人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

重たいピーメは好きですか・・・タナカSAA用 Zincフレーム初号機

e0162444_21434739.jpg
今回はタナカのエアガンSAA用のZincフレームを磨いた。

加工は、いわゆる『トモ削り』ってやつでトリガーガードやバックストラップを取付けての削りで、仕上がりが面一(ツライチ)になって実にカッコいい。
面出しもイイ感じだ。
ついでにエアガンとしては使うつもりが無いのでシリンダーの穴を広げてしまった。
まぁ、テーパーリーマーでの加工なので、精度もないし穴自体もハスになっている。
勿論ダミーカートも入らないが、雰囲気は45口径だ!
キャッコイイ!!

今やこのZincのフレームも、とんと見なくなった。
最初見た時は感激に涙して買った記憶がある。(やや誇張有)
アルミの削りもイイのだが・・・なんとも軽いのである。
モノによってはHWとたいして変わりなく、高いくせにイマサンくらい実感に乏しい。

そこへ行くとZincはイイねぇ。
古くから付き合っている馴染があるのだ。

e0162444_21434742.jpg
写真は勿論、法律を順守してバレルはプラ製だ。

このフレーム/TG/BS/シリンダー/ゲートの部品セットで近々ヤフオクに出品予定。
内部パーツ、グリップ、エジェクター&バレル(インナーも含め)は無しだ。
購入された人が好きに仕上げれば良い。

フレームをケースカラーでシリンダー/TG/BSをブルーに染めて銃身はHW材のブルーイングなんて痺れちゃう。
金属銃身を付け、銃身を金属で閉塞して金色に塗ってもイイ感じのピーメになる。

何と言っても『重いのだ』!

e0162444_21434607.jpg
しかし、ピーメほどマニアによって個人の印象が異なる銃も珍しい。
僕は古くはアサヒイーグルで今はランパントが最も自分のイメージに近い。
あくまでイメージだ。

人によってはマルシンのパットン/ルーズベルト/バットマスターソンのどれかかも知れないし、CAWかも知れないし、はたまたCMCやTRC、タナカ、ハドソンかも知れない・・・MGCもあるか。

1st、2nd、3rdって違いもあるが、ストレートコーン・タイプのFピン・フェチな僕は1st好きなのである。

e0162444_21434602.jpg
シリンダーの入る部分のパーティングラインも一応取ってある。
インナーフレームもトモ削りした。
案外ローディングゲートとフレームのつながりが悪く、チト苦労した部分だ。

でも、この絵柄はモデルガンマニアだと「ドキドキ」してしまう。
e0162444_21434654.jpg
基本的なラインは元々の形状のままだ。
先に言ったように個人的にイメージするラインが異なるので、オーナーが自分の好きなピーメにすれば良い。
またシリンダーベベルをもう少し丸くしてイイかも知れない。
プレーンなので好きにやってから仕上げをすれば良いのだ。

でも、迷っているうちにお蔵入り・・・なんてのは僕だけで十分だ!



[PR]
by 1944-6-6 | 2015-04-05 03:06 | タ ナ カ | Comments(0)