人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

CMC ワルサー GSP with real grip

e0162444_11411549.jpg
GSP実物グリップのパーツ構成。
これをCMCのモデルガンに取り付けてみる。
e0162444_11431820.jpg
このグリップはセフティの取り付けられていないタイプ用なので、CMCのセフティを外す。
内側のEリングを幅の狭いドライバー等で、下にずらしていけば外れる。
Eリングを外したらこちら側からセフティを押し出す。
e0162444_18215894.jpg
めったに見ないGSPのセイフティ・パーツの写真。
レバーだけで4個のパーツで構成されていて、非常に手間をかけている。
こんなところにCMCらしい魅力が秘められている気がするのは僕だけか・・・
e0162444_19492887.jpg
上の写真は実物GSPのグリップ取付用のネジ受け。
別パーツになっていて、可動するように見える。
しかし、いかにもアルミの鋳物って感じでちょっとガッカリの写真だ。
e0162444_11411575.jpg
今回、僕のはネジ受けが無かったが、グリップがピッタリはまったので試しにというか冗談でヘカートを作った時に余った六角穴付きステンレスネジ6㎜を入れてみた。
ビックリしたことに、しっかりとねじ込まれていって固定された。
グリップを外して状態をみると、グリップのネジ穴とフレームの角度がちょうど良くて、フレームの角を使ってネジが止まっている。
e0162444_11411566.jpg
笑えるがこんな感じでネジが切られているだ。
勿論、タップなんかは使っていない。
e0162444_11404422.jpg
写真で見ると不安定に見えるが、かなりしっかりと締め上げられる。
締めた後は、グリップのガタ付きは全く見られない。
お手軽すぎる結末であった。
しいて手を入れたのは、六角穴付きネジの長さを切って調整したくらいだ。
e0162444_11411579.jpg
左右貼り合わせの製作状態がよく判る。
e0162444_11412851.jpg
非常に仕上げが綺麗で見ていても飽きない。
e0162444_11404455.jpg
ねじ込まれたネジの頭が見える。
e0162444_11404480.jpg
e0162444_11404465.jpg
e0162444_11404417.jpg
e0162444_11412813.jpg
こちらはCMCのグリップ。
非常に手の込んだ職人的な魅力がある。
もう少し薄めの色調の着色ステインの方が良かったのではないかと思うが、これはこれで名作なのである。
e0162444_11414570.jpg

e0162444_11414502.jpg

e0162444_11414518.jpg

e0162444_17194790.jpg

e0162444_17195164.jpg

e0162444_17194073.jpg

e0162444_17220079.jpg

e0162444_17192886.jpg

e0162444_17192946.jpg

e0162444_17193026.jpg

e0162444_17192920.jpg

e0162444_17222275.jpg

e0162444_17194015.jpg

1984年のオリンピック・ロサンゼルス大会で蒲池 猛夫選手がワルサー社のOSPを使ってラピッドファイアーピストル射撃で金メダルを獲得された。
素晴らしい!!
その時、氏は48歳とか・・・

僕もCMCのGSPで練習を積んで来る2020年の東京大会に・・・応援に行こうと思う所存だ。


by 1944-6-6 | 2014-07-30 20:52 | 絶 版  C M C | Comments(10)
Commented by マキシマス at 2014-07-31 03:00 x
早速、秘密開示。 出しましたねっ。
素晴らしいと言うか、ラッキーと言うか。
びっくりです。
どのようにして、下から止めていたのか考えていました。
極薄な超強力両面テープ系かと想像しておりました。
技術さることながら、発想の勝利ですね。
流石です。
Commented by キングパンサー at 2014-07-31 10:34 x

早速UPして戴き有難う御座います。
見たかった部分が鮮明に・・・感謝感激です!
GSP好きには堪らない貴重な資料です。

処で、この実銃グリップで居銃した時、手首を捻らなくても
照準線が合いますでしょうか?
CMC標準のグリップでは手首を右に捻じらないと合いませんが。
私だけでしょうかね?

