人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

今回は写真無しなんだ・・・スマン!

最近、YOU TUBEで70年代のフォークソングを聞きながらポチるのが日課となっている。
今はオタクのオヤジだが僕にだって若かりし頃はあったのだ。
趣味嗜好は今と全く変わっていないのが僕らしいところ。
強いて挙げればスレンダーなネーチャンが好きだったくらいかな

そんな高校生の時に好きだったのが「かぐや姫」なのである。
特に「神田川」なる楽曲は大好物で暇さえあれば聞いていた気がする。
当時、貧乏な我が家は銭湯通いだったのでこの歌詞の「横町の風呂屋~♪」には何か通じる物を感じたのかもしれない。

そうそう、なかなか良いもんナンダナ、銭湯って・・・
今でも時々近所の銭湯に行ってザッパザッパお湯を使って・・・温泉気分でリフレッシュしている。

そんな神田川に登場の銭湯だがモデルが実在していたちゅー事が最近知った。
ネットの力は偉大であーる。

作詞の喜多条忠氏が自らの学生時代の想い出を歌詞にしたとのことで「横町の風呂屋」は氏が在籍していた早稲田大学の近くにあったらしい。
「安兵衛湯(1990年廃業)」ちゅー風呂屋さんらしいが行ってみたかった。
何気にロケ地巡礼は大好きなのだ!

そこで必死に其の風呂屋さんの写真をネットで探したら・・・あった。
なんとも普通の銭湯であるが大・大・大感動!!
40年前はどんな感じだったのだろう?
きっと、学園闘争や学生運動で騒がしかったのかもしれない。
しかし、それもまた見てみたい時代なのであった。


何となく激動の昭和40年代に憧れているんだよね。

by 1944-6-6 | 2010-10-23 02:23 | そ の 他 | Comments(3)
Commented by バス男 at 2010-10-23 08:07 x
そーでっか、横丁の風呂屋は実在するんですか!
あたしゃ中学時代はグループサウンズだったなぁ、
皆はかぐや姫だったけど。
都立大にハンターって中古レコード屋があって
一枚7~80円のシングル版を買いあさってた。

高校は拓郎と太田裕美ちゃん!
因みに裕美ちゃんは今でも時々コンサートに行ったりするんじゃ。

60年70年安保には憧れるね、
きっとその世代だったらどっぷりつかってたかもしんない。
Commented by 1944-6-6 at 2010-10-24 01:19
拓郎っスカ!
僕的には陽水のほうが好きでしたが「落陽」はイイよ。あんなダメ野郎なジジイに憧れてしまいました。
アン・ドゥ・トロワも好きです。

太田裕美は寿司屋の娘だったけか。
「赤いハイヒール」が大好きでした・・・なんか切ない田舎もんの悲哀が・・・

都立大のハンターって目黒通り沿いだったよね、たしか。
Commented by バス男 at 2010-10-24 08:32 x
えーっ!
ハンター知ってるん???
おいちゃんは何でも知ってるねぇ、

昨日はどーも、
土日は忙しそーですね、自〇隊の彼はブツを
お持ち帰りしたんだろか?

人のこと心配してたらまんまと自分がミニお持ち帰りしてしまった。
ポチったか?
いやいや、案外味がある銃かも。

予約もしっかりいれましたー!

裕美ちゃんの一押しは「たんぽぽ」だす。
売れなかったけどね。