シ ン | Comments(6)
Commented by カスタム屋でござい at 2015-09-27 08:24 x
ですょね~
フレームのダルマは・・・・中田で十分ほんのりなら良いが
強調し過ぎでは、その時のMGCP38が新鮮な感じで、
特にMJQには思い入れが有りますネ~。
処で埋め材て、デブゴン?金属入りのパテ処理ですかナ・・・。
企業秘密ですかネ(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2015-09-27 16:53
>カスタム屋でござい 様
僕の中ではダルマ→コマーシャル、ストレート→ミリタリーという図式が出来上がっています。
最初に手に入れたのがナカタのコマーシャルだったからでしょうね。
あの薄べったいスライドからCMC/MGCの幅広のスライドには中々慣れることができませんでした。

パテ代わりに盛ったのは瞬接とHW材の削りカスです。
今まであまり使ったことが無いのですが、今回は色合わせを考えての使用。
別に強度も必要としてないので。
まぁたまにはイイかなって感じです。
Commented by カバ男 at 2015-09-27 19:58 x
実際のところ、トリガーガードの中刳りをソラマメにするためには、もともとの長円よりも大きく削り込むことになるみたいですね。今回はその逆工程ですけど。
ソラマメに変更することで、本当にトリガーピン周辺のフレーム強度が向上したのでしょうか。
Commented by 1944-6-6 at 2015-09-27 20:14
>カバ男 様
違うんですよ、トリガー軸(スライドストップ軸)を補強する為に下に出っ張らしたんですよ。
ナカタの幻影に支配されていますね、僕同様。

追加写真を参照してね。
Commented by Products ZEKE at 2015-09-28 18:07 x
正確に作り分けていた玩具は今のところ弊社のP.38のみだったはずです。
トリガーピン軸穴よりフレームの肉厚を図面化しましたのでご確認ください。

下記URLをコピーしてご覧ください。

http://yahoo.jp/box/wy5a9J

弊社の物では薄い方が「HP」と「ac41」
厚い方が「ac43」にて製品化しておりました。

ちなみにバレルラッチ周りのスプリングが収まる部位の加工もWW2時代の特徴で作り込んであります。
お手元の玩具P.38と比較してみると面白いです。
Commented by カバ男 at 2015-09-28 20:01 x
ZEKE様。
やっぱ図面で示されると激しく納得しますね。
実銃のバリエーション画像をかなり見たつもりでしたが、この有様です。
そろそろ目の上がる歳っつうことなんでしょうなー。
大変参考になりました。お礼申します。