最初にコメントを・・・と思っていたのに先を越されてしまいました。

Commented by 1944-6-6 at 2014-07-31 11:20
>マキシマス 様
お早うございます。

偶然の思いつきでしたが結果オーライちゅーことで。
でも、何気に「どう止めたんだろ」って思っていたのかもしれませんね。
僕も他の人のブログなんか読んで「そこ書けよ!」なんて一人で突っ込んでいます。

Commented by 1944-6-6 at 2014-07-31 11:41
>キングパンサー 様
お早うございます。

取付け方が解っていただけたでしょうか。
あんないい加減な感じです・・・が、ドッコイしっかり付いてます。

さて、挙銃(きょじゅう:拳銃けんじゅうとは字が異なる)ですが確かにCMCは若干手を捻ったような気がしました。
ただし、僕の入手したGSPのサイトリーフが捻じれていたのでそう感じたかもしれません。
サイトの捻じれは修正したので、その後はそんなに感じなくなったかも。
実物はもの凄く素直に挙銃できました。
Commented by どこぞのオヤジ at 2014-08-01 02:24 x
もうしわけない。
「きょじゅう」は「据銃」が正しい漢字です。
Commented by 1944-6-6 at 2014-08-01 03:53
>どこぞのオヤヂ 様

誰か喰い付くと思いました。
僕が20年前に猟銃の許可を取った時は「教本にある挙銃はきょじゅうと読みけんじゅうではないですよ」との注意が有ったのでよく覚えています。
ググってみるとどちらも言葉としてはあるようです。
ただし、挙銃はトラップ/スキートの初心者用の教本にあるようですね。

ご指導有難うございます。
Commented by マキシマス at 2014-08-01 15:18 x
「きょじゅう」・・・
どうでしょう、今まで据銃の文字だとばかり思っていました。(スミマセン)
しかし、「きょじゅう練習」とは、撃発させずに済むので、モデルガンでも無可動実銃でも射撃ができる、究極の技ではないかと思います。
構えて、狙って、トリガを引いて。
銃の重さ、バランスを感じているだけで十分に満足です。
私の場合。
Commented by 1944-6-6 at 2014-08-01 21:20
>マキシマス 様

なんか弁証法的なテーゼ、アンチテーゼ、アウフヘーベンようで面白かったです。
子供の頃、モデルガンを構えて遊んでいた時にオフクロよく言っていました・・・
「そんなことして将来何の役に立つの?」
でも、何十年後かに都猟のスラグ大会で取敢えずの商品を貰えました。
これもモデルガンできょ銃動作をしたおかげです。

子供の頃、プラモを作っていた時にオフクロがよく言っていました・・・
「そんなことして将来何の役に立つの?」
でも、何十年後かにモデラーとして取敢えず仕事になりました。

なんでも好きでやっていると何かの足しになるのかも知れませんね。
Commented by シュターナー at 2014-08-01 21:39 x
「そんなことして将来何の役に立つの?」・・・私も、同じ事を何遍も母に言われてきました。物心ついたときは既にモデルガンできょ銃動作をしておりました。(父から指導されていました)・・・いつか役立てたいと思っています。
 中学に入ってからは、さらにウォーゲームの独ソ戦にドイツ側で勝利するために、戦略・戦術・補給の関係の本を読みまくりました。今、一番仕事で役立っているのは、そのときの知識であると確信しています。
 人生、他人から無駄と見られるものが、身を助けることが多いものです。

 いいなあ、GSP。実物グリップのついたGSPをきょ銃してみたいです。
Commented by 1944-6-6 at 2014-08-01 22:07
>シュタイナー 様
そうだよね、好きでやっていたことは何かの糧になっているんだよね。

う~ん、そうすると若い頃から観ていた裏ビ〇オは何の役に立っているのだろう?
まさか・・・この後においてAV男優?そりゃ無理だぁ・・・!