人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

CMC ワルサー GSP 再び・・・

e0162444_13170459.jpg

僕らはよく『ツール:TOOL』という単語を使う。
道具/工具といった意味だが、個人的にはもっと職人的というかプロフェッショナルというか、機能的で無駄の無いモノのイメージだ。
WALTHER GSPもそんなツールを感じるモノの一つである。

カール ワルサー社がGSPを世に登場させたのが1968年、CMCがモデルアップしたのが1979年だ。
当初.22 ロングライフルだけだったが、1971年に.32 S&Wロング ワッドカッターが追加された。
特徴的な下から出ているトリガーだが、1988年に2段引きのフルアジャストタイプに変更されてしまっている。チト残念!
因みにGSPとは Gebrauchs Sport Pistole の略でスポーツ用ピストルといった意味のようである。

このCMC製ワルサーGSPは以前にもレポートしている。
こちら→
その後、念願だった実物のグリップを手に入れたので全体の整備を兼ねて取り付けてみた。
ワルサー社100周年のコメラティブらしくメダルプレートが付いている。
1986年ならこのタイプのトリガーでもOKという事だ。

因みに同社は今年で128周年になる。

e0162444_23294357.jpg
メッキ表面が大分ブツブツしてきたのでサンドペーパーで均して塗装した。
色はいつものタミヤカラーのゴールド。
そのままだとパリパリと剥がれるので、下塗りにキャロムの塗料を吹いた。
これは金属部分への喰い付きが良く、簡単にパリパリ剥がれなくなるので最高。
ただし色が・・・なのでお勧めはしない。

オリジナルグリップとの色合いがイイ感じだ!
e0162444_20370225.jpg
欠陥Gun誌の表紙風(あくまで風だ)に撮ったWalther GSP
黒染めのパーツも研磨してリブルーをかけたら更にイイ感じになるだろう。
それともレシーバー上面に菊花紋章をバシッと入れるというのもありか。

実物はアッパーレシーバーが削り出しのスティールで、ロアがアルミの鋳造のようで色味が異なる。
オリジナルの重量は85㎜バレル未装填で1,160gとのこと、CMCは1,307g(実測)で本物より重い!
e0162444_20310350.jpg
CMC製のグリップも非常に手の掛かった造りで捨てがたいが、オリジナルのこのステッピングが堪らないのである。
H&kのPSG-1ライフルのグリップと同様の感じで、なんか生物的というか腐食したみたいなザラザラが良いのである。
左右一体のようだが製造は左右で造り接着材で貼り付け手から成形・ステッピングをしているのだ。

CMCのグリップはグリップ上部を左右からネジで固定しているタイプだが、このオリジナルグリップは下からのネジ止めタイプになっている。
また、このグリップを使用するGSPはマニュアル・セフティは付いていないので、モデルガンでも取り外している。
e0162444_20314381.jpg
機械・・・って感じの本体に対し、妙に有機的なグリップのコントラストが非常にTOOLっぽい。
ヨーロッパのセンスか。
少なくとも日本人のセンスでは作れない・・・引けないラインだ。
勿論、アメリカンのセンスでもないが、何処かユージン・ストーナーのラインとの共通点を感じるのは変だろうか。
e0162444_20321779.jpg
100 Jahre WALTHER 1886-1986
このプレートのデザインセンスは銃本体に比べると悲しいほどチープだ。
でも、オリジナルは尊いのである。
何気に江戸っ子はブランドに弱いものだ。
e0162444_20314395.jpg
色の変わっているところが貼り合わせ部分だ。ステッピングと相まって木目に見える。
思わず握りたくなるフォルムだが、指の短い僕の手にフィットしてはいない。
e0162444_20314285.jpg
22LRのダミーカートを入れてみると、さすがにテッポウらしくなる。
勿論、ダミーの装填は出来ない。
間違ってもボルトリリースは下せないのだ。
e0162444_20321726.jpg
射撃用の割には短いバレルだ。
実物は下面の六角ネジ一本で固定されているので簡単に取り外せる。

アメリカにはインターアームが輸入していたようで、チャンバーの前に同社の刻印が入った写真も見られる。
e0162444_20314205.jpg
実際に使用は出来ないが、22LRがそれっぽく装填できる。
だから、何?・・・ってことだがマニアにとっては嬉しいわけなのである。
おバカなジジイである。
e0162444_20310374.jpg
ほれ! カッコいいだろ!・・・orz

今回、改めて良いモデルガンだという事を実感した。
しかし、色々なカタチで自分のコレクションを見返すのは楽しい。
もう何があるのかわからないくらいオモチャがあるが、たまにはかき回してみるのも一考だ。

しかし、ここ10年以上足を踏み入れたことの無い腐海があることも忘れてはいないのだ。



by 1944-6-6 | 2014-07-25 04:08 | 絶版モデルガン CMC | Comments(10)
Commented by マキシマス at 2014-07-28 02:20 x
初めまして、こんにちは。マキシマスと申します。
いつも、楽しく拝読させて頂いております。
実銃のグリップ。
大変に素晴らしいですね。
私も、当時APのグリップで何か流用出来る物はないかと、思案した事がありましたが・・・
まさか、ホンモノを付けてしまうとは。
弾など出なくとも、部屋で姿勢をとるだけなら、もはやCMCのGSPではなく、すでにワルサーGSPですね。
本物の。(あ、半分はホンモノですね。)
Commented by キケロのジョー at 2014-07-28 09:07 x
ワルサー社がGSPを世に出したのが1968年ですか。
この年はメキシコオリンピックが開催された年ですね。
先日書いた「駅STATION」は、そのメキシコオリンピックに向けて特訓する場面にGSPが登場しますので、考証的には合っていないということになりますね。
Commented by 1944-6-6 at 2014-07-28 11:14
>マキシマス 様
初コメ有難うございます。
グリップを換えるとモデルガンのイメージが著しく変化するような感じがします。
特にGSPのようなものは『本物』って感じが強いようです。
これで挙銃動作を練習すれば良いかもしれませんね。
Commented by 1944-6-6 at 2014-07-28 11:20
>キケロのジョー 様
メキシコ・オリンピックを目指していたとは・・・
子供の頃見たアニメの『アニマル ワン』と同じですね。
あれはレスリングの話でしたが。
メキシコの前の1964年が東京でした・・・
F86Fセイバーの五輪を見た気がするのですが夢かもしれません。
2020年は本当に見たいなぁ。

Commented by シュタイナー at 2014-07-28 16:13 x
これ欲しかったんですよ 当時 手が出せませんでしたが。cmcでも容赦なく作動させて壊してしまってますので私なら壊していたでしょう。
ところで作動はするんですか?
Commented by 1944-6-6 at 2014-07-28 17:18
>シュタイナー 様
作動するかとは・・・失礼な!
我家で作動しないのはエアコンと冷蔵庫とTVとトイレの電灯とMyチンポくらいである!

という事で本日も暑い・・・
したがって、この愚ブログが一ヶ月をしても更新されなかった時は、僕自身の作動が中止されたと思っていただいても宜しいかと。

Commented by キングパンサー at 2014-07-29 01:24 x

始めまして。
実銃のグリップが綺麗に装着されているのに驚きました。
グリップ内部を相当削られたのでしょうか?
又、グリップ・スクリューボルトの取りつけはネジ切り加工が必要かと思うのですが
、どの様にされたのでしょうか?
パーツは輸入されたのでしょうか?
質問ばかりで済みません。
Commented by 1944-6-6 at 2014-07-29 03:02
>キングパンサー 様
初コメ有難うございます。

今回の「GSP実物グリップ装着大作戦」では基本的にモデルガンもグリップも一切の加工はしておりません。
いわゆるポン付けです。

ただし、レポ中にも記しましたがセフティは外しました。
これはEリングを外すだけです。
ネジに関しては6㎜の六角ボルトをグリップの穴に入れて、取り敢えず回したら止まってしまいました。
あくまでも止まっただけですが、かなりしっかりと入っています。
これに関しては僕の文章力では表せませんので、必要ならば追加レポして写真を入れますが笑いますよ。

これはもともと、CMCの銃とグリップの寸法が、かなりピッタリと合っているからでしょうね。

入手はヤフオクです。
つい先日までこの方が、レフトハンド用のものを出されていましたが今は出ていませんでした。
売れたのかな?

Commented by キングパンサー at 2014-07-29 11:31 x

色々、教えて戴き有難う御座います。
大変助かります。
既にバレているみたいですね?
ヤフオクのレフトハンド用ですが1976年以降のGSP用
では有りませんでした。
多分ですがOSP(.22 cal short)用ではないかと。
そのままでは装着不可能みたいです。
以下のURLの画像の上の方のグリップかな??と思っています。

http://jamesdjulia.com/item/lot-3099-pair-of-walther-gsp-semi-auto-target-pistols-

with-one-conversion-kit-49184/

何んとか加工して取り付けようと思っていますが、
取りつけネジの追加レポお願い出来ましたら幸いです。
Commented by 1944-6-6 at 2014-07-29 21:07
>キングパンサー 様
確かにOSPっぽいですね。

実物グリップの取付は先のブログに入れたかったのですが、写真が多くなってしまうので反応を見てからにしたのでした。
つーわけで、2~3日中にアップします。

取り敢えず待っていてくだされ